のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

ジャングルみたいな庭から卒業

決断のときがきた

父の突然死から3年。広すぎる庭は祖父の植えた樹木がどんどん伸びてジャングルになりました。私も分家の叔母も手に負えず、毎年の剪定料金だけがかさみ憂鬱でした。

 

母の介護による2拠点暮らしは10年以上になりますがここが終のすみかになるかどうかはわかりません。しかし相続した者の責任として放置もできません。

管理しやすく近隣に迷惑かけず

落ち葉が雨樋や側溝に詰まる、枝が電線や電話線に触れる、虫や小動物の住処になる。まめに帰省して手入れしても次々と問題が起きます。住んで管理していても追いつきません。

 

私がローンで家を購入する人の気持ちがわからないのはこういう現状を知り尽くしているから(もちろん折り込み済みの人の批判はしません)

 

今回あるきっかけで整地することになり伐採に立ち会いました。祖父も両親も大切にしていた樹木は中が虫喰いだらけで大変なことになっていました。重機で抜根までするため費用がかかりますが仕方ないですね。

f:id:nozosan-net:20201118220643j:image

隣家との生け垣もすっきりしたフェンスにする予定です。伐採屋さんが近くのお蕎麦屋さんのご主人で以前私が食べに行ったことがあったのもなにかのご縁だったようです。

f:id:nozosan-net:20201118194035j:image

みんなの好きなハンバーグの名店 仙台編

だいたいみんな好き

そんなに嫌いという人に会ったことはないのでちょっとしたグルメ情報です。私はたまたま見つけておいしかったので参考までに。

スプーンで切れる

国産豚肉100%、スプーンで切れるハンバーグのお店を紹介します。仙台市内の住宅街にあり駐車場も8台しかない、土日は予約しないとかなり待つサラマンジェ・ヒロさんです。

https://www.salle-a-mager-hiro.com/sp/

f:id:nozosan-net:20201122172003j:image

おすすめは柚子胡椒ソース味です。マッシュポテトの上にふっくらハンバーグがのって湯気まで美味しい‼︎

f:id:nozosan-net:20201122172359j:image

コースにすればデザート・ドリンクつきです。デザートは季節によるので行ったときのお楽しみですね。

f:id:nozosan-net:20201122172506j:imagef:id:nozosan-net:20201122172524j:image

夏はシャーベットヨーグルト、今ならバスク風チーズケーキ。前菜のサラダ、スープも胃腸障害のある私でもOKなヘルシーさです。

 

焼き上がりに時間がかかる人気店ですから予約するのが確実です。

母の形見に新しい命が吹き込まれた

親家片

親の家の片付け問題は定期的に話題になりますが、4年の歳月をかけて魔窟からバリアフリー住宅にリフォームした私の実体験を綴っておきます。

きっかけは認知症

母が診断された当時の実家はゴミ屋敷、魔窟でした。私も気力体力の限界があり少しずつしか処分できませんでした。ゴミ収集日に合わせて介護帰省し、ゴミ置き場からまた戻してくる父と闘いながらの年月でした。

叔母と2人で和服処分

長年見て見ぬふりをしてきたものはいずれどうにかしなければなりませんよね。分家の叔母と2人で桐箪笥2竿と70枚ほどの和服を処分しました。澱んでいた空気がいっきに晴れたのを覚えています。

 

貸し衣装店を営む叔母はリメイクで母の和服を蘇らせ形を変えて私のもとへ戻ってくるものもあります。

f:id:nozosan-net:20201120095818j:image

新しい命を吹き込まれた小物はまた活躍の機会を与えられました。

私がいなくても回るコミュニティ⑩

私の仕事は環境整備

ピアノ教室の大家さんはどんなことをするのか。私の場合は教室とトイレ掃除にくわえて玄関の三和土からドア、生徒さんのスリッパまで水拭きしています。

 

送迎の保護者さんが使う駐車場の整備、ブラックボードの書き換え、クリスマスツリーを飾る、備品の補充、エアコンのフィルター掃除、レッスン動画の撮影助手などもあります。

f:id:nozosan-net:20201120095714j:image

冬は灯油の補充

冬の東北の寒さは関東の人には想像しにくいでしょうね。手がかじかむとピアノが弾けませんから灯油ストーブを使っています。手が汚れるため講師さんではなく管理会社の担当さんに灯油補充をお願いしています。

 

私がいるときは私がしますがタイミングによりますね。今はコロナもあり部屋を暖めながらひとりレッスン終わるごとに窓全開で換気しています。

 

先月入会いただいた方にご挨拶すると庭の看板を見て問い合わせしてくれたそうでセンスが微妙なのにありがたい(笑)

 

レッスン終わりの戸締りなどはグループLINEで連絡しあえる今の時代に感謝ですね。

隠れ家の取材現場に立ち会う

蕎麦好き

機能性ディスペプシアという胃腸障害がありグルテンフリー生活をしているため蕎麦を好んで食べています。

 

地元宮城県へ帰省するたびお気に入りのお店へ行くのを楽しみにしています。

教えたくない隠れ家

中学時代の恩師が私の投稿を見てホームページすらないのに必死に探してたどりついたお店へ行くと取材中でした。

f:id:nozosan-net:20201120144929j:image

自治体の広報誌に掲載するらしく撮影機材をセットして蕎麦や天ぷらの位置決めをしているところでした。

 

カメラマンさんはここのお蕎麦を食べたことがなくグルメサイトをいくつか読んで予習してきていました。夏以来久しぶりに来た私は宣伝したいけれどあまり教えたくない複雑な心境で、それでもいかに美味しいかをつい熱く語ってしまいました。

f:id:nozosan-net:20201120144945j:image

撮影終わりにカメラマンさんは撮り終えたお蕎麦を食べて「本当に美味しい‼︎」と舌鼓を打っていました。やっぱりね。

 

期間限定のきのこ蕎麦は土日だけらしく滞在中にもう一度来れるかどうか日程を考えているところです。