のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

それは杞憂ではないのか

これまでの慣れた状況が介護や病気などで一変すると、もうこの世の終わりぐらいの落ち込み方をしてしまいます。

 

私は先回りして心配する癖があって、もともと対応策の持ち合わせが少なく柔軟性にも欠けるので不安になりやすいのです。

 

取り越し苦労ともいうかもしれませんが、殆どが役に立たない心配グセです。

 

まずは無知であること。

 

勝手に悩みの迷路に入っていくこと。

 

杓子定規にしか対処できないこと。

 

自分だけの問題と思い込んでしまうこと。

 

つまり独りよがりなんですね。

 

予測のつくことがその通りになるわけではありません。

 

渋滞や混雑の回避と違うのですから、どんな経緯を辿ってどう感じるかはそのときの私にしかわかりません。

 

考えてもどうしようもないことで頭をいっぱいにするより、イマココを大事にしたいものです。