のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

朝さんぽでプラーナを取り込む

生命力を取り込む

プラーナとはサンスクリット語で呼吸とか息吹と訳され生命力そのものという捉え方をしているようです。ヨガインストラクターの養成講座でも習いましたがわかったようなわからないような⁇

 

朝の澄んだ空気から生命力を取り込めるようですね。いつもは家事をしている時間帯に近所を歩いてみました。

 

介護中は母をデイサービスに送り出すとそこからようやく後片付けや掃除、買い物などで散歩の余裕などありませんでしたから。

贅沢な時間

ふだんも駆け足で暮らしていますから幼少から知っている地域なのに路地ひとつ入っただけでもうわかりません。

f:id:nozosan-net:20200923083104j:image

氏神さまにお参りして今年の秋〜冬のお祭りがコロナで中止だと知りました。懐かしい通学路から路地裏に入りお寺の境内を横切ると新しい住宅ができていたり、馴染みのお店が跡形もなくなっていたり移り変わりを感じます。

 

家まで景色を楽しみながら5000歩ほどで気分がよくなってきました。きっとプラーナ(生命力)を取り込めたのでしょうね。これからの季節歩きやすくなりますから週になんどかでも朝さんぽするつもりです。