のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

通年ノーマルタイヤで走れる幸せ

雪は脅威 雪の降らない地域に住んでいるとたまに降れば嬉しくて雪合戦とかかまくらとか楽しいことをイメージしますが雪国暮らしだと生活を脅かす大変なことなんです。先日の関越道の立ち往生は記憶に新しいですよね。 大家さんの仕事 私は祖父の代から続くピ…

静かな年末年始を喜ぶ人も多いんじゃない

首相が呼びかけるステイホーム 例年だと成田空港、東京駅、高速道路の混雑ぶりと都心のオフィス街の閑散具合を対比する映像が使い回しのように流れてきますが、静かなステイホームで助かってる人も多いんじゃないかと推測します。 静かな年末年始でむしろ喜…

来年使えるネタ圣诞节 (クリスマス)

中国のクリスマス 昨日はイブでしたね。ちょうど中国語レッスンでしたので現地ではどんな感じか先生に教わりました。 まずイブは平安夜pinganye といってリンゴpingguo(苹果)の発音に似ているため包装してリボンがかけられたリンゴを贈り合うのだそうです。 …

吉方位取りの効果があったII

吉方位取りのおまけ 実はあのあとつづきがあったんですよ(私がそう思ってるだけですが) info.dual-life.site 良いことに気づける能力とか勘も大事ですよね。ぼんやりしていたら落ちてるチャンスも拾えません。 突然飛び込んでくる その日はサロンデーで午前…

バネ指(腱鞘炎)も漢方治療

日常生活に支障 手のこわばりも更年期の症状らしいですね。これまで自由に使えていたのにファスナーの開閉、ボタンを留める、レジ袋を開くなど些細なことで激痛が走り自分でテーピングするようになりました。 きっかけは樹木の剪定 実家の樹木を頑張って剪定…

鍼灸治療を受けるときの注意点

どんな服装がいいの? 全身に360以上のツボがあるといわれていますから症状によってどこに鍼を打つかわかりません。なにに気をつければいいでしょうか。 施術着の用意 たいていの鍼灸院には着替えが用意されています。前も後ろもファスナーかマジックテープ…

自分を幸せにするお金の使い方

倹約・節約が美徳って本当⁇ 値段の高いものを買っちゃいけませんといわれて育ちましたが高度経済成長〜バブルを経験した者としては矛盾しか感じませんね。なんで安いほうを選ぶの⁇そのわりに滅多に使わない高価なものを平気で買ったりしてない⁇ メリハリをつ…

遠距離介護の月日を総括

書類整理 年末のある日、ちょっと片付けるつもりで書棚の整理を始めると勢いづいて大量の介護資料を処分できました。まだまだ捨てる余地はありますが一気にやらずにおきます。 遠距離介護のあゆみ 母がアルツハイマー型認知症を発症してから自分の時間や労力…

不機嫌もハラスメント

なにを言っても許されると思ってる 不機嫌な態度をとったり乱暴な言葉を吐いたり、心を許してるからとかいうけれどそれは安っぽい甘えじゃね⁇と思うのは私だけですかね。言われたほうはこちらに原因があるかのように思いあぐねてしまいますが不機嫌を選んで…

北緯36度線が蕎麦ライン

蕎麦の名産地 福井〜長野〜茨城が北緯36度線の蕎麦ラインだとはじめて知りました。緯度が同じということは同じ作物が穫れるんですね。 蕎麦好きと名乗っておきながら無知でした。長野にはほぼ毎年出かけて美味しく食べていたし、去年は蕎麦目的で福井まで足…

年初の目標どうなったかな⁇

忘れたわけじゃない 年初に掲げた目標をまさか忘れたわけじゃないよね⁇と自問自答。さてなんだったかな。 info.dual-life.site ①興味の芽を摘まない コロナで外出できないなりに読書や動画や語学など面白がれるものには触れていました。 ②嫌なことはしない …

国策映画が520円で鑑賞できるんです

憧れの李香蘭 お若い方は知らないかもしれませんが国会議員だった山口淑子先生は若かりしころ中国大陸で李香蘭という名で芸能活動をされていました。当時の作品を劇場で鑑賞できるので行ってみるとシニアでぎっしり(笑)わりと密な環境でした。 銀幕のスタ…

習慣化のためには明確な目的を

①blog更新 認知症の母の遠距離介護記録として立ち上げてから5年になります。10年介護してネタ満載といえど躊躇するような内容もあり、折々の感情や助けになった言葉や行動を綴っています。 ②1日6000歩ウォーキング 国際中医師でもある鍼灸ドクターからのアド…

親を亡くしても泣けない

なにかしら影響が 今年お母様を亡くした方とお喋りすると何度も戸締り火の元を確認してしまう強迫性障害と不眠に悩み、メンタルに効くお薬を飲んでいるのだと。 私も2拠点暮らしをしているため戸締り火の元はしつこく何度も確認しますが、もし忘れても親戚や…

広い家のデメリット

親の家の片付け問題 先日お母様を亡くされたばかりの方と実家をどうするかでお喋りしました。昭和の注文住宅は広く誰も住まないのはもったいない、けど自分の家もあるしいずれ配偶者の実家もどうにかしなければならない。 どこの家も似たような悩み お母様を…

シュガーフリー生活がもたらしたものII

砂糖なしの生活 家に砂糖がない生活を続けています。 info.dual-life.site その後わたしに起きた変化を記録しておきますね。 ある日よくいくカフェで大好きなフルーツティーを注文しました。温かい紅茶にレモンやオレンジ、キウィ、ブルーベリーなどが入って…

介護予防に柏プロジェクト

団地の孤独死がきっかけ 首都圏のベッドタウンでもある千葉は、現役時代は満員電車で都内に通勤しリタイア後は地域コミュニティとうまく関われない高齢者が多数暮らしています。 最期は誰にも看取られず1ヶ月以上発見されないなどよく聞きますよね。他人事じ…

24時間既読のつかない人と仕事したくない

携帯をみない人 連絡手段として国民に行き渡った感のある携帯ですが、終日電源をまったく入れずみもしない人もいるようです。 先日、私のピアノ教室の保護者さまからお子さんが楽譜を紛失し練習ができず困っていますと連絡が入りました。 私は大家さんであっ…

神様のお引っ越し

邸内社(ていないしゃ) 敷地内に神様がいます。幼少のころは従姉妹のお姉さんと中からお狐さまを出して遊んだりしてましたがそれでバチが当たったんでしょうか(笑) 敷地整理 雑木林のようになっていた樹木を伐採するタイミングで、雑草だらけの場所から日当…

買ってよかったもの2020 衣類編

モンゴルの衣類 ターミナル駅の期間限定ショップでカシミアやヤクの暖かそうな衣類を販売しているのは知っていました。でもいつも急いでいて興味があっても気軽に買える値段ではありませんでした。 偶然の出会い たまたま出掛けた日に駅で販売会をしていまし…

吉方位取りの効果があった

東洋占星術 以前に個人鑑定を受けた占術家さんから吉方位を教わり実行してみました。指定された日時にその方位へ出かけて2時間ほど滞在して帰るというもの。 結果はいかに 3日後ぐらいになにか起きるかも⁇といわれていました。私は期待せず忘れるのが1番と思…

お若いですねといわれて喜ぶ幼稚な大人

社交辞令をまにうけないように 痛い若見えファッションや若者ことばを使う中高年を見かけますがなぜ若さに固執するんでしょうか。「お若いですね」を本気の褒め言葉と思って喜んだりね。社交辞令ですよ、いいお天気ですねと同じ意味(笑) 若さの定義 半世紀…

16時間絶食10ヶ月経過

コツコツ継続 新しいことを習慣にするのってなかなかできませんよね。しかし今回の私は違った‼︎16時間なにも食べない断食を2月からはじめて休まず続けています。 info.dual-life.site ときどき出かける用事などで1時間早く食べてしまう日もありましたが、ほ…

視力矯正が追いつかない

白内障と近視 2年前に新しくしたばかりのメガネは去年から急に見えづらくなり、コンタクトもなんだか焦点がボヤけて視界がはっきりしません。 コンタクトは定額制で毎年レンズ交換できます。ちょうどお知らせが来たタイミングで新しいのにしました。 メガネ…

樹木の伐採は防犯効果も

敷地内の知らないエリア 実家の敷地にはいつからあるかわからない背の高い樹木がたくさんあり、特に裏庭は夕方以降怖くて行かないようにしていました。自分の家なのに知らないエリアがあるって管理もできません。 人目は防犯効果 むかし父が木に登って剪定し…

祖父の戒名の由来はここから

庭木の大半を処分 毎年の剪定代に頭を悩ます実家の庭木をほぼ処分する決断をしました。ここまでするのにかなりの年月がかかったのは一目瞭然ですが維持管理が大変です。 祖父の戒名の由来 玉樹院という院号をいただくほど多くの樹木に囲まれ庭仕事を生き甲斐…

害獣被害を防ぐには近隣の協力も必要

人里に暮らす野生動物 去年ハクビシンとネズミの駆除で大変だったのですが、トラップを仕掛け苦しくなる薬剤で外へ逃し二度と入れないよう換気口を細かい目のものに交換しました。 info.dual-life.site 近隣の協力 隣家との境界にハクビシンの大好物の柿や梅…

ヤングケアラーの存在を知ってほしい

ヤングケアラーとは 通学しながら家族の介護をする人のことをさしますが身近にいますか⁇私は自分が親を介護するまで他人事でした。 ケアラーズカフェで知り合う 介護者が集まるカフェで10代のころからアルコール依存症のお母さんを介護している方と知り合い…

節目ごとに会いたい人や化身が現れる

なんでこんなにタイミングいいんだ‼︎ 介護帰省にかよっていたころから限られた滞在日数のなかで連絡したい人が偶然現れたり、滞っていたものごとが進んだり不思議なことが続いています。 先月も今月もたまたま車の中からお世話になっていた板金屋さんを見つ…

お金を必要としない世界へ行ってみた

住み開きという暮らしかた 宿でもない、ゲストハウスでもない古民家で多くの人が共同生活しているゆるい場があると知り行ってみたのが5年前。そこは新潟県十日町市の世帯数わずか7軒の限界集落でした。 雑誌ソトコトで知ったギルドハウスは魅力的でギルドマ…