のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

機能性ディスペプシアは寛解を目指すらしい

2ヶ月ぶりに総合病院で採血と受診をしました。

 

葬儀の後片付けから落葉樹が多く無駄に広い実家の管理でヘトヘトで、なんだか貧血のようなふらつきもあってきっと悪い数値だろうなと予想していました。

 

ところが‼︎

 

血液の数値はさほど悪くなく今回お薬の処方もなし。

 

原因不明のみぞおちのつかえや胃の痛みに2ヶ月前に処方されていたお薬は、自分の勝手な判断で調子の悪い時だけ飲んでいたので大量に余っていました。

 

「勝手なことしてすみせん」

 

と前置きしてから薬に依存したくない、お守り程度にしたい、漢方ドクターは疲れた胃を休ませ無理に食べないようにというけれど、37kgまでガリガリに痩せたので少しは食べて太りたいなどおはなししました。

 

そう、美味しく食べたい気持ちはあるのにいつもみぞおちが詰まって途中から入らなくなるのです。

 

内視鏡検査をしても無問題で「機能性ディスペプシア」という病名も去年初めて聞きました。

 

ストレス耐性の弱い私は長年の遠距離介護に加え父の突然死から1年も経たず母までなくし、葬儀から煩雑な相続事務や実家の管理で気持ちから落ちています。

 

そしてこの症状を診ていただいていたドクターがまさかの転勤になり新任ドクターにまた最初から説明しなければならなくなりました(カルテに履歴がありますが)

 

もうそれだけで面倒ですべてにおいて投げやりな気分です。

 

東西医療どちらの意見を聞けばよいのか混乱しています、と正直に打ち明けると

 

「どっちも聞かなくていいですよ」

 

とライトにいわれ楽になりました。

 

あ、そうなんだ自分の体感を信じて処方薬を飲んでも飲まなくてもいい。そして完治ではなく寛解(かんかい)や軽快(けいかい)を目指すのだとか。

 

また辛い症状が出るかもしれないしその時はお薬の力を借りる、リラックスできる環境に身を置くなど自分と上手く付き合うよりないようです。

 

実はこの機能性ディスペプシアに悩む人が案外多いことをTwitterで教わり、少しだけ孤独から救われたのでした。

 

認知症の親が徘徊しだしたら意識してほしいことIII

管轄警察署へ相談しマイナンバーや免許証やパスポートなどの顔写真を提出して捜索してもらいやすくしておきましょう。

 

徘徊で行方不明になったさい、特徴やその日の服装を質問されても動揺して答えられない場合があります。

 

担当の警察官の方と本音で話しておくことも大事ですよ。

 

こんなことで人の手を煩わせるなんて恥だ‼︎なんて思わなくていいんですから。

 

自力で探して世間に知られずにいようと思うかもしれませんが焦ってバンパーを擦ったりしますから近所の人は見てますよ。正直に打ち明けましょう。

 

うちの父がずっと地域社会で内緒にしていて自分だけで解決しようといろいろやらかしてくれました。

 

話すと面白おかしくうわさ話をしてくれる輩もいますが無視です。

 

まずは確実に探せる方法を取っておくこと。

 

地域の力を借りること。

 

自分ひとりで抱え込まないこと。

 

親の服の内側に名前と連絡先をマジックで書いておく縫い付けるなどもいいですね。

 

個人情報どうのといっていられませんからね。

 

徘徊はいつまでも続くわけではありません。

都立動物園水族園は教育施設

18倍の倍率で大人のための動物園講座に当選しました。

f:id:nozosan-net:20181129164627j:image

けっこうくじ運は良くて勝鬨橋(かちどきばし)などの水門を船で巡ったり、リニア新幹線試乗会に当選したことがあります。

 

馴染みのある上野動物園に最後に行ったのはもう5年以上前かなぁ。

 

確かペリカンの食事時間が14:30頃でたまたま立ち会えて嬉しかったのを覚えています。

 

(普段は池で自由に過ごすペリカンが急に岸にあがってきたのでどうしたのか?と思っていたら飼育員さんが自転車の前かごに餌を積んで現れました。時間まで把握しているようでした)

 

今回は専門ガイドさんによる絶滅危惧種の解説つきで大人が楽しめるよう工夫されていました。

 

象の個体数の減少は印鑑や三味線のバチに象牙が使われていて日本が世界最大の消費国であることが原因とは知りませんでした。

f:id:nozosan-net:20181129164702j:image

ほかに象も虎も後ろ足より前足のほうが大きいとか、シマウマやキリンのひづめは骨とくっついていて剥がれないなど日頃目がいかないようなことも教わりました。

 

普段見ることのできないバックヤードでヒトが食べるより新鮮な小松菜やキウイや生きたままの虫、緑豆(モヤシになる前の豆)なども見せてもらいました。

 

1日の餌代は30万円。入園料600円ほどで賄えるはずもなく税金が投入されています。生き物ですから病気もしますしね。園内の病院にはMRIや入院設備もあります。

 

このような見学会が実施されるのは税金がどのように使われているのか納税者に見てもらうためでもあり、なぜ絶滅危惧種になってしまうのか人間の生活から考えるきっかけにする教育施設でもあるからということでした。

 

帰りは久しぶりにアメ横によって動物たちの餌にもなる緑豆を買いました。

f:id:nozosan-net:20181129164717j:image

緑豆は春雨になる前の豆で利水作用があり、いつも気虚(エネルギー不足)で水はけの悪い私はご飯と一緒に炊いて食べています。

 

帰省から戻ったばかりでむくんで顔が引きつれたようになっていたのでいろんな意味でいいタイミングでした。

 

 

認知症の親が徘徊しだしたら意識してほしいことII

とりあえず恥ずかしいとかなんとか躊躇してないで、地域で認知症であることを公表し徘徊した場合の連絡先をきちんと提示しておきましょう。

 

私は連絡用の名刺を作りカードケースに入れて、渡した相手が失くさないよう工夫して配りました。

 

数年前ですからね、地方の田舎の高齢者は携帯を持っていなかったりタイムリーな連絡が望めない状況でどうすればいち早く連絡もらえるかだけ考えました。

 

そして母にはキッズケータイを首から下げるようしていました。

 

しかしいつのまにか勝手に外しては衣装ケースの中や流し台の下‼︎などに隠していました。

 

どうやって探せばいいかわからない父は右往左往するばかり。

 

私が母のキッズケータイ宛てに電話して鳴った方向へ探しに行くということをなんどもしました。

 

そうはいってもキッズケータイのバッテリーがなくなれば音も鳴りませんから、なんとか充電がある状態で見つけることだけを考えていました。

 

そのあいだも常に徘徊の可能性があり、また血だらけで倒れていたらどうしよう⁉︎などの不安で頭がおかしくなりそうでした。

 

しだいに私の心身に不調が現れはじめました。

認知症の親が徘徊しだしたら意識してほしいこと

なんで勝手に出て行くの‼︎

 

手間かけさせないで‼︎

 

ご近所に恥ずかしいじゃないの‼︎

 

怪我したら危ないでしょ‼︎

 

何回もおなじこといわせないでよ‼︎

 

他にもいろいろ。

 

まぁ取り敢えずなじりますよね。

 

でも当人は困らせてやろうとか、注目を引きたいなど思惑があっての結果ではなく(はじめの動機にあったかもしれませんが)

 

なんだか居心地の悪さを感じて本来の居場所を求めて、とか知ってる場所に出掛けたのに帰り道がわからなくなった(見当識障害)などが原因のようです。

 

うちの場合もそうでした。

 

はじめは単純に帰り道がわからなくなった。

 

その後、自分の居場所がここではないようだ、なにか間違えると連れ合いにひどく叱責されるのが嫌だなどの理由から外へ向かうようになりました。

 

三重に施錠しても開けて出て行く、網戸を開けて廊下からスリッパのまま外へ出る。

 

不安でたまらなかったのだと思います。

 

もともと母は心配性で起きてもいないことを勝手に想定して不安になる人でした。

 

そして自分が感じている不安を正直に打ち明けられる本音で話せる相手がいませんでした。

 

叱責して施錠して閉じ込めるなら誰でもできますよね。

 

でも本当の原因にアプローチしない限りどこまでも困らせるようなことを次々しでかします。

 

夜中に国道で血だらけで倒れていて13箇所目の病院でようやく受診できたとか、炎天下で10時間見つからなかったとかその程度で済んで良かったぐらいです。

 

夜もなんども起き出しては昼夜逆転

 

介護しているこちらが先に死ぬのではないかと思うほどの疲労

 

面倒でもなにが不安なのか慌てて答えを引き出そうとせずに寄り添ってみてください。

 

私は母が幼少期、養女に出されたことを酷く寂しく感じているのを知っていたのでそれとなく話題を振ったりしてみました。

 

まぁ結果的に無駄でしたけどね。

 

手掛かりは自分で探り当てるよりないわけですから、まずは向き合ってみましょう。