のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

自動ブレーキは高齢者の救世主じゃない

最近の情報に疎い

先日、車をぶつけて地元の車屋さんが1週間かかる修理を3日もかからず仕上げてくれて本当に助かりました。

 

最近の車は車体を軽くするためプラスチック素材の一体型ドアが多く、一箇所だけの修理ができず全部交換になるケースが多いのだとか。

自動ブレーキで安心しきっていた

私が通院付き添いするさい必要だし、父が高齢になっても大きな車に乗っているのが不安で数年前に自動ブレーキつき福祉車両に買い換えました。

 

回転シートで身体がぐにゃぐにゃの母を乗り降りさせやすく便利でしたが数回利用しただけでした。

 

障害のある母を乗せた高齢の父にもしものことがあってもどうにかなるだろうと思っていました。

 

しかし雨でワイパーが作動している、雪道などでは自動ブレーキが効かないらしくこれまで無事だったのが奇跡だったようです。

車というよりメカ

いまの車は左に寄りすぎたりセンターラインを踏んだり駐車場で前に人がいる程度でいちいち教えてくれます。

 

高齢ドライバーはそこまでの機能を求めていないというより、わからず使っているのではないでしょうか。

事故防止のために

いろいろと警告してくれる車ですが操作そのものを間違えていたらどうにもなりません。

 

今はアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置まであり、もうそのレベルなら返納したほうがいいんじゃないかと思いますが日常の足を失うのは地方では辛いものです。

 

通院、買い物、金融機関、クリーニングそのた車を使わず移動できる街のつくりになっていません。

 

用事ででかける(キョウヨウ、キョウイク)のはとても大事で、家に引きこもり他者と喋らなくなるとどんどん独りよがりになっていきます。

 

循環バスや乗り合いタクシーなど高齢者が出歩きやすい工夫が認知症予防になると行政もわかってはいるのでしょうけれどなかなか進まず歯痒いですね。

倒木のリスクを考えて庭木を伐採

倒木は周囲に迷惑をかける

千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号

たまたま私の暮らすエリアは無事でしたが、南部は倒木で電気がなかなか復旧せずどうにもならない自然の力を見せつけられました。

 

タイミングよく依頼していた

宮城県の実家は背の高い樹木が多く、綺麗に刈り込んでいれば見栄えもいいのですが台風で折れない保証はありません。

f:id:nozosan-net:20190921074300j:image

父の代でかなり処分しましたが電線に触れそうだったり落ち葉が雨樋や側溝を詰まらせたりなにかとストレスでした。

 

夏まえに地元のシルバーセンターさんに依頼すると「お盆過ぎますけどいいですか?」とのことでした。

手に負えない樹木たち

正直なにが何本あるかわからないほどの庭木ですし思い入れもありませんからバッサリいっても良かったのですが、まだ躊躇していました。

不在でも作業してくれる

職人さんたちは父が生前からお願いしていた人たちで私のざっくりした依頼にもきちんと応えてくれました。

 

予想以上にスッキリしてそのうえもう少し剪定したほうがいいと指摘してくれて改めて依頼することにしました。

不安の種が減った

実家はピアノ教室もやっていますから生徒さんが安心して通えるよう環境整備するのが私の仕事です。生活拠点が離れているだけに不安材料をなるべく減らしたく、今回の伐採でかなり気持ちが楽になりました。

デイサービスへ送り出す朝は戦争

送り出す準備だけでひと仕事

介護施設へデイサービス(日帰りのリハビリ)へ送り出す家族もけっこう大変なんですよ。

着替え洗面食事排泄介助

  母は認知症で要介護2(要支援1.2からあり受けられるサービスはさまざま)からデイサービスに通い始めましたが、さいしょは身支度や食事も自分でやれていました。

 

介護度が進むにつれ自力でやれることが少なくなり父と私がお手伝いするようになりました。

これは認知症のせいか老化のせいかどちらともいえません。

朝はやることが同時多発

自分でベッドから起きられなくなると起こして夜の間の排泄処理(オムツ替え)〜着替え〜洗顔〜食事介助〜歯磨きまでお手伝いが必要です。

 

自分でもなにをすればよいかわからずベルトコンベアに乗せられているような感じだったでしょうね。

 

熱湯で絞ったタオルで顔を拭いて寝ぐせのついた髪を梳かしてあげてその時間はとても幸せでした。

 

食事介助〜歯磨きのあいだもオムツの様子をみつつゴミ出しもしなけれなりません。

施錠しないと出掛けられない

母はアルツハイマーの周辺症状とよばれる徘徊が酷くゴミ出し程度の短時間でも施錠せずに出掛けられないので、転倒しないよう椅子に座らせて急いでゴミ出しに行っていました。

 

私が在宅しているときは見守りできますが、父が1人のときは本当に大変だったと思います。冬は雪かきもありさらに負担でした。

送迎車がくるまでにスタンバイ

あまり早く玄関で待機していても冬は凍えそうな寒さです。インターホンが鳴ったらすぐ出られるようコートや手袋を着せて準備万端にしておきます。

 

スタッフさんに排便の有無など申し送りし送迎車を見送ったらようやく自由時間です。

見送り後はすでに疲れてる

母が出掛けてからようやく後片付けや自分のことができます。何年も介護と並行しながらゴミ屋敷片付けもしていましたから、午前中は廃棄するものをどんどん出して昼食と夕食の買い物と準備〜休息というスケジュールでした。

家族だけの介護は限界と早くきづくために

グループホームの内覧会

おもに精神・知的障がいの利用者さんに共同生活を提供する新しい建物ができたので内覧会に行ってきました。

地域で受け入れられること

数年前に地元の防災訓練に参加したさい、ここで働くスタッフさんもいらして初めてどんな団体なのかわかりました。今どきの若者たちでピアスもしていてお洒落でした。

代表の方とおはなし

内覧会で代表の方と初めておはなししました。なぜこの道へ進んだのか伺うと奥様が精神疾患を発症したことがきっかけだったそうです。

お仕事をやめて新聞配達をしながら活動を広げていき、芸術作品を発表する場や喫茶店を併設する居住スペースを立ち上げ今回新築に至ったとのことです。

工夫された室内

トイレにはシャワーと排水が付いていて、中で粗相してもここで処理できる工夫がされています。私は介護施設の個室トイレをいくつか見てきましたがこれははじめてでした。

f:id:nozosan-net:20190918162200j:image

居住スペースは個室でプライバシーが確保されていて窓には外から見えないマジックミラーのようなフィルムが貼られています。

f:id:nozosan-net:20190918162213j:imagef:id:nozosan-net:20190918162226j:image

利用者さんの食事を作るキッチンと食後の洗い物をする流しは別になっています。

日常の接点がない

スタッフさんや利用者さんと日常の接点があまりないのが残念ですね。しかし美術作品の発表やカフェなども展開していますから気軽に行ってみるのもいいかもしれません。

代表とお喋りしているところにタイミングよく区長さんがいらして「いつまでいるの?」などの雑談をしました。

事業内容をまとめたDVDをいただき利用者さんと奥様がさおり織りという織物を作る活動をされていて、いつもお洒落なお召し物なのに気づきました。

家族だけの介護は限界

代表からの言葉でこれに早く気づければな、と思いました。親がアルツハイマーだったのとケースは異なりますが、本人が楽に生きられる場所が家庭とは限りません。多くの人と接点を持ち抑圧されず自分らしくいられのが当事者同士の支え合いならそれもありなんですから。

不幸中の幸いってこれか

予定外の出費がつづく

帰省のたび生い茂った雑草と伸び放題の樹木の処理にうんざりしています。

 

お盆前に地元友人に草むしりを頼んだものの処分を中途半端にされてしまい次回は別の方法を模索しているところです。

剪定は高所作業

シルバーセンターさんに高い樹木の剪定をお願いしたところ、不在中にかなりすっきり仕上げてくれて帰宅したときとてもいい気分になりました。

 

造園業さんにお願いするより割安ですが述べ6人で丸2日の仕事ですからそれなりの費用です。

 

自分の手に負える広さではないですから人を頼るしかありません。

もっとすっきりさせたい

職人さんが屋根に触れる枝も剪定したほうがいいとアドバイスをくれたのでシルバーセンター事務所へ支払いついでに相談に行きました。

 

聞けば高所作業のできる人が年々減ってきていて、短く伐採するなら今がチャンスかもしれないと匂わす課長の言葉に「お任せします」と依頼してきました。

 

これが済んだら役所で固定資産税の上乗せの均等割りの書面を提出し金融機関も回らなきゃ、と考えながらバックで車を切り替えしたところガシャーンとものすごい音がしてガラスが粉々に割れ車内に落ちてきました。

慣れた場所なのに

そこに電柱があると知ってたはずなのにおかしい。なぜか手の指から血が滲んでいる。急いで近くの車屋さんに駆け込み修理をお願いしました。

人を巻き込まずに済んだ

ガラスとバンパーとバックドアの交換になるため代車で役所へ行って手続きし近くに住む叔母に経緯をはなしました。

 

叔母もこの冬の豪雪でポールが見えずバンパーを凹ませてしまい最近修理したのだというのです。

この程度で済んでよかった

修理は来週には仕上がるし私が不在でもガレージに入れておいてくれるし自己完結の出来事でよかったです。

これは不幸中の幸いという認識でいいのかな。