のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

高齢者の住み替えが進まない理由

身じまい練習

友人の投稿で見かけたのですが、将来の介護を見据えご両親を同じマンション内に住まわせたいと賃貸に出ている部屋を探したとろ高齢を理由に断られたと。

 

ご両親はまだご健在で友人もごきょうだいも公務員。家賃の取りっぱぐれもほぼありません。ご両親は今の持ち家を処分すればまとまった資金も用意できる優良案件なのに。

オーナーは孤独死を避けたいのか

高齢者が必ずしも病院で亡くなるとは限りません。自分の所有物件で孤独死されたらあとあとの片付けや契約解除その他の面倒は避けたいのが本音でしょう。

 

空き家が利活用されにくいのも不動産がうまく流通しないのもこのような現状からくるのでしょうね。でも持ち家を処分してある程度の蓄えがある、公務員のお子さんが2人もいるのだからOKじゃないかと私は思うのですが。

 

今のままだと

①高齢になったら部屋を借りられない

認知症になると自宅を売却できない

③②ゆえに施設入所の資金が捻出できない

 

と介護を担う側がなかなか大変です。生涯単身の人も増えてるのになんとかならないのかなぁ。持ち家前提の社会の仕組みもそろそろ終りだと思うのですが。