のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

声調スパルタレッスンの効果

これまでの学習は間違い⁇

香港在留邦人の方がclubhouseで語学roomを開いてくださり私の苦手な中国語の声調を徹底的に鍛えてくれます。なんという贅沢な時間‼︎というよりこれまで私はなにをしていたの⁇というレベルですね。あ、けして講師さんたちに責任があるわけではなく私のスタンスの問題です。

 

中国語でみんなが最初に挫折する声調記号。➡️ ⤴️↘️↗️⤵️ここをぼやかしてやってきたツケをいっきに払うことになるとは(笑)中国人の講師さんは世界中の中国語を話す人々にそれぞれ違いがあるため細かい指摘はしませんが日本人の先生は厳しく指摘してくれます。なぜなら正確な言葉を喋れないとそういう扱いを受けるから。

f:id:nozosan-net:20210617083925j:image

国内でもありますよね。人柄云々の前にオフィシャルな場面でも方言丸出しで通そうとすると悪気がなくても「あ、そういう人なんだ」とちょっと軽く見られたりあしらわれたり。その場に合う話し方というものがあります。

 

1〜4までの声調の組み合わせを紙に書いて練習していますが頭で考えながらじゃなくすぐ反応できるように制限時間を設けるといいよとアドバイスいただきました。紙は怪しい乱数表のようですがきっとトレーニングになっているはずです。

コンビニ・ファミレス・テレビなし生活

自分に必要ないもの

コンビニもファミレスも働いていたくせによくいうよと笑われるかもしれませんが基本用事がないため行きません。胃腸障害で食べられるものが制限されそのうえグルテンフリー、シュガーフリー生活ですからなにも買えないんですよ。ファストフードや居酒屋チェーンも行きません。お酒もこの先一滴も飲まなくても平気です。

 

別に仙人をめざしてるわけじゃないですよ(笑)たまにはパン屋さんのテラスでランチもしますし甘みはデーツシロップや生の果物・ドライフルーツから摂ってますから。

f:id:nozosan-net:20210614172638j:image

この本はほぼ私に当てはまりますね。保存料や謎の添加物、よろしくない油など排除していった結果このようになりました。テレビを見ないのも上記のような食品の魅力的なCMを嫌でも見せられるから。見なければ食べたいと思わないし買わないんですよね。

減薬に成功しサプリを再開

いつも体調に配慮

400km離れた実家との2拠点暮らしは旅行のような楽しさはなく常に庭や家屋の維持管理、役所関係の手続き支払いなど雑務をこなすのでいっぱいです。父の言動がおかしくなって以来私も胃腸障害になり見送った現在も治療を継続しています。

 

去年コロナで通院を控え強制断薬になり「これで薬とお別れ‼︎」と喜んだのも束の間また調子を崩し漢方薬に頼る生活が再開しました。以前も勝手に治ったことにしてやめたところ元に戻ったのを忘れていたようです。

 

16時間絶食と1日6000歩ウォーキング、寝る前のシルシアーサナ(ヘッドスタンド)やストレッチなども並行し漢方薬は1日おきまで減らせました。しかし37〜39kgのまま体重はなかなか増えずビタミンBサプリメントを再開しました。特にビタミンB6はたんぱく質を合成するのに必要で胃もたれで食事量を増やせない面をサポートしてくれます(去年も半年飲んであまり実感はありませんでしたが)

f:id:nozosan-net:20210614092637j:image

血液検査のAST ALT数値間に差がないほうがよいとのことでした←分子栄養学に明るいドクターでないとここは「問題ないです」といわれるところ。私も肝臓の数値⁇ぐらいしか知らずたんぱく質合成のお手伝いをするB6が不足するのは糖質代謝に大量消費されるからぐらいしかわかりません。また半年後こちらで報告しますね。

やりたくないことで命を削らない

自他の区別

たとえ相手が子供や目下であれ自分とは違う気持ちを持つ人間だということがわからない父でした。母もそうだったかな。いい迷惑でしたよ。なんとか自分たちの思うとおりになってほしくてこうあるべきを常に押しつけてくる人たちでした。晩年の父にいうとそんなつもりはなかったなどと寝言は寝てからいえよとなりましたが(笑)自分の考えや価値観に固執していると損をするのは結局自分なんですがね。最後のほうで気づいてくれたかな。

f:id:nozosan-net:20210614085215j:image

私が集団生活を好まないのも自分の気持ちと違うことに従わなきゃいけない家庭で育ったから。加えて他人のペースに合わせるのが面倒でそういう場から秒で逃げたくなります。自分の大切な時間を人のために使いたくないといえば利己的となるでしょうが要は自分がしたくてすること意外は時間の浪費ですからね。やりたくないことで命を削りたくないのが本音です。

無条件でいてもいい場所

通院帰りの楽しみ

通院帰りは気晴らしにぶらぶらするのを楽しみにしていますが転院したためいつも帰りに立ち寄るカフェから足が遠のいていました。緊急事態宣言中ですがなんだか気になって行ってみると去年お母様を亡くしたオーナーさんと時間差を感じないお喋りができて楽しい時間を過ごせました。

 

ずっと胃腸障害を患う私と同じ介護者という立場で対応してくれ遠いクリニックへ行くための励みにもなっていたのです。カフェは常連さんや本格派コーヒーを飲みたいお客さんで繁盛していてやはり特定のファンがついているようです。

f:id:nozosan-net:20210612164341j:image

チェーン店などで静かに自分の時間を過ごしたいときと近況をお喋りしたいときと使い分けが必要ですね。毎月近況をお喋りできていたのができなくなり喋れないストレスはわりと大きいことに気づきました。

f:id:nozosan-net:20210612164348j:image

おいしいチャイをご馳走になり手作りのラベンダースティックをいただき気分良く帰宅できました。こういう居場所をいくつか持っておくことが大切ですね。