のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

私が漫画になった(機能性ディスペプシアに悩む皆さんへ)

原因がないのに食べられなくなる病気

なんどか綴っている機能性ディスペプシア(原因不明の胃腸障害)で治療をしていますが、近くに同じ症状の人はいないし他の患者さんはどうしてるのか聞いてみたい気持ちでいっぱいでした。

 

今は検索すれば治療方法やそれに悩む人にたどり着けますから、どんなお薬を飲み、どこの医療機関でどんな治療をしているのか知ることができます。

鍼灸推し

機能性ディスペプシアの患者さんは検査しても特に問題もみつからず様々な医療機関をたらい回しに、または自らドクターショッピングしているケースもあり周囲からはあまり理解されず孤独です。

 

自覚のないストレスに晒されていることも多く、人から指摘されて初めて気づくパターンもあります。

 

私はたまたま肩甲骨周りの刺すような痛みでかよっていた鍼灸院で、胃腸障害から腱鞘炎までオールジャンルの施術を受けています。

 

鍼灸の効果は人によりますし保険がききませんから無理にお勧めしませんが、相性のよい治療家さんと出会えれば心から楽になります。私も通院時間を他に使いたいと思っていますが、なかば強制的に機会をつくることで介護から看取りその後の実家の維持管理に疲弊する自分を労われています。

 

あおいねこhttps://note.mu/aoi_nekoさんがそんな私を漫画にしてくれました。

f:id:nozosan-net:20200821130930j:image

かなりしゅっとした感じに描いていただき恐縮ですが、同じ症状で悩む方は是非このシリーズを読んでみてくださいね。