のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

エンタメ

食指の動きに従いなっとくの出会い

アンテナが反応する 地元の映画館に向かう途中レイングッズの専門店にうっかり立ち寄ってしまい素敵な合羽(レインコート)に出会いました。愛用の10年ものの合羽はなんだか薄汚れてきて雨の日の気分もあがりません。 私は雨に濡れるとすぐ風邪をひくので合羽…

帰省の楽しみはお蕎麦屋さん巡り

グルテンフリー生活 数年前から続けている緩いグルテンフリー生活。小麦粉をすべて排除するのは無理ですからできる範囲で、ということでそこから蕎麦好きになりました。昔は嫌いだったんですがね。 大好きなお蕎麦屋さん 地元に知る人ぞ知る隠れ家があります…

実家を相続した現実

実家を相続するとおきること 実家を相続するとさまざまな手間ひまコストがかかります。親がどんなふうにやっていたか同居でもしていなければきちんと引き継いでいた人は少ないのではないでしょうか。 温水器の故障から害獣まで 父の突然死で急に地方の実家を…

上質な商品には上質な接客も含まれる

ちょっといい買い物 セールやバーゲンでたいして満足してないものを買うのが嫌になってきました。もういい大人ですからね。贅沢品を好むという意味ではなく納得感を大切にしたいのです。 問い合わせてみた お気に入りの帽子メーカーさんに春物の件で問い合わ…

品物を東西という中国語は陰陽五行説から

買い物は买东西 中国語で 買う=买(マイ) もの=东西(東西 ドンシ) あわせて買い物=买东西(マイドンシ)といいます。 東西=もの なんで⁇ 先生に素朴な疑問を投げかけると「聞かれると思ったんだよね」と笑われました。 陰陽五行の図を見たことのある方も多…

この時期の庭仕事

お彼岸時期の作業 まだ雑草も目立たないこの時期アジサイやハマナス、藤などの剪定にぴったりです。アジサイとハマナスは茎がカラカラに乾燥して始末しやすくなっています。花が咲く初夏はお手入れには向きません。 綺麗な花にはトゲがある ハマナスは美しい…

くれない族の反乱

父が好きだった女優さん 父は大原麗子さんと吉永小百合さんが好きでした。おふたりとも可愛くて綺麗ですが雰囲気は正反対ですね。麗子さんはやんちゃで奔放、小百合さんは正統派美人といった感じでしょうか。 むかしむかし「くれない族の反乱」というドラマ…

私のピアノ教室もついにリモートレッスン

学校も習い事もお休み 新型コロナウィルスの余波で私が主宰するピアノ教室も期限なしで休講になりました。運営会社さんの決定事項で保護者さんの安心を考えての判断ですね。 完全予約制でマンツーマンレッスン、鍵盤は毎回拭き取り、1人のレッスンが終わるご…

老师の教材を1番に手に入れた私はやっぱりついてる 天助我也

中国語レッスン 遠距離介護の気晴らしに中国語を習い始めましたがしょっちゅう帰省しているせいもありなかなかまとまった時間が取れません。しかしマンツーマンレッスンで融通が利くのでほそぼそと続けています。 私の老师 中学時代瀋陽から一家で来日した先…

己を整えるのは幸せにつながる

アランの幸福論 ご機嫌でいると幸せになれると聞いたとき「え、なんで⁇」と思いましたがアラン曰く自分の状態が他者に伝染するということです。試しになるべく上機嫌でいる工夫をしたところ私の状態に合うものごとやできごとに遭遇するようになりました。 幸…

お茶と仏教の関係性

喫茶去(きっさこ) 「まぁお茶でも」 仏教の世界でお茶を勧めるときの言葉です。ちなみに同名のミュージシャンもいて現役僧侶と二足の草鞋を履いています。私が檀家になっている臨済宗寺院の住職でもあり、お茶の本場中国でも音楽活動をしています。私は深川…

救援物資に漢詩を添えるセンスに痺れる

袈裟の縁に刺繍されていた ニュースでも話題になりましたが日本から中国へ送る新型肺炎の救援物資の箱に1000年以上前の詩が書かれていました。 https://www.afpbb.com/articles/-/3266316 恥ずかしながら私はこの詩を知らずあとで調べると日本の長屋王が唐の…

ミツマタは紙幣の原料って知ってる?

3つの叉だからミツマタ この時期さまざまな花が咲き出しますが昔どこかで聞いたような花と出会いました。沈丁花にそっくりな黄色い花で3つに枝が分かれて咲くミツマタです。 樹皮は和紙の原料 コウゾやミツマタの樹皮が和紙や紙幣の原料になるとどこかで習…

年初の目標どうなったかな?

今年すでに2ヶ月すぎた 年初に今年の抱負らしきものを掲げてみましたがどうなったでしょうか。もう2ヶ月過ぎてしまいました。 興味の芽を摘まない 不放弃对感兴趣的事情 これまでもピンときたものには飛びつくようにしてきましたが1番大事な自分の感覚を優先…

地域に根差すサークル活動

ウォーキングコースの変更 1日6000歩を日課にしていますが今年からコース変更してみました。ぼんやり知っているつもりだったのに路地裏に新しいお店を発見したり新鮮な驚きがあります。 アンテナが反応 地域コミュニティというものは自分から飛び込まなけれ…

お茶は不老長寿の霊薬

お茶飲みする習慣のない家庭だった 多忙な共働き家庭で育ちましたから急須でお茶を淹れて飲むゆとりはありませんでした。母は祖母のことを「くだらないお茶飲みばかりしている」と批判していましたが要は生活に余裕がなかったんですね。 私も長らくそうだっ…

16時間絶食チャレンジIII

さらに継続 info.dual-life.site 前日の夕飯〜翌昼まで固形物を摂らない生活を2週間続けてみました。午前中のぼんやり力が入らない感覚は減って美味しくランチが食べられるようになりました。だからといって2回で3回分食べられるわけではなく量やたんぱく質…

もはや身体の一部 お気に入りの帽子と出会うには

1年中帽子生活 30代半ばからUVケアも兼ねていつも帽子をかぶっています。はじめはデザインとかあまりどうでもよくて日除けになればな、ぐらいの感覚でした。 顔かたち雰囲気と着てる服 帽子だけみて可愛い、素敵と思っていざかぶるとなぜか似合わない。ある…

お互い宇宙人 全部わかろうとしなくていい

相手のすべてを知りたい⁇ 人それぞれの距離感があってすべて晒すのを仲良しというのであればちょっとキツいですね。気の合う部分だけで付き合うのは都合の良い関係性なのでしょうか。 相手のすべてを知ったところで理解できるのはごく一部。場合によっては嫌…

事后诸葛亮 だと思ってたんだよね

後出しジャンケン 諸葛孔明が使われた熟語があるんですね。 実はそうだと思ってたんだよね、とかだからいったじゃんみたいな場面で使うそうです。この感覚は国が違えど同じなんですね。 新型コロナウィルスの対応 孔明さまならどういうでしょうか。だから水…

東京藝大バッハカンタータクラブの演奏で心が洗われる

大学時代合唱団にいた これはちょっとした黒歴史かもしれませんが当時宗教音楽に興味があって大学入学と同時にオラトリオ合唱団に入りました。 学内で週2と週1で御茶ノ水まで行って夜も練習していました。定期演奏会というのがありそのためだったんですね。…

数秘ナンバー5の私はどんな人⁇

数秘とは 生年月日から割り出す自分に与えられた数字です。 計算してみましょう。↓ https://numero33.net/auto.html 私は5で織田信長やマークザッカーバーグと同じなそうです。 特徴 ざっくりですがアクティブでよく喋り強運の持ち主。思い立ったら考える前…

花粉症に有効な食事療法(私の場合)

酷い花粉症だった お辞儀するだけで涙と鼻水がボトボトおちてきて夜は咳き込んで眠れないほどの花粉症でした。この時期病院は激混みで待合室では別の病気をもらうリスクもあり行きたくありません。 市販薬や目薬で凌いでもまた翌年同じ症状に悩まされます。…

居場所は複数あるほうがいい サードプレイス

家と職場が世界のすべてじゃない 居場所はその2つでも充分ですがどちらも永遠じゃないんですよね。大企業も明日どうなるかわからないし、安心できるはずの家も家族が病気になったり不倫だ失踪だとトラブルが発生したり。 逃げ道は多い方がいい 逃げるのも処…

老舗も郊外移転する時代

あこがれは藤崎デパート 子供のころ年になんどか仙台市内の藤崎デパートに連れて行ってもらうのが楽しみでした。地元には売っていないキャラクターグッズや雑貨など女子なら欲しいものだらけだったのです。 買い物から食事まで 気合の入った買い物をするには…

まだまにあう間近で白鳥を見る方法

超接近できる水鳥の楽園 地元宮城県に伊豆沼という有名な渡り鳥の飛来地があります。冬はマガンや白鳥を夏はハスの花を船で見学できる景勝地です。 http://izunuma.org/ サンクチュアリ 外敵から守られた安全な湿地で飛来するマガンや白鳥は保護されています…

ささやかな楽しみ

生活そのものを味わいたい ながねん介護中心の生活でいつも駆け足で暮らしてきました。制約なしでのんびりすることは難しくいつもなんじまでに戻らなきゃの繰り返しでした。 なんだか心がささくれだっていくのがわかりました。あえて楽しむ時間をつくらない…

なんとなく不調は不定愁訴

女性にありがち 日替わりであちこち不具合があり親の介護と自分の加齢が重なり手放しでゆっくりする時間がとれません。気がかりは解決しておかないといずれ自分が困りますし。 緊張しっぱなし 良いコンディションのため前倒しで休む、面倒な用事や手続きは済…

人工知能で衣類廃棄を減らす未来

大量生産された衣類のゆくえ https://mainichi.jp/articles/20200129/ddm/013/040/020000c 1年間に約15億点もの衣類が売れ残るなんて初めて知りました。ファストファッションなど需要度外視した販売計画をたてる傾向が強いのだとか。年中セールをしているの…

緊急じゃないけど重要なこと

緊急に振り回される人生⁇ 今さらだけど七つの習慣を読み返しています。もう5年以上前に読んでわかったつもりになっていましたが再読。当時このセミナーまで参加した私はどうなったでしょうか? まんがでわかる 7つの習慣 作者: 出版社/メーカー: 宝島社 発売…