のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

天地徳合日の利活用方法

年に数回しかない自分だけの超絶ラッキーデー(天地徳合日)を鑑定していただきました。

 

10年運、年運、月運と細かく見ていけばきりがありませんが知らずにいるよりは知って利活用できればなによりです。

 

今年の1回目はすでに逃してしまい、春以降の日にちをメモしていました。

 

今月の6日がその日で、帰省中で特に予定はありませんでしたから心の赴くままのんびり過ごすことにしました。

 

害獣駆除の立ち会いが済み朝からピアノ教室のレッスンで講師さんと生徒さんを迎え入れ、友人のお父様の訃報があったので別の友人にお悔やみを託しに行きました。

 

その後、気になっていた古民家蕎麦屋さんで寒晒し蕎麦をいただき、その足でもっと気になっていた農家カフェにコーヒーを飲みに行きました。

 

母のデイサービス戻りを気にせず動けるなんて夢のようです。

 

10年前まで当たり前と思っていた自由は根回しや段取りを経ないと手に入らないものになっていたのです。

 

自由のための準備もだんだん面倒になりいつしか成り行き任せの行動しかできなくなっていました。

 

最近は16時までに帰宅しなくてもいいため少しの遠出や買い物ができるようになってきました。

 

そういったごく普通のことが嬉しくて有り難くて時間も早かったので菩提寺へお墓参りに行き両親やご先祖様に近況報告をしてから帰宅しました。

 

天地徳合日は10年ぶりに手に入れた自由時間の有り難みを存分に味わえた1日になったようです。