のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

今年の10大ニュース

①母とのお別れ

10年遠距離介護していた母とついにお別れの日が。あまりにあっけなくていまだに信じられません。

 

②漢方講師デビュー

急にお声がけいただき学びの途中の身でありながら教える立場に。大変でしたがアウトプットで知識が深まりました。

 

③機能性ディスペプシアの再発

父を亡くして一年足らずで母も鬼籍に入り、検査をしても原因不明のみぞおちのつかえが再発しました。手探りで治療を続けています。

 

④相続事務と納税

なんども税理士さん司法書士さんと打ち合わせのため仙台と千葉を往復し、なかなか噛み合わずにいましたがようやく終了。パニックになるほどでした。

 

⑤大家さんとしてピアノ教室発表会に参加

実家がピアノ教室の大家さんで私で三代目です。今年も教室の生徒さんの晴れ舞台を聴きに行けて幸せな時間を過ごせました。

 

⑥リアル満蒙開拓団と会う

親戚で旧満州から引き揚げてきた方と会えました。書籍でしか知らなかった方と血縁関係にあることがわかり感動しました。

 

⑦2回目の喪主体験

母が亡くなったことにより人生2度目の喪主を務めました。悔いなく両親を見送ることができました。

 

⑧毎日6000歩あるけるようになる

鍼灸Dr.から気巡りのため1日6000歩あるくようアドバイスされ、飽きっぽい私が花の写真を撮る楽しみのお陰で継続できています。

 

⑨姉との再会

両親と長く絶縁し一度も母の介護をしなかった姉と再会しました。

 

⑩四十九日と一周忌法要を同時に執り行う

父の一周忌と母の四十九日を同日に執り行いました。出欠確認、住職の予定、料理や引き物、納骨の段取りなど千葉から打ち合わせに行ってなんとかできました。

 

その他もろもろ、急遽庭師デビューしたり思いがけない出会いがあったり慌ただしく過ぎていった1年でした。