のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

損得じゃなく私基準の安心

帰省のたびに私が給油や洗車に行きます。

 

私の不在時にちょっとした縁石に乗り上げたり、些細なことをしているので点検も兼ねています。

 

先日スタンドに車を持ち込むと左前のタイヤの傷を見つけてくれました。側面の深い傷でした。

 

全体の空気圧も減っていました。

 

タイヤ自体もうダメですよ。とのことでした。今日放置していてあす朝乗るときなにかあっても困ります。あすは私が自宅へ戻るので車を使います。

 

いつもは近所のクルマ屋さんで車検からなにからお任せしていますが、このまま乗って帰って連絡してもすぐ来てくれるかどうかわかりません。

 

私はこのあと、夕方から包括支援センターの職員さんの訪問があるので対応しなければなりません。電気屋さんもトイレのパネルを見にきます。ピアノ教室のレッスンの日でもあります。ヘルパーさんもきます。

 

いつも限られた時間内に用事を複数同時にこなさなければならず、選択肢を巡らせる余地はありません。

 

もうここで交換していくのがベストと判断して、タイヤを新しくしました。

 

移動して大きなショッピングセンターの駐車場から、いつものクルマ屋さんに電話して経緯を話すと「パンクでなければ直せますよ」と予想通りの返事をもらいましたが、私はこれで不在時のアクシデントを防げたと思いました。

 

正直どちらがよいかわからないことを短時間に判断させられる場面が多数あります。

 

いってくる側はよかれと思って、または知識がなさそうだから利用しようと様々な提案をしてきます。

 

損得だけで考えれば損ばかりかもしれません。

 

そんな時はどっちが安心できるかで測るよりありません。