のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

罪悪感なく衣類を手放す方法

タンスの肥やし

捨てるには惜しいけど部屋着として着るにもちょっと。という微妙な、自分の中の旬を過ぎた衣類って皆さんもお持ちじゃないでしょうか。

 

あの時高かった

着倒してない

でもこの先日の目を浴びることはなさそう

 

しかし手放さないとシーズンごとに衣類は増えるばかり。ゴミ屋敷化した実家がそうでした。

ただで引き取ってくれる仕組み

以前も利用したワールドグループさんのエコロモキャンペーンは無料で引き取りしてくれるうえ1着につき1000円のクーポン券を支給してくれます。

f:id:nozosan-net:20191104080532j:image

いつものようにSサイズフェアでお取り置きした冬物の支払いに充当することにしました。というより私の担当さんにそのように仕込まれていました(笑)

クローゼットの新陳代謝が早まる

衣類の回転率を早めることでクローゼットの新陳代謝がよくなります。当てがなくてもクーポン券をもらうとなにか買おうかしら?とも思います。

着られると実際着るかは別

着られるものをゴミ袋に入れるのは躊躇しますから、うまくリサイクルできる仕組みに乗れると罪悪感もなく処分がすすみます。