のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

なくしものは身代わり

この程度で済んでよかった

いちど手に入れたものはなかなか手放せませんがなにかのひょうしになくしたり落としたりあるあるですよね。そんなときは厄落としだ、この程度で済んでよかったと思えるといいですよね。それこそが運のいい人の考え方かなと思います。縁のあるものはどこかで見つかって再会できたりするもので失ったショックに揺さぶられないほうがいいですね。

 

人との関係性もしかりで昔は転勤や転居で離れるともうなかなか会えないことが多かったですが今はどこでもオンラインで繋がれる時代になりました。だからこそ人を切れない悩みもありますが。

 

2年ほどまえ母の相続事務に区切りがついて庭木の剪定をシルバーセンターに相談しに行きいつもならバックで駐車するのをその日に限って前から停めていました。さて帰りにあそこで用事を済ませて買い物して〜と考えながらギアを入れたとたんガシャーンとすごい音で後ろのガラスが粉々に飛び散って指から出血しました。え、なにが起きたの⁇

 

頭の中が真っ白になりそこに電柱があったことすら忘れていたようです。そのまま車屋さんまで運転して修理を依頼しましたが人を巻き込まなくてよかったねと叔母にいわれました。想定外の出費は痛かったのですが私もケガがなくその程度で済んで幸いでした。連休を挟んでいて1週間かかるよといわれた修理は2日ほどで仕上がり大家さんをしているピアノ教室の保護者さんには「いつも大変そうで、お疲れなんですよ」と同情される始末。それ以来シルバーセンターへは徒歩で行くようになりました。

棚ぼたは種蒔きの結果か天からのお試しか

忘れたころにやってくる

種蒔きをしたらさっさと忘れるほうがいいかもしれませんね。蒔かぬ種ははえぬとか自因自果とか結局はおのれの行いが返ってくるだけですから、よい行いならなおさらいつどんな形でブーメランが飛んでくるかわかりません。楽しみにしつつ忘れるという高度なものです。

 

よくないことをしてしまったら(無自覚だとわからないけれど)どこかで善行を積むとか帳消しにはならないまでも誰かを助けてあげるといいかもしれません。

f:id:nozosan-net:20210924120320j:image

棚ぼた的なことはとうに忘れてしまった種が芽を出したのか天啓かいずれにせよすぐ掴まないと逃げていきますよね。早めの対応なら掴んで失敗だったとしても痛手は少ないしうまくいったら周囲におすそ分けするとよいでしょう。棚ぼたの多い私からのアドバイスです。

こんな70歳に憧れ

小学生のころから大好き

先日Twitterで自宅にあるレコードのこの人誰⁇という話題に釣られてしまった私ですが小学生の頃から伊勢正三さんのファンで大人になってからはなんどかライブ参戦しました。

https://www.ise-shozo.com/

f:id:nozosan-net:20210922175647j:image

22才のわかれは聴いたことのある方も多いんじゃないでしょうか。ミツバチマーヤの冒険の主題歌とかCMにも使われた君と歩いた青春、なごり雪など代表曲はたくさんあります。デビュー50周年なんですね。相方の大久保さんが先日亡くなりあらためて長いあいだ歌い続けていることを知りました。

 

あまりメディアに出ることもなくつねに淡々と自分の音楽を発信する姿勢は若いころから変わりません。あ、もしかしたらかぐや姫の再々結成とか実現するかも⁇

友人の訃報をSNSで知る時代

オンライン葬送

共通の友人の投稿で知った訃報に驚きました。少し前にワクチン接種を済ませたというのを見かけてからその後どうしてるかな⁇と思ってはいましたが。

 

数年前、母の危篤に付き添っているとカバンの中で電話がなりました。出るとその方からでご実家近くの外から風ビュービューの中、認知症のお母様を引き取って面倒をみるため帰省しているのだけれどごきょうだいと諍いがあり話が進まないという内容でした。親に対する温度差があるのはよく聞きますがほかに気軽に相談できる相手がいないのか他人に聞かれたくなくて外から電話をくれたようでした。

 

いつもこのブログを読んでくれていたようで詳細は書けませんが私なりに誠意ある対応はさせていただきました。一応危篤の母に付き添う身ですからまずは自分が立っているだけでも精一杯の状況でした。別の機会にも連絡をくれてお母様と同居できる借家をみつけたとのことでした。

f:id:nozosan-net:20210921160907j:image

まだお若くこれから先もしたいことややるべきことがたくさんあったはずですがご遺族も今後の生活をどうしていくかまだまだ考えられない状況かと思います。私に英語の指導をしてくださるというおはなしまでしていたんですがね。オンライン葬送は参加できませんでしたが多くの方が参列されたそうで安心しました。おわかれっていつも突然ですね。

初対面の人と盛り上がれるわたし

高齢者に好かれるらしい

先日も見知らぬ高齢女性を金物屋さんまでお連れして補助鍵を買うところまで見守りしたり、公園で出会った方と鳩談義したり、海外勤務の多い娘さんの相談をされたりいい意味でやたら高齢者に絡まれます(笑)なにかあるんですかね。どの方も人生経験豊富でけれどコロナ禍で人と会えず発信手段がなく手詰まり感を持っているんじゃないかなぁなんて思っています。

f:id:nozosan-net:20210918200926j:image

お彼岸のお供えの発送手続きに行くと販売員の中年女性が本店だともっと種類豊富で自分もわざわざ行ってみるのだと教えてくれました。

 

遠距離介護中はとにかくない時間をさいてお世話になっている人へのお礼やさまざまな事務手続き、移動の段取りや自分の体調不良の受診などでつねにいっぱいいっぱい。雑談などする暇もなくまったく余裕のないギチギチの生活でした。そういう波長を人はキャッチするものでゆとりのない人にはなしかけるはずないですよね(笑)

 

今も2拠点暮らしで多忙に変わりはないですが介護中に比べれば自由度が高くなり心身に余白もできたようです。その余白にこそよいことが入ってくるのでしょうね。