のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

帰省時のランチ問題

実家の片付けやケアマネさんとの打ち合わせ、通院付き添いで疲れていますから料理する気力は残っていません。

 

父が元気な頃は、父の同級生のお店や私が小学生の頃から通うお店の出前をとったりお弁当を買ったりしていました。

 

ヒルナンデスを見ながらたわいもないお喋りをし、洗い物をして父がお昼寝をするとようやく私も休憩できます。

 

今は出前じゃなくお店に行く時間ができました。

 

小学生から通うお店は値段もずっと変わらずご夫婦で営む料理屋さんで、毎月立ち寄っています。

 

奥さんとちゃんと喋るのがここ最近のことで、先日は娘さんからのプレゼントのスマホの使い方がわからないというのでちょっとだけ説明しました。

 

マナーモードの解除方法とライン入力なのですが、娘さんからの着信に気づかずいた奥さんはとても喜んで、そのまま通話ボタンを押してお喋りを始めました。

 

前回立ち寄ったときもスマホは自宅にあるの〜といってましたが、その日はショップで使い方を聞くため持参していたのでした。

 

当座の疑問が解決できてお孫さんとも会話できてどんどん話が弾むので、いい頃合いを見計らっておいとましました。

 

次回は是非、私とお友達になってもらおうと思います。