のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

3月の帰省総括

お彼岸ですしね、そろそろ雑草が気になりますから介護を卒業してもこれまでと同じように帰省しています。

 

今回は税理士さんとの打ち合わせや金融機関回り、天井裏の点検や火災保険の更新など諸々の雑用が盛りだくさんで、いったいいつになったら自分本来の生活ができるのかわかりません。

 

着いてそうそう車のバッテリーがあがっていてシルバーセンターの支払に歩いて行きました。

 

事務の女性が千葉の美浜区出身でつい地元の話題で盛り上がりました。

 

ららぽ近いですしね〜とか。

 

帰省が大変なことをリアルに理解してくれる人がこんな近くにいるなんて自分から話しかけなければ知る由もありませんでした。

f:id:nozosan-net:20190324081955j:image

我が家の樹木の多さや雪かきの様子を遠目から見ていてくれたようです。

 

ご両親は妹さんご夫婦と那須で同居しているそうでこれまた会いに行くのはそれなりに大変。

 

センター長が我が家の樹木担当シルバーさんの都合がつかなくなったと話していて夏前にまた打ち合わせしなければ。

 

毎回帰省のたびに新たな課題が待っていて自由が遠ざかるいっぽうです。

 

もう解放されたいな。

 

来たら来たで地元の皆んなと会えたりそれなりに過ごせるけれどなかば義務感でやっているところもあり疲れてしまいます。

 

戻ったらあれをしたい、あそこへ行きたいなど現実逃避ばかり考えています。