のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

私が惣菜を好まないわけ

家庭の味に飢えていた

共働き家庭で育ちましたから手の込んだ料理を食べた記憶はほぼありません。友人の家に遊びに行くとその子のお母さんがおやつにホットケーキを焼いてくれて涙が出るほど美味しかったのを覚えています。

f:id:nozosan-net:20200809094248j:image

暗くなるまで遊んでいると「もうご飯食べて行きなさい」なんていわれてちゃっかりご馳走になって帰ったこともあります。いまだにそのおうちと仲良くさせてもらっていて友人のご両親を「お父さん、お母さん」と呼んでいます。

惣菜は生活必需品

昔は今のようにデリとかなんとかお洒落な惣菜はなく味もイマイチ。母も多忙なりにできるだけのことはしてくれていたし父も家事万能でしたが味がね、これだけはまずくて苦痛でしたね。

 

それで外食好きになったのかもしれません。自分で作れるようになったのは20代になってから。ノリで料理教室に通った時代もありましたが普段やらないとできるようにはなりません。

 

料理は気負わずさらっとやれたほうがいいし、添加物や保存料が気になるなら自炊がいちばんです(多忙や疲れは人それぞれで無理する必要はありません)

 

今はおいしいお惣菜が買える時代になりましたが好きな味や量を自分で調節できることからほぼ自炊です。それとお惣菜を見ると幼少時の「おいしいご飯に飢えていた」記憶がよみがえりちょっと悲しくなるのです。疲れていたり面倒なときはお世話になりますがね。