のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

認知症の人を叩かないで

私でさえ母に手をかけてしまうのではないか、と介護中思うことはありましたよ。

 

それも一度や二度じゃありません。

 

そんなとき実際やるかやらないかは、わずかな差でしかないので非難はしません。

 

でもいう通りに動かないからと「ききわけがないときはお尻をびしっと叩くんだ」

 

という父の言葉を聞いたとき「あ、コイツおかしい。わからせないと」と思いました。

 

噛んで含めていって聞かせても腑に落ちなければ無理なので、嫌気がさすほど身近で具体的な例をなんども話して聞かせました。

 

若い頃から母が嫌がることを訴えても無視し続け、機械のように健康で壊れずいつまでも自分の都合に合わせて動いてくれると勘違いしている老人に理解させるには、ちょっとやそっとのことでは無理です。

 

相手の痛みを知るには同じ感覚を体感するしかありません。

 

考えや感情を全否定され、一切の妥協点や代替案も受け付けないという昔、自分がしてきたであろう同じ対応をしました。

 

繰り返し、なんどもなんどもなんども。

 

嫌がらせじゃないですよ、念のため。

 

私のみていないところで、老人2人だけの密室でなにが起きているかなど知る由もないですからね。

 

いわれたことが理解できず、自分の身体の使い方すら忘れてしまった母を介護するには先回りした誘導をするしかありません。

 

高齢になってから連れ合いがこんなふうになるなど想定外ですからね、そりゃ苛立ちますよ。

 

ずっと順風満帆できた父の最終課題が「理不尽を受け入れる」だったのかもしれません。

 

無理なく受け入れられると楽になりますよ。

 

どうにもならないことをどうにかしようとするからおかしなことになるんですよ。

 

私も偉そうにいえませんが、父は最終的には「介護させて頂いている」とまでいうようになりましたからね。

 

介護クエストをクリアできたところである日突然旅立っていきました。