のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

帰省は雑草との闘い

雨上がりの伸び放題

母が認知症になってから2ヶ月も帰省しなかったことはなかったと思います。父が元気なころは庭も畑もお任せでしたから雑草を気にするなんてありませんでした。

叔母夫婦のきづかい

コロナで帰省できないことを分家の叔母に連絡をとり「心配しないでいいよ、いろいろやっておくから」の言葉に甘えていましたが広い庭の雑草は樹木並みの太さになるものまでありました。

 

着いてすぐ道路との境界を手作業でむしりましたが10分ぐらいで一輪車いっぱいになり私もすぐくたびれてしまいました。

f:id:nozosan-net:20200601181710j:image

 

鋭いトゲは軍手を突き破って指に刺さり、たかが雑草されど雑草なのです。まだ湿度も低い今だからこの程度で済んでいますが、これからぐんぐん伸びていく時期に炎天下で作業したらすぐ熱中症になるでしょう。

晴耕雨読の暮らし  

f:id:nozosan-net:20200601181825j:imagef:id:nozosan-net:20200601181918j:imagef:id:nozosan-net:20200601181929j:image

天気と体調イマイチの自分と相談のうえ完璧を目指さない、うまく切り上げるのを肝に命じながら作業しています。私が不在でも草花は綺麗に咲き畑の玉ねぎや馬鈴薯は来月の収穫を待ってくれています。