のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

やっぱり薬の力を借りることに

もってるだけで安心

外出自粛で通院できず機能性ディスペプシア(胃腸障害)の強制断薬にいたったわけですが、先週あたりからまた胃のつまりを感じはじめました。

 

これは再発⁇と不安がよぎり緊急事態宣言も解除されていませんが受診することにしました。無理して頑張るのは違いますしね。

 

新しいクリニックへ私のカルテが移管されていますから前回からの続きをドクターとおはなしできました。

私のバックグラウンド

遠距離で10年母の介護にかよい父が突然死しそこから1年もたたず母があとを追い、2年連続で喪主を務め相続事務をし、実家の管理に毎月かよっている現状ははなしてありました。

 

ドクターも親御さんが定年後に発展するだろうと見越して買った郊外の持ち家を処分するのに難儀したと教えてくれました。

 

これまでなんどか書いてますが不動産の価値は恒久的なものではありませんからね。目に見えない人間関係やコミュニティなどの資産を差し引いても所有するに値すればいいけれど、維持管理がひたすら苦痛なだけだと子世代から恨まれかねません。

今ごろジャングルになってるかもしれない

分家の叔母夫婦がこまめに畑や網戸の手入れなどしてくれますがそれだってタダじゃありません。この自粛期間に不幸が2件ありお悔やみも立て替えてもらっています。伸び放題の雑草と換気してない室内が気になります。

心身一如

心と身体は繋がっていますから帰省できず実家がどうなっているか心配で身体が不調なのかもしれません。ここは素直に漢方薬を再開することにしました。

f:id:nozosan-net:20200517190213j:image

ひととおりのお話を聞いていただきお薬を処方され1ヶ月半ぶりにカフェに入りちょっと気が紛れたようです。きちんとおはなしを聞いてもらえるってとても大事ですね。

朝散歩の意外なメリット

10000歩に挑戦

1日6000歩生活を2年以上続けています。外出自粛で運動不足にならないよう遠まわりして買い物に出掛けたり経路を工夫していますが、初夏の陽気に誘われ朝夕2回にわければもう少し歩けると閃きました。

花のはなしで盛り上がる

とある自治会館の敷地内に可憐な花が咲いていてフェンスの外から見とれているとスマホを持った女性が近づいてきました。

 

ジャーマンアイリスきれいですね」とはなしかけると「中で撮影してもいいわよ」といってくれて聞けば自治会の管理人さんだということです。

f:id:nozosan-net:20200516092057j:image

「お花の名前よく知ってるのね」といわれ自然いっぱいの場所で育ったのでたまたま、と説明し遠距離介護していたことや実家を空き家にできないから毎月帰省して手入れしていると説明しました。

生活コストが高くつく

自然に囲まれていいわね〜とそこだけ切り取っても税金や維持管理、地域の冠婚葬祭含むお付き合いや檀家寺院とのやり取りなどなかなか大変です。

 

「そこに住むっていっても仕事がなきゃね〜、友達はお墓も引っ越したりしてるわよ」と私より年配のその方はいいますがお墓の引っ越しも離檀料とか永代供養とか手続きが負担です。

 

今はまだ答えを出さなくてもいいですが、私が手放しで解放された感覚になれない原因はまさにそれなのです。

 

いずれもなるようにしかならず焦って答えを求めたところでおさまりのいい結果にはなりませんから経過を見守るよりないわけですが、朝散歩で意外なお喋りが楽しめて憂鬱が少し解消された気がしました。

ハーブティーにトライ

コーヒー断ちを助けてくれるアイテム

機能性ディスペプシア(胃腸障害)になってからしばらくコーヒーを紅茶に切り替えました。珍しい銘柄や中国産のものなど知らない世界が広がりました。

f:id:nozosan-net:20200515083246j:image

外出自粛で紅茶専門店で試飲してから選ぶことができなくなり(接客・試飲を含めて買い物なんですね)いい機会だしとハーブティーを取り寄せてみました。

種類と効能が覚えられない

f:id:nozosan-net:20200515083314j:image

ハーブがインフルエンザに効果的だとか免疫力をあげるといわれていますが、どの種類がなににいいのかわかりません。とりあえずいくつか試していますが、当てずっぽうで選んだわりに自分のお悩みに合っていたようです。

アンジェリカ 

冷え性 PMS  更年期障害 食欲不振 胃腸トラブル

セントジョーンズワート

抗うつ作用 メンタル不安

エキナセア

風邪やインフルの感染症予防

エルダーフラワー

風邪のひきはじめや花粉症対策

どれも当てはまるうえ今のご時世にも合っているというセレクトです。これまであまりハーブティーに関心がありませんでしたが続けてみて効果を実証していきます。

stayhomeで住宅のありかたが変わる

暮らすための目的とアクセスは別もの

賃貸でも購入でも立地第一で考えてきたのはそこから通勤通学するのが前提だったから。しかしステイホームとなるとはなしは別です。毎朝満員電車や渋滞する道をかよわなくていいんですから。もちろん職種にもよりますが。

価値観なんてどんどんかわる

ちょうど1年前終の住処を探して関西と関東をリサーチする旅にでました。1年後世界がこんなふうになっているなど予想だにしていませんでしたから、坂道が多かったり都心に出るアクセスが悪い、毎日の買い物が不便、いずれ車を手放したあとのライフスタイルが描けない地域は避けようなどと青写真を描いていました。

info.dual-life.site

都会の人に馬鹿にされていた

ステイホームは家族と長く一緒にいてだんだん煮詰まってくるでしょう。

 

私の実家はそれこそ地方の郊外でバブル期など東京の友人に「いくら広くても売れないでしょ」などと馬鹿にされていました。彼らの価値観は親や周囲に刷り込まれた「都心近くのアクセスの良い場所の持ち家」でしたからそれ以外の選択肢ははじめからありません。

 

しかし時間の経過とともに昭和の価値基準は変化し今や地方の広い拠点でテレワークする人が増えてきて、まるでそれが最先端かのような捉え方です。

自分の資産を総括

江戸時代から続く家の家督を継ぎ地域のお付き合いや自治活動にも参加し冠婚葬祭のたびお悔やみを出し、ピアノ教室の運営もしています。

f:id:nozosan-net:20200515074526j:image

広い庭木は手に負えないため業者さんに剪定や草刈りをしてもらいいつも綺麗な状態をキープしなければならず負担です。この労力と経費を他のことに使えるのに、と辛くなります。

 

地元には幼稚園からの同級生も多く暮らし、どこへ行っても知り合いばかりで息が詰まりますが安心でもあります。これを目に見えない資産といわずなんといいましょうか(笑)

 

さぁこれからは地方や郊外も射程距離に入りますよ‼︎

社会活動再開してみた

ちゃんと自粛していた

緊急事態宣言以降ほぼ必要な買い物以外の外出は控えていました。大好きな外食やカフェでお茶もできず、通院や鍼灸治療もなんだか怖くて行けていませんでした。

連休明けからの行動

まずは美容院に行ってみました。そうはいっても徒歩数分の場所で10年近くお世話になっているところですから社会活動でもなんでもないですが、それでも互いの近況やどこでマスクが売ってるとか給食用のレーズンパンがわりと美味しいなどたわいのない会話を楽しみました。

歯科もいってみた

飛沫感染がどうこういわれ不安もありましたが、このタイミングで詰め物がとれて行かざるをえませんでした。受け付けで体温チェックと体調に関する用紙を記入し治療は麻酔なし1回で終了です。

 

さらにネイルサロンも1ヶ月半ぶり電車に乗って行ってみました。ちょうどテナントビルの休業中に新しいサロンが海の近くにオープンしいい気晴らしになりました(オーナーはこうなることを予測していたのか広くてお洒落なサロンはお客様がひっきりなしでした)

 

施術カウンターにはビニールシートがかけられウィルス対策がされていました。私はフットジェルなのでいつもどおりでしたがマスクはつけたままでした。

 

実家のピアノ教室も休講が続いていますが小学校からの友人でもある講師が庭の写真を送ってくれて、季節も進み少しずつ事態の収束が近づいているのを感じます。

f:id:nozosan-net:20200513191939j:image