のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

実家の裁縫箱で介護時代にタイムスリップ

パジャマのズボンゴム

去年から両手親指がばね指でささいな動きで激痛が走るようになりました。鍼灸治療や漢方薬のおかげでよくなってきたためようやくパジャマズボンのゴム交換をする気になりました。

 

実家では母のパジャマを着ていますがどれもオムツ替えでズボンゴムが伸びて新しいのにだるだるです。裁縫箱を開けると使いかけの道具がそのままで父が母のズボンゴム交換をしていた形跡がありました。私が片付けで手が回らないため私の割烹着の袖口ゴムもメガネをかけながら交換してくれていました。

f:id:nozosan-net:20211014194748j:image

ほんの数年前まで父と二人三脚で認知症の母を介護していたのですが私はおもに魔窟のような室内片付けと掃除や買い物・調理、父は広い庭の維持管理と身体・食事介助。わりとうまく連携できていましたね。周囲の人から羨ましがられていたぐらいです。そりの合わない親と最後にあんな時間を過ごせて本当によかったなぁ。拗らせたまま逃げなかったおかげで長年の確執も解消され後悔なく見送ることができました(これもおそらく私の自作自演なのでしょうね)