のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

生き方

母の席に違う方が座っていた

母がお世話になっていた施設へご挨拶に伺いました。 あまりに急なお別れで仲良しの職員さんや事務さんにも退所の挨拶ができていませんでした。 受け付けで菓子折りを渡してから母のいたユニットへ向かうと、いつも母が座っていた場所はすでに別の利用者さん…

恥ずかしいとこそばゆいの違いを教えて

中国語レッスンで参加しているWeChatグループの先生から「恥ずかしい」と「こそばゆい」の違いを説明して、とメッセージがきました。 私の感覚で回答しようとする前に一応ぐぐりました。 外国人の方にいい加減なことを教えるわけにはいきません。 恥ずかしい…

着たおす→手放すを加速させる

いつも行く百貨店で衣類下取りキャンペーンがあり一回につき15点までの上限を引き取ってもらいました。 リユース目的ですからまだまだ着られる、でも自分の中での旬はとうに過ぎたお洋服たち。 パーティやうちのピアノ教室の発表会などさまざまなシーンで活…

ステルス値上げにきづく方法

100g100円など販売価格と別に表記する定量あたりの単位価格をユニットプライスというんですね。 この表記をしてくれるお店が増えてきましたが、そちらよりは販売価格に目がいきます。昔からのクセですね。 親切に表示されていても小さな数字は老眼には辛くい…

嗜好品の意味を知り驚愕

人を良くするのが食品。 好きなものを口にして日々老いるのが嗜好品。 あっ、そうなんだ‼︎ いやはや今さら知って驚きですね。 確かにいわれてみれば、煙草、お酒、コーヒー、スゥィーツ、ジャンクフードの類は人を良くしませんね(多少は楽しみです) まさか老…

当事者マウンティング

経験者だから理解してもらえるだろうとつい期待しがちですが案外そうでもありません。 あなたの経験と私の経験は違うからやっぱり分かり合えない前提でお話するほうがいいようです。 しかし未経験でも想像力豊かでわからないなりに寄り添える能力の持ち主も…

ここではないどこかに心地よさがあるだろうという淡い期待

地方の田舎育ちですから都会に出ればこれまでと違う人間関係や生活があるんじゃないか、と若かりし頃思っていました。 まぁどこに行っても詮索好きで過干渉な人がいるもので、都会だとその頻度が低いというだけです。 しかし地方だとどこにも逃げ場がなくて…

本当に好きなのかただの習慣なのか

食養生を意識しだしてからこれまでの自分を振り返り本当にコーヒーやスゥィーツが好きなのか、よくよく自問自答しました。 こたえは「そうでもない」 どこへ出掛けてもカフェとスゥィーツの誘惑が。 ちょっとお茶しようとすると選択肢は断然コーヒーが多く3…

ときどき起こる身体の強制終了

連休中は関西と東北の両方を往復し1000km移動しても胃の不調はそれほどなかったのに、休み明け鍼灸治療して帰宅すると夜から嫌な頭痛が。 子供の頃からの頭痛持ちで些細な温度差やストレス、疲れで痛くなり吐き気も伴います。 近年は締め付ける服や靴を避け…

終活年賀状

前倒しの身じまいはもちろん年賀状も含まれます。 この数年めっきり出すことも出す意欲もありませんから、ズルズル付き合いで書くのはもうやめようと思っています。 ちょうど2年連続で不幸があり喪中ハガキを出したのを区切りにやめる決断をしました。 親戚…

実家帰省は多忙の連続

両親が亡くなってもこれまで通りまめに帰省しています。 私自身祖父の代から続くピアノ教室の大家さんでもあり、江戸時代からの隣組と呼ばれる地域コミュニティのメンバーでもあるので。 そして意味なく広い庭は手入れを怠るとすぐジャングルになってしまい…

バイリンガルシニアに聞く健康の秘訣

先日の日中ビジネスランチ会で70歳になろうというシニアの方に若さの秘訣を教えていただきました。 まず家に閉じこもっていてはいけません、と。 それこそ閉じこもるから老化するのか、老化するから閉じこもるのかというところですが。 毎朝の朝食は2パター…

終の住処を探索する旅

10連休はかねてから気になっていた終の住処を探す旅をしてきました。 気になる場所をピックアップして、ネットでわからない部分を現地で体感し具体的なライフスタイルを妄想するというシュミレーションのようなものです。 一つは首都圏の新興住宅地でそこだ…

失って初めて気づく当たり前じゃない普通

母の介護が始まるまで自分も家族も健康なことが当たり前で感謝するなどほぼありませんでした。 だから些細なことで不満を感じ思い通りにならならいことに苛立っていました。 しかし母が認知症を発症しこれまでできていたことが介助なしでできなくなったこと…

病気だからこうなったのか、こうだから病気になったのか

実家は足の踏み場もないゴミ屋敷でした。 ほとんどがもう役目を終えた、もしくは使うタイミングを逃したものばかりで、使えるかもしれないなどと取っておくことが更なる魔窟を生み出す引き金になっていました。 地域のバザーで食器洗剤の詰め替えやその他も…

カーネーションを贈る母がいない

去年までは意識したことがなかったのですが、今年は母の日にプレゼントできる相手がいません。 どんな姿でも生きていてくれることが私のエネルギーになっていたのは間違いないようです。 例年、お喋り介護ロボットやデイサービスに通うときのバッグや衣類な…

平成最後の日にお墓まいり

元号改正を狙ったわけじゃないんですがね、気掛かりを少しでも減らしておきたい気持ちはいつもあります。 平成最後の日、しばらくお参りに行けていなかった尼崎のお墓に行きました。 阪急園田駅からほど近いその墓地は公営で様々な宗派のお墓が入り混じって…

まさかの坂って本当にあるんだ

私の知り合いに、背景を聞いただけだととても恵まれて羨ましい人がいます。 ご夫婦2人とも教育関係のお仕事をしていて世帯年収も高く、お子さん2人とも優秀で国立大のマスター卒で一流企業勤務という、どこかで聞いたような模範家庭です。 下のお子さんが交…

太陰 少陰 太陽 少陽 陰陽平和 自分のタイプは?

この世はすべて五行(木 火 土 金 水)に分類されている、というのが五行説です。 人間も例外なく五種類にわけられるとされています。 古代中国の医学書「黄帝内経」に分類されているので紹介します。 太陰=心は陰険、貪欲、表は謙虚、温厚。本当の気持ちをな…

認知症の親に手を上げたくなったらどうする

認知症の初期段階はふつうと変わらず、たまに物忘れや同じ質問をなんどもしたり鬱陶しいていどです。 歳を重ねれば誰だってそうなるんだしあまり気にしてもね、なんて放置してたらまさかの認知症だった。なんてよくあるパターンです。 初期は本人も病識があ…

昔の勤務先を言わずに人付き合いできますか

よく初めましての集まりに行くと、聞かれる前から昔の勤務先や出身大学を名乗る人がいます。ほとんどが中高年の男性です。 あれ、無自覚なんでしょうね。 というよりそういうコミュニティにしか身を置いてないんでしょうね。 リタイアしたらもう関係ないじゃ…

手土産を選ぶ私なりの基準

遠距離介護は多くの人の協力で成り立っていました。 いくら利用料金を支払っていても、自分でやるべきことをこんなに手伝ってもらってという感謝の気持ちをなんとか表したいと思っていました。 毎回じゃなくても通所施設のスタッフさんやその他お世話になっ…

日中ビジネスランチ会で介護を語る

在日中国人ビジネスマンのランチ会にご招待されました。 なんで私が? 主催者さんとお友達だったご縁でなかなかお会いできない方々とお喋りする機会をいただいたのです。 お友達以外は初めてお会いする方でしかも中国の方が半分。自己紹介を紙に書いていって…

令和を前に親家片やってみませんか

レジャーだ旅行だとやたら煽られる10連休ですが、春土用の時期でもありあまり遠出や普段と違うことは避けた方がいいともいえます。 そうはいっても個々人の判断ですから体調やメンタルとよく相談して無理なく過ごせばよいかと思います。 どこも行くとこがな…

田舎の高齢者の生態

都会暮らしの方が知らないであろう地方の田舎の高齢者の生態を晒しておきます。 65〜74歳の前期高齢者を想像してください。 まず車は必須。いずれ免許返納問題があるにせよまだ自分ごとではありません。 病院、スーパー、郵便局、銀行、クリーニング、地域の…

気分が安定しているとメリットがたくさん

不機嫌や苛立ちはすぐ相手に伝わってしまいます。 時間に追われゆとりなく暮らしていれば待たされることが許せなくなります。 私のことなんですがね。 なにか手続きするのも介護者というのは並行でさまざまな窓口へいくことが多いですから、一箇所で意味なく…

高齢者の免許返納をまじめに考えたい

また高齢ドライバーによる痛ましい事故がありました。 もうなんども議論されてますが高齢になれば誰しも判断力が衰えるのです。 いつまでも立派なわけじゃないんですよ。 自動運転云々の話もまだ開発途中で、先日の芝浦工業大学さんの講座では特定の状況下で…

黄帝内経の令和を翻訳してもらう 正気と邪気

先日の中国語レッスンで「黄帝内経」に新元号の文言があることを解説いただきましたが、古典すぎてよくわからず私の担当鍼灸ドクターに質問しました。 info.dual-life.site 中国語を母国語とされているうえ東洋医学で必修の黄帝内経は熟知しているはずですか…

認知症のママが背中をさすってくれた

認知症の初期は本人も病識(自分がなんかおかしいんじゃないかという意識)がありますが進行していくと病識を失います。 自分が誰でどこにいてお世話している私との関係性も曖昧になります。 長年遠距離で通っていた私は常に緊張感から肩甲骨周りに刺すような…

20時以降は食べない習慣

若い頃から睡眠不足には耐えられなくて疲れる前に休むことにしています。 しかし昔は寝る間を惜しんで努力しろとか昭和な理屈で批判されたものです。 睡眠不足の悪影響は近年注目されていて、脳のゴミ掃除がされずアルツハイマー型認知症の原因になったり、…