のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

認知症に心当たりのあるライフスタイルII

発症の20年も前から兆しがあるといわれていますが、原因の一つに睡眠の質の良し悪しもあるようです。

 

そういえば母は眠りが浅く、お昼寝の習慣などもなく常に寝不足で不機嫌でした。

 

実証できてるかもしれません。

 

眠っているあいだに脳のゴミが掃除されということです。

 

だからきちんとした睡眠が大事なんですね。

 

漢方的には夜に気血水の血と水(陰)が作られるといわれています。

 

血は血液を含む身体のなかを巡る栄養、水は汗やリンパ液や涙などいずれもなくてはならないものです。

 

脳のゴミ掃除ができず必要な成分も作られなければどうなるんでしょう。

 

いいことはなさそうですよね。

 

血虚(栄養不足)の状態ですから、精神状態を左右する血の不足で苛立ちや不安で穏やかでいられなくなります。

 

もともとの性格もあるでしょうけれど、ねじくれたモノの捉え方や考え方でますます周囲との軋轢を生じます。

 

うまくいかないループの完成ですね。

 

ますます孤独になる。

 

数少ない周りの人を愚痴の掃き溜めにする。

 

嫌がられ距離を置かれる。

 

まずは自分を整えるのがいかに大切かなんですよね。

 

結局は己の状態が反映されるだけですから。

 

体調から心までまずは自分を整えよう。満たされていれば人を愚痴箱にしたり、そのせいで距離を置かれることもないから。