のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

サンリオと私の思い出

地方の田舎住まいでしたから、サンリオキャラクターに憧れていても近くで売っているお店がありませんでした。

 

定番のキティちゃん、マイメロディあたりが鉄板でしたね。

 

ギフトゲート、森永ラブなど仙台市内の数少ない専門店にお小遣いを握りしめて買いに行ったものです。

 

買い物のたびに、リボン変わりの小さなオーナメント(キャラクターグッズ)をシールで袋につけてもらえるのが喜びでした。

 

毎月オーナメントの種類が変わるので、どれも欲しくて毎月買い物していました。なにしろ非売品ですから。

 

いちご新聞(サンリオが発行している商品案内や企業理念を発表している今でいうニュースレター、メルマガのようなもの)に掲載されている新商品は常に憧れでした。

 

大人になり金融機関に勤務していた頃、サンリオが株式の増資をすることになり顧客に販売勧誘をしました。

 

ネームバリューは充分すぎるほどあり、聞いたことのある人のほうが多かったはずです。

 

私はその時初めて山梨が誇るこの会社の企業理念を知りました。

 

山梨の王様だからサンリオ(山 梨 王)なんですね。(現在の企業サイトには掲載されていません)

 

最近は私の知らないキャラクターも増えてきましたが、時おりご当地モノなどで見かけると当時のなかなか手に入らなかった時代を思い出して甘酸っぱい気持ちになるのでした。