のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

生き方

人の話をそのまま聴くってどうするの?

先入観や判断をせず相手のおはなしをそのまま聴くってどういうことなのかダイアログ(相互理解を深める)の会に参加しました。 薬物依存などの方の治療にも使われる療法ですが、日ごろ私たちが思い込みなしでただおはなしを聴く、聴いてもらうことって少ないで…

太れない私が受けたアドバイス

機能性ディスペプシアという胃腸障害でみぞおちがつかえて食べられず激やせして2年経過しました。 ちょっと良くなった気がして普通に食べてもあとからもたれて辛い、また食べられないを繰り返しなかなか適正体重に戻れません。 鍼灸治療と並行して漢方クリニ…

待てない人が多すぎるよね(放长线钓大鱼)

中国語の先生と「日本の女子は生理痛の酷い人が多いよね」という話題になりました。 さすが本場の養生思想で育っただけに気軽に鎮痛剤を飲むとか生理休暇が企業で取れるなど不思議で仕方ないようでした。 確かに私も若い頃は起き上がれず会社を休む寸前の辛…

汁まで飲み干しても苦しくならないラーメン。皇帝茶龍麺のお味はいかに

漢方素材のスープで食べるラーメンなんてなかなかないですよね。 皇帝茶龍麺なだけに素材を集めるだけでも手間なうえに食材そのものが高価です。 販売してもニーズがなければ売れません。 翌日まで胃もたれしそうなイメージのラーメンですが、汁まですべて飲…

観光以上移住未満。関係人口のサポートならできるかも

以前も書いた関係人口のおはなしをソトコトの指田編集長から直接伺う機会がありました。 info.dual-life.site https://sotokoto-online.jp/category/1 かなり前ですがソトコトを読んで十日町のギルドハウスまで出掛けたぐらいです。 https://guild10kamachi.…

すべてを活かしきるなんて無理

頭がはっきりしているうちに身じまいしたいと考えています。 なぜなら親が溜め込むだけ溜め込んだ魔窟のようなゴミ屋敷の片付けに4年もかかり、手つかずの所有地を処分して空き家の解体までして消耗しきったからです。 そこまでしてもなお実家の管理に毎月通…

見えない存在に守られて介護できていた

介護してるというと「大変ね〜」とわかったようなわからないような言葉をかけられます。 経験者だからと共感されるわけでもなく、関わる頻度や密度によるものかと思います。 特に私は遠距離でしたから新幹線のチケット手配からすでに介護が始まっているので…

不調を極限まで我慢する男性が多いらしい

漢方の学びなおしのためいくつか講義を受けています。 そのなかでよくいわれるのが「男性は体調不良をギリギリまで我慢しどうにもならなくなってから駆け込む」症例が多いということです。 なぜ、どうして⁇ 自分の不調は自分が一番わかっていると思ってるか…

揉め事がないのが一番

誰とでも仲良くなんて無理ですが、人間関係の揉め事のないのが一番心が安定します。 周囲と調和が取れているということですね。 しかし選挙時期だけ近寄ってくる人とか、さっさと用事を済ませたい買い物の途中で話しかけてくる人とか避けたい人っているもの…

ラストエンペラーの末裔とお喋り

大叔父が満洲から引き揚げてきたこともあってラストエンペラーに興味を持ち、映画や書籍、おとうと溥傑さんのご自宅へ伺ったり、自分の名前が満洲鉄道の快速列車と同じだったり勝手にご縁を感じていました。 父は満州事変の翌年うまれで祖父がなぜか満洲にち…

漢方薬もAI処方になるかも

問診、聞診、望診、切診をへて「証」(しょう。その人の体質)を導き出して処方される漢方薬がもっと簡単に選べる未来がくるかもしれない。 https://huawave.huawei.com/amp/111 同じ病気でも人によって薬は違う(同病異治) 同じ薬なのに違う病気に効果がある(…

素材をまな板で切って盛り付け配膳するのが動画製作

SNSのライブ配信で漫画をプレゼントします、というクリエイターさんの言葉で応募すると先着でもう決まってしまいましたと連絡が。 代わりに書籍をお譲りします、というので待ち合わせ場所へ行ってみました。 どんな本かしら?と楽しみに向かうとおもむろに波…

減薬の経過そのご

5月から漢方薬の服用回数を減らしました。 はじめは1日3回食前に。 わりと飲むのが苦痛でした。 1回忘れると次のノルマが2倍になります。どんどん溜まっていくのがストレスでした。 症状が緩和してきたので回数を減らしたいと申し出ました。単に面倒だったん…

地方と都会のスーパー対決

地元に新しいスーパーがオープンしました。 母の実家近くに本店があり、懐かしくも嬉しいできごとです。 田舎のわりに昔からちょっと気の利いた商品があり個人的に気に入っていました。 2拠点生活ですから品揃えの違いに目がいきます。 首都圏は意識高い系の…

庭仕事の極意に近づく

父から突如庭仕事を引き継ぎ去年は大変でした。 こんなことなら教わっておけばよかったなぁなんて思っても、遠距離介護しながら樹木の手入れまでやれませんでした。 さほど大きくない藤の蔓がくせ者で、花が終わったあたりからどんどん剪定していかないとあ…

防災訓練のための帰省で認知してもらう努力

母がアルツハイマーを発症してから地域のおつきあいができなくなりました。 そうでなくても人づきあいが下手で、本音で話す、弱みを見せるなどできない人でしたから余計に孤立していきました。 地方の田舎では地域のおつきあいが重要で、なかでも回覧板の班…

鳴り砂で寝食忘れる人生後半戦

先日帰省したおり仙台市営地下鉄荒井駅で「鳴り砂」の展示コーナーに立ち寄りました。 さほど興味もなくスルーしようとしたら鳴り砂研究会の代表の方がとても親切に説明をはじめて帰るタイミングを逃しました。 はるか遠い昔、父と宮城県の十八鳴浜(くぐなり…

新幹線では多様な人と隣り合わせる

いつも停車駅が3つだけのこまちに乗ることにしています。 乗車時間はなるべく短いほうが楽ですから。 八重洲の大丸でお気に入りのお弁当を買って大宮過ぎたあたりで食べ始めてひと眠りするともう仙台です。 先日、大宮すぎてかなり経過してから高齢のご婦人…

意識しだすと急に目につく現象

実家の庭にさほど関心がなかったのに急に引き継ぐことになり、よそのお宅の樹木が気になりだしました。 季節の花はそれなりに知っていましたが、あらためて名前も知らない可憐な草花の存在に気づくようになりました。 自分の家なのにピンクのハナミズキや山…

お土産って砂糖と小麦粉ばかり

先日、日本のお土産がどれもワンパターンじゃないかという話題になりました。 たしかにどこへいっても地名の刻印された煎餅、まんじゅう、クッキーの類がほとんとでもらってもあまり嬉しくありません。といったら失礼になるのかな。 そして材料がほぼ砂糖と…

蓮の実から交配種、ダイオキシンから工作船まで学びの時間

漢方を学んで蓮の実が消化を助け、腎(生命の源)機能を高め精神を安定させるのに効果があると知りました。 漢方講師をしていて生徒さんと一緒に蓮の実のお粥を実食して好評でした。 蓮の実はそんなに売っていないため◯マゾンで購入すると中国の現地のものが届…

介護で2階級特進するなんて

介護の認定調査というものがあり、その人の状態を多方面から評価して介護等級(1〜5)を決定します。 日頃からみてくれているケアマネージャーの意見だけではなく、第三者である認定調査員さん、物忘れ外来の主治医などで審議し役所から決定通知書をもらいます…

癒しにアロマがおすすめな理由

以前通っていた鍼灸院から暑中見舞いハガキが届きました。 今はべつのところで施術を受けているのでもう長らく行っていません。 しかしアロマセラピーも受けられるのを思い出して予約してみました。 台風がそれて蒸し暑い日の午後に行ってみると「しばらくで…

鉄瓶の効果はいかに?

お彼岸で帰省したさい南部鉄瓶を購入しました。 私としてはかなり奮発した買い物でしたが今後の貧血対策としてはお値打ち品と判断したのです。 毎日これで沸かしたお湯で漢方薬やお茶を飲み、炊飯やお味噌汁にも使っていました。 時間のあるときは15分ほど煮…

いつも身体が冷えている

若い頃より確実に寒がりになって冬はいつも寒くて元気がなく、夏場のエアコンも苦手になってきました。 外気は暑いのに首筋が冷えて襟のない服なんて着れません。出掛ける時は必ず上着とストール持参です。半袖で終日過ごすなんてありえません。 加齢もあり…

ブログはたまり場

幻冬社のたっけhttps://twitter.com/@takeee814 さんのお話を聴く機会がありました。 大学生向けですから本業のブロックチェーンには触れず、どんな学生時代を過ごしていたかという内容でした。 西宮ご出身で早稲田大学入学後なにを頑張れば良いのかわからず…

無料を受けとらない世界観

ポイント、おまけ、粗品、2つ買うともう一つもらえる。 ありとあらゆる無料サービスが氾濫していますが、それ本当にほしいのかな? タダだからもらっておかないと損だと思い込んでるだけかも。 もう無料に反応する時代は終焉を迎えたのかもしれません。 だ…

眼を明るく決定づける種子だから決明子 ケツメイシ

先日、日本大学薬学部の薬草植物園で栽培されたお茶をご馳走になりました。 お釈迦様の誕生日に飲む甘茶とステビィア茶、ハブ茶の3種類でした。 甘茶とステビィア茶はびっくりするほど甘く、お砂糖を使わない天然のおいしさを味わえました。 甘いってこうい…

冬病夏治 (とうびょうかち)

冬に出る症状は夏のうちに治しましょうという意味ですね。 夏至を過ぎてから小暑、大暑、立秋にむかいつつある今はとっくに夏本番なんですね。 この陽(よう)の時期に体内に溜まった陰気(冷え)を駆逐しようという考え方が冬病夏治(とうびょうかち)です。…

ドクターショッピングで自暴自棄だった年月

なんども書いてますが肩甲骨のL字の角に刺すような痛みを感じてから8年経ちます。 転居や新しい職場に慣れず疲れてるのかな?と思いマッサージ屋さんや接骨院、アロマセラピー、鍼灸院、整形外科、カイロプラクティック、気功、太極拳、ヨガなど思いつくもの…