のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

遠距離介護

機能性ディスペプシア寛解までの道のり⑦

東洋医学にシフト 総合病院で3ヶ月おきの血液検査をしつつ、治療は東洋医学にシフトして西洋薬はやめました。つまり鍼灸と漢方薬に絞りました。 なかなか改善しない 2週間おきに鍼灸治療を受け4週間おきに漢方薬を処方されるスタイルです、お薬の銘柄をその…

狡さがとおる地方の馴れ合い

積雪は毎年のストレス 宮城県の実家は何に数回の大雪で庭が埋もれてしまいます。降雪に合わせて帰省するのも困難ですから父が元気な頃からシルバーセンターさんに雪掻きをお願いしていました。 今年から委託できなくなった シルバーセンターの課長さんから突…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり⑥

1年に2つの葬儀 2018年9月に母は亡くなり私は1年に2つの葬儀を出し喪主を務めました。そのあいだずっと体調不良のままです。 母のいた施設の引き上げや49日法要(父の一周忌といっしょにしました)を済ませたころアコファイドを飲み終わり効き目もいまいちで…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり⑤

脳幹出血 お盆時期に搬送された母は点滴で顔色も良くなりましたが、翌朝片麻痺がみられるとのことで再度搬送されました。私が父の初盆で帰省しているタイミングを知ってのことだったのでしょうか。 父の検死をしてくれたドクターが担当 父が自宅で突然死して…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり④

庭木の手入れと相続事務 2018年7月からアコファイドを飲み始め、手入れが行き届かずジャングルのような実家の草むしりと剪定と父の初盆支度が重なりました。 10ヶ月以内の申告納期限の相続事務が非常に厄介で仙台の税理士さんとの打ち合わせのために日程をや…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり③

同じように苦しむ人々の存在 なにかのきっかけで機能性ディスペプシアに苦しむ人のツィートを見つけました。私以外にもこの症状に悩まされている仲間がいる‼︎少しだけ孤独がやわらぎました。 母の様子はまずまず 毎月帰省のたび面会し、着替えやタオルのチェ…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり②

やはりメンタルストレス 父の突然死に伴う葬儀や要介護5の母の施設入所手続きを1人でしなければならず、合間に千葉へ戻り総合病院を受診すると酷い貧血のため鉄剤と胃の痛みを緩和させるランソプラゾールを処方されました。 怒涛の事務手続き 2017年10月の葬…

予約席でも他人が座ってる

やっぱり和食が好き 海外だと食事で体調を崩したりします。若い頃は無自覚でしたがやはり和食が体質に合っているようです。 お手伝いしましょうか 中国のビュッフェでMay I help you?と訊ねられ(英語圏の人間に見えたのか⁇)Japanese foodsと答えると和食ゾー…

介護家庭の通信環境

外の世界とやりとりするために 実家は固定電話しかなく、父はゴルフをやめてから連絡がすぐつきすぐ帰宅できる場所しか出掛けなくなったため携帯を解約していました。 母もその程度の行動範囲でしたし、そもそもやりとりする相手がいませんでしたから持つ必…

介護施設はハザードマップのなかに

そこは昔なにがあった場所 介護施設はこの20年ほどで建設されたところが多く、むかし田畑だったところや河川の近くが多いような気がします。 人が住まない理由 治水灌漑工事が今ほどされていなかったむかしは、大雨が降ればここは決壊するとか洪水になるなど…

認知症の人を連れて避難所へ行けるか問題

母の実家が心配 今回の台風で母の弟のお嫁さんに安否確認しました。宮城県北部の専業農家で母の弟もアルツハイマー型認知症ですから逃げ遅れたら⁇と心配になりました。 避難所は川の近く 民生委員さんから町の公民館へ避難するよう勧められたそうですがそこ…

不動産を処分するための準備とはIII

処分の段取りはまだまだある 不動産の名義人が認知症だと売買ができなくなると綴りました。 認知症でなくても処分する前に測量したり、そのために近隣へご挨拶に伺って捺印のお願いをしたり調整が必要なことまでおはなししました。 まだあるの? 地質(地盤)…

不動産を処分するための準備とはII

境界の杭 きのう不動産を処分するにあたり測量と境界隣家の立ち会いと捺印が必要とおはなししました。 測量しただけでどこが境界かなぜわかるのか? 境界を示す杭が土地に打ち込んであるのです。実際の登記と同じか確認する作業です。 違う場合もある 戦前に…

不動産を処分するための準備とは

空き家問題は相続問題 親御さん亡きあとの実家をどうするか「縁起でもない‼︎」なんて言わずちょっと頭の片隅に入れておきましょう。 空き家が犯罪の温床になったり倒木や害獣の住処になったり社会問題になっていますが、更地にした場合の固定資産税アップな…

クリアファイルで確定申告もラクラク

受診の必需品 保険診療の病院へ診察券と保険証を持っていくのは当たり前ですね。私のかよう総合病院だと前回の受診おわりにA4サイズの予約票が出てきます。 当日は自動受け付け機をとおすと検査〜受診の行程表と受け付けカードが出てきます。病院の専用ファ…

認知症薬をやめるという選択

治るわけじゃない薬 認知症を発症したら投薬治療がはじまります。しかし治るわけじゃありません。 https://www.asahi.com/articles/DA3S14188528.html じゃなぜ飲むの? 進行するスピードを緩やかにするためといわれています。効果は人それぞれでもし飲んで…

春秋は母の衣替えのため帰省

衣替えも介護のうち 毎年春と秋はいつもの介護帰省にプラスして母の衣替えのため帰省していました。 父だけだと季節の寒暖差を服装でどう調整すればよいかわからない部分がありました。 肌着もノースリーブ、半袖、長袖をいくつか組み合わせて微調整できるよ…

介護施設に入所すると調剤薬局を変えなきゃいけない⁇

認知症のお薬とは 治らないけれど進行のスピードを緩やかにするお薬があります(メマリー、アリセプト、リバスタッチなど) 効果を実感するというより飲んでいたからこの程度の進み具合かな?と思う感じです。人により捉え方はさまざまです。 一元管理してもら…

身元引き受け人のやくわり

介護施設に入所するために 施設の入所待ち300人なんてふつうに聞きますよね。特に首都圏では空きがなく自宅からかなり離れた場所でも仕方ないケースもあります。 書道教室の友人は自宅が船橋なのに青梅の施設へ姑を入所させたのだそうです。面会に行きにくい…

自動ブレーキは高齢者の救世主じゃない

最近の情報に疎い 先日、車をぶつけて地元の車屋さんが1週間かかる修理を3日もかからず仕上げてくれて本当に助かりました。 最近の車は車体を軽くするためプラスチック素材の一体型ドアが多く、一箇所だけの修理ができず全部交換になるケースが多いのだとか…

倒木のリスクを考えて庭木を伐採

倒木は周囲に迷惑をかける 千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号。 たまたま私の暮らすエリアは無事でしたが、南部は倒木で電気がなかなか復旧せずどうにもならない自然の力を見せつけられました。 タイミングよく依頼していた 宮城県の実家は背の高い樹…

デイサービスへ送り出す朝は戦争

送り出す準備だけでひと仕事 介護施設へデイサービス(日帰りのリハビリ)へ送り出す家族もけっこう大変なんですよ。 着替え洗面食事排泄介助 母は認知症で要介護2(要支援1.2からあり受けられるサービスはさまざま)からデイサービスに通い始めましたが、さいし…

家族だけの介護は限界と早くきづくために

グループホームの内覧会 おもに精神・知的障がいの利用者さんに共同生活を提供する新しい建物ができたので内覧会に行ってきました。 地域で受け入れられること 数年前に地元の防災訓練に参加したさい、ここで働くスタッフさんもいらして初めてどんな団体なの…

不幸中の幸いってこれか

予定外の出費がつづく 帰省のたび生い茂った雑草と伸び放題の樹木の処理にうんざりしています。 お盆前に地元友人に草むしりを頼んだものの処分を中途半端にされてしまい次回は別の方法を模索しているところです。 剪定は高所作業 シルバーセンターさんに高…

仙台の教えたくない老舗喫茶

店名は黄檗宗の僧侶の名 母も若いころ好んで通っていたようです。 私も存在は知っていましたがかなり大人になってからその門をくぐりました。 仙台市青葉区春日町にお茶菓子販売と喫茶を営む賣茶翁(ばいさおう)があります。 知る人ぞ知る名店です。 都会の中…

仏事慣れしても施主はヘトヘト

場数を踏めば経験値があがる 短期間になんども喪主・施主を経験しているとおのずと段取りが身体に染み込むものらしく、叔母に聞かないとわからないだらけだったのにいつのまにかひとりでやれるようになっていました。 落ち度がないかどうか 葬儀は一回完結で…

感情が臓器を傷つけるなんて 七情

ストレスで胃が痛むでしょう? 大切な商談や試験、慣れないことをするときなど不安で食欲が失せますよね。だれしも一度は経験あるのではないでしょうか。 七情 人に備わった七つの感情。 怒 喜 思 憂 悲 驚 恐は大切なものだけれど行き過ぎは関連臓器を傷つ…

認知症の人は災害弱者

自然災害は地域間で差がある 千葉の台風被害がなかなか報道されず影響の少なかった地域の私は気づくのが遅れました。 SNSのタイムラインに友人たちから惨状があがってきてこれはただごとではないとあらためて知った次第です。 一部区間の運転見合わせ 嵐は9…

断薬への道のりは遠い

メンタルがやられて食べられなくなる 機能性ディスペプシアという胃腸障害を発症して2年以上経ちました。 はじめはみぞおちに砂や小石が詰まったような感覚で食べ物が喉を通らなくなりました。 遠距離介護疲れかな。そう思ってやり過ごしていました。 東洋医…

街の電気屋さんがなくならない理由

高齢者に量販店はハードル高い 実家のリフォームからガス、電化製品、灯油配達、廃品回収まで地元の個人商店さんにお願いしています。 要は三河屋さんのような存在で、高齢の親は家電量販店へ1つの要件だけで出掛けるのが億劫なのです。 代々お世話になり背…