のぞみのデュアルライフ(2拠点暮らしと養生方法)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ 

サプリで体重は戻ったのか

もとどおりになりたい

機能性ディスペプシアという胃腸障害で食べられず激やせしてから体重が戻りません。37kg台をいったりきたりで痩せているせいか寒がりですぐ疲れます。10月からタンパク質をうまく取り込むためビタミンBサプリを飲みはじめました。

info.dual-life.site

漢方薬でみぞおちや胸のつかえは楽になり胃もたれもほぼありません。しかし昔ほどの量が食べられず体重は戻りません。もうそこまでの食事を必要としてないのでしょうか⁇

銘柄変更

長く飲んできた柴胡桂枝乾姜湯という心理的ストレスにも効果のあるものから加味帰脾湯という栄養が身体に回る効果を期待できるものに変えました。ビタミンBサプリは継続します。長年の介護疲れの回復にはまだ時間が必要なようです。

f:id:nozosan-net:20210126153429j:image

↑冬土用なので鰻で気を補う

初対面の人に2度見されるほど痩せていますが慌てずゆっくりもとの体重に戻れるのを期待しています。

戦車ってお目にかかれないのか

自衛隊が珍しいなんて

先日美容院でお喋りしていて、担当さんがはじめて自衛官さんとすれ違ったときかなり本気のコスプレだと思ったといってて笑えました。

f:id:nozosan-net:20210125135043j:image

私の地元には陸上自衛隊の駐屯地がありお父さんが自衛官の同級生がたくさんいました。転勤族で官舎に暮らしていずれ持ち家を買うのが王道でした。

マニアにはたまらない

戦車、装甲車、ヘリコプターなどマニア垂涎の装備がふつうに見られますから特に珍しくもなく過ごしてきました。一般開放デーには日頃入ることのできない売店でオリジナルグッズを買えたりします。現宮城県知事が防衛大学校OBとして来賓挨拶したりします。

f:id:nozosan-net:20210125135300j:image
f:id:nozosan-net:20210125135310j:image
f:id:nozosan-net:20210125135254j:image
f:id:nozosan-net:20210125135257j:image
f:id:nozosan-net:20210125135303j:image

近年災害派遣などに駆り出されることも多く実家が東日本大震災の被災地でもありかなりお世話になったようです。震災後すぐのサービスエリアでよく休息中の部隊を見かけました。

 

まぢかで接する機会がなかなかない自衛隊は地味な井戸掘りや炊飯など生活に直結した業務もしているんです。

 

(因みに通っているヨガスタジオにも隊員さんがいて明らかにガタイが違うのに驚きました。訓練と違う部分を使うので習いにきているそうです)

介護食って美味しいの⁇

介護食を食べたことありますか

今はドラッグストアやスーパーでも介護食が買えますから便利になりましたよね。離乳食メーカーさんが作っていたり原理は同じですものね。数年前には専門店までできて通販でも買えるようになりました。

http://kamulier-gc.jp/

ケアラーズカフェ(介護者のケアをするカフェ)にかよっていたころ介護食の試食会がありました。当時の母は普通食を箸で食べられていましたが、いずれくる将来のために知っておこうと思いました。

おうちごはん

肉じゃがやハンバーグなどのメニューを皆んなで試食しました。実はお肉じゃなかったり(大豆ミートだったかな)本物そっくりに加工されていて味もまずます。

f:id:nozosan-net:20210124122411j:image

ひとり分だけのおかずを作るなんて無理ですよね。家族分作ってその人用にミキサーなどで潰して食べさせるぐらいしかできません。結果見た目が残念なことになります。

f:id:nozosan-net:20210124124451j:image

↑母の施設給食 その人の噛む力に合わせた魚型のムースなど工夫されている

 

認知症だと料理を認識できなくなりますが、それでも見た目はある程度ほしいよなぁと食事介助の立場からも思います。

お福分けで厄落とし

よいできごとはシェア

過分な、ひとりでいただくにはあまりに多くのラッキーが押し寄せる機会が多く周りの人にお福分けするようにしています。

 

なにしろ10年間母の遠距離介護に通い1度も新幹線の遅延がなかっただけでもついています。そのうえ地域の人や同級生や親戚、介護・医療職の人々に助けられ母を見送ることができました。

恵まれた環境は自分の力じゃない

2拠点暮らしをしつつピアノ教室の大家さん業もしています。なぜ可能なのかは管理会社さんのマネージメントのお陰もありますし、講師さん、生徒さんがそれぞれ頑張ってくれているからです。私は常に裏方で積極的に表に出ることはなくしかし入れ替わりのある習い事に新規さんが入りやすくなる仕掛けをしています。

 

同級生のご主人が定期的にストーブの灯油補充をしてくれたり、ピアノ講師さんが郵便物の取り込みをしてくれたり不在がちの私を常に誰かがフォローしてくれます。

 

湧き出る感謝の持って行き場がないため当人たちへお礼するばかりでなく私のメンテナンスに関わってくれる人々にささやかなお福分けを心がけています(大袈裟なものではなく休憩時間につまめるお菓子程度のもの)

f:id:nozosan-net:20210124100551j:image

お福分けを食べてもその人に厄がつくわけではないのでどうぞご安心を(笑)

子供脳を飼い慣らす

ヒプノセラピー体験

ヒプノセラピストさんがライブ配信でこれまでうまく言語化できなかった部分の補足をしてくれています。我々の脳に大脳辺縁系というパワフルだけど視野が狭い、ワクワク楽しいことが好きだけど責任は取りたくないという子供脳の部分があるということ。

大人としての葛藤

子供脳に対し大脳新皮質という部分は感情と切り離された大人脳でこのふたつの綱引きが物事がうまく進まない原因だということです。

f:id:nozosan-net:20210122145904j:image

仕事で出かけようとするとご主人が「俺のメシはどうなるの⁇」といってきたり、お子さんの急な発熱、親の急病の付き添いなど外側の世界と連動しているのだとか。あるあるですよね。それで結局いつなにが起きても対応できるよう家で待機してるなんていう女性も多いかもしれません。

ドリームキラーの正体は自分

なぜそういう現象が起きるのか。自分の決意がまだ足りないからとのことです。決意を改めると相手の反応や外側の現象も変わるらしく、つまり自分次第でいかようにもシナリオは書き換えられるというわけですね。

 

そういえば私が遠距離介護しつつヨガインストラクターの養成講座を受講するとき「途中で母の容態が急変したら最後まで通えないな」とかすかな不安もありながら1コマも落とさず卒業できました。

 

漢方スクールも介護しながらで同じことを思いましたが途中なにもなく卒業できました(これらは決意と関連づけられるかどうかは不明ですが)

大人の楽しさを教えてあげる

世に与える影響力や責任を取る大人の面白さを子供脳に教えてあげれば、ふたつが綱引きし葛藤するのではなく手を取り合って楽しめるのではないかということです。