のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

エンタメ

都会の人はなぜ地方に憧れるの?

都会暮らししか知らない人は自然たっぷりストレスフリーな未知の世界に憧れるのでしょうか? (雪道の運転や毎朝の雪かき、ストーブに灯油を補充するなど生活の面倒も楽しめますか?とちょっと意地悪な質問 笑) 私は介護のために思いがけなく二拠点居住をする…

地域の交差点を実現するために私がしたこととは

ピアノ教室の大家さんをしているとなんどか綴っています。 もともと昭和47年から祖父がやっていて引き継いだだけなので無能な3代目です(笑) info.dual-life.site 母が認知症になり在宅介護に追われる父はろくに管理もできなくなり、古い建物に古いピアノの…

ダブルイレブンは買い物の日?

いい夫婦の日とか、紅茶の日など日本にもありますが、お隣の中国では11月11日を「独身の日」とし、その日はネットの買い物がかなり割安になるということです。 午前零時を待って一斉に注文するらしく、これだけの人口で混乱しないのかな?と思いますが。 以…

立冬におせち料理を習う

暖かい立冬の日、日本橋OIKAWAさんのおせち料理教室を受講しました。 実習はなく料理長の解説を聞くスタイルで、地方によっては食べる習慣のないものもありますから勉強になりました。 祖父母も両親も共働きで料理をしない家庭で育ちましたから手作りおせち…

馬頭琴が二弦しかないと知った日

弦楽器にはまったく縁がないですからね。でも二胡や馬頭琴の音色は好きで、聴けるとなると足を運びます。 (なぜか大陸に関連するものに惹かれるのは、そろそろモンゴルへ行けという兆しなのかな?) たまたまレクチャーつきの演奏会があり参加すると、馬頭琴…

若者に混じり宇野常寛さんの講義を聴講

どこにも媚びないご自身の意見を発信する宇野常寛氏http://wakusei2nd.com/の講義をずっと聴きたいなぁと思いながら、都合も体力もつかずにいました。 遠距離介護を卒業したタイミングでもあり、ご本人も告知され予約不要なので立教大学まで行ってみました。…

地方の名店は看板も宣伝もない

葬儀で帰省中に小中学校の同級生が営むお店に買い物に行きました。 近所ですが私は早くに地元を離れてしまい行き来のない人も多いのです。 そのお店はお餅や冠婚葬祭のお赤飯や白蒸し(お黒飯)の専門店で、小売は週に2日しかありません。 その日を逃すと買え…

松茸と八海山の贅沢ペアリング体験会

酷暑も落ち着いてきたこの頃、もう松茸の季節ですよね。 いつも値段だけ見て買うことはありません。機会があれば外食でちょっと味うわうぐらいです。 今年は八海山酒造さんのペアリング体験会に参加して、日本橋OIKAWAさんのデモンストレーションのもと美味…

過剰なサービス⁉︎吃饱了(お腹いっぱい)

先日新しくできた中華レストランで店頭のメニューを見るとあっさりしたお粥があり、あまり胃の調子が良くないのでそれを注文しようと入りました。 席に通されると注文システムの説明があり、オープニング記念でセットメニューしかない、しかもワンコイン、さ…

噛めなくなっても味わえる

介護生活が始まり歯を失っていくと食べる楽しみもなくなります。 数年前、そんな人々のために工夫された食材の試食会に参加しました。 当時、よく通っていたケアラーズカフェにメーカーさんがサンプルを持ち込み調理までしてくれて皆んなで試食しました。 今…

あの人が読んでる本が気になる

韓国系ブックカフェへ行き、面白いお話が耳に入ってきました。 私はさほど韓流スターに詳しくないのですが、アイドルやスターが空港にチェックインする際、手に持っている本がなんなのかファンの間ですぐ話題になるそうです。 あの本のタイトルは?どこの出…

未来を感じられるって幸せなんだ

大家さんをしているピアノ教室の発表会を仙台まで聴きに行きました。 私の教室に姉妹で通っていただいている方がいて、お姉さんは受験のため一度退会しましたが、合唱コンクールの伴奏者になったことで再入会してくれました。 姉妹のお母様は転勤で見知らぬ…

気になる場所は行ってみたいもの

近ごろ地方でもブックカフェが増えています。本を販売するだけでなくカフェとのコラボや独自のやり方で垣根を超えた業態が好まれているようです。 イベントやトークショー、英会話レッスンを提供しているところもあり、もはや書店やカフェを超えて人を惹きつ…

逃したオーディションのお誘い

ある日、友人から突如メッセージで「◯月◯日って空いてますか?」という問い合わせがありました。 その日は前から予定があり外せなかったのですが、聞くと来年の大河ドラマのエキストラ募集とのことでした。 えええっ‼︎ 条件は自己紹介レベルの中国語ができる…

智者は時に遅れず勇者は決を留めず

好機を見定めるのが智者で好機を逃さず実行に移せるのが勇者。 黄巾の乱で董卓(とうたく)が放ったことばです。 私は数年前から三國志を読み始めたものの、途中で理解できなくなり止まったままです。 そんなこともあろうかと吉川英治のダイジェスト版を電子書…

芭蕉も絶句した日本三景は遠足で行く場所

実家の温水器が壊れ、疲労も溜まっていたので近くの岩盤浴に行きました。 駐車場がやたら広く平日の朝から賑わっていました。 自宅そばの岩盤浴と多少ルールが違うので受付で教えてもらい、いつも痛い背面とみぞおちをそれぞれ温めました。 鍼灸ドクターに「…

ラッキーカラーの出し方

女性の皆さんなら今日の天気予報ぐらいの感覚で占いに親しまれていると思います。 あれはなぜなんでしょうね。 小学生ぐらいから雑誌の付録などでよく目にするからなのでしょうか。 外れてもさほど落ち込む人は少ないと思います。 その中でよくあるのがラッ…

中国占術と九星の応用で運気の活用

暦で自分の運気を導き出せるの? どうやらできるらしい。そういうツールがあるらしい。じゃできる人に聞きに行くのが早い。 というわけで東洋占星術の小森先生に教えを請いに伺いました。 まず生年月日から8つの属性を導き出し命宮(運気の主作用)を出す、次…

占いランチで手相鑑定

以前、お弁当を買いに行った居酒屋さんがランチタイムに予約制で占いをしているので見てもらいました。 手相鑑定で、もう少しでますかけ線になりそうなところがある。結論としては男運が今ひとつだが他はとても恵まれている。今は母の介護を中心に据え新しい…

自分にとって不必要なものがわからない

モノが溢れる現代社会ですからね。 あれば便利。皆んなが持ってる。 キラーワードですよね。 でも本当に必要なのかな? そこまで考えませんよね。 せっかく来たんだからと食べもしない朝食ビュッフェを山盛り取ってきたり、街で配っているティッシュは取り敢…

タラソテラピー体験

一度行ってみたいと思いながら交通の便があまりよくなく、見合わせていたタラサ志摩へようやく行けました。 去年の父の急死に伴う事務処理や母の入所手配まではどうにか漕ぎ着けたものの、相変わらず深部疲労が取れません。 心からのリラックスなんてできる…

コスプレイヤーはリケジョだった

あまりコスプレに興味がなかったのですが、イベントのゲストにコスプレイヤーさん達が来ていて驚きました。 世界コスプレ選手権というものがあるということ。 世界チャンピオンは中国の方だということ。 衣装は自分で手作りしなければならず、与えられた時間…

音楽療法クラスに緊急参戦

午後から税理士さんと打ち合わせなので午前中に母のズボンを届けに施設へ行きました。 ちょうどお茶の時間で生姜の葛湯を飲ませていると、スタッフさんに「10時から音楽療法だけど参加していきませんか?」と誘われ緊急参戦しました。 何曜日のなんじからと…

孫オタに孫子の兵法を学ぶ

孫子の兵法好きな人を孫オタというらしいですね。隠れオタも多いのだとか。 私はきちんと読んだ経験がないのですが、現代社会でも様々なシーンに応用できるというので教えていただきました。 超訳ものや漫画まであるのでサラッと読めばわかった気になるかも…

わかりあえなさに注目するインタビュー講座

二重被爆者の山口彊氏のインタビュー記事を書籍化した尹雄大さんのワークショップに参加しました。 私はこの本が彼の仕事と知らずに読んでいたのですが、やはり言葉の端々に感じるセンスがなんともいえず秀逸で気に入った部分に付箋を貼っていました。 尹さ…

トンポーローができたわけ

豚の角煮(トンポーロー)がいつ、どんな経緯でできたかご存知でしょうか。 詩人で官僚の蘇東坡(そとうば)が、11世紀に政策に反対した罪で捕らえられ死刑判決を受けました。しかし減刑され湖北省黄岡市に流罪になりました。 https://matome.naver.jp/m/odai/21…

体の知性を取り戻す

正しくあろうとすることが不安を呼び込む。 この不安の背景には社会的な期待にかなうことが良いことだという思い込みがある。 不安の穴を塞ごうとノウハウや想定がひねり出される 。 私の好きすぎるフレーズが散りばめられた本を読みツィートを辿り、やはり…

こういう販促もあるんだ‼︎

地元の百貨店に用事で出掛けたらフォーマルドレスのメーカーさん主催のクラシックコンサートを開催していました。 そこのドレスを着た国立音大卒のアーティスト二人がモデルです。 いわゆるステージドレスというものですね。 彼女たち音大生と一緒に作ったデ…

阿修羅像の作者は渡来人

奈良の興福寺にいらっしゃる阿修羅様が好きで、大阪在住の頃はなんどか拝観しに行きました。 10年ほど前、興福寺リニューアル資金調達のためかトーハク(東京国立博物館)まで出張されてきて、連日大行列の大変な賑わいだったと報道されていました。 私は期間…

心の琴線に触れる演奏

実家がピアノ教室をやっているので常にクラシックの生音が聴こえる環境で生活してきましたが、音楽に造詣が深いなどということはあるはずもなく(笑)粛々と大家さん業にコミットしております。 そんな私が教室のリフォームと新品のグランドピアノを購入する…