のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

時事問題

土いじり、いくつまでやれるかな?

幼少から樹木や草花に囲まれて暮らしていました。 祖父が定年退職してから庭づくりに精を出し200株ほどのバラ園もありました。 芝生にゴルフホールがありパター練習ができました。そのために毎日芝刈りしなければいけませんでした。 高く伸びた竿ヒバは梯子…

檀家さんの気づかいとご先祖様との一体感

実家は臨済宗寺院の檀家で先祖代々が祀られています。 よそのお宅のお参りをしたときささやかな供物やお花をあげるのですが、誰がきたのかわかるよう名刺や名前のハンコを押したカードを置いていく習わしがあります。 今回のお彼岸も私より先に檀家仲間のMさ…

オーラルケアで未来が変わる

歯周病と糖尿病や心疾患の関連など一般にも知られるようになってきました。 自分には関係ないやと思わず大切な歯を丁寧に扱う習慣をつけるといいですよね。 まだまだ日本のオーラルケアが徹底されていないのは国民皆保険のせいなのかわかりませんが、私が幼…

子供部屋おじさん 8050問題

https://nikkan-spa.jp/1558012 中年になっても実家の子供部屋で暮らす男性が話題になっているようですが、私の30年来の友人がまさしくこれに当てはまります。 かなり流行を先取りしていたんですね。 様々な不満を持ちながらも便利な実家からけして出ようと…

侮れないネイルの力

私自身、定期的にネイルサロンに通っていますが、介護の現場でも福祉ネイリストの資格を持つ方が活躍されています。 母がデイサービスに通っていたころ、ときどき指先が綺麗に整えられ桜色のネイルをして帰宅することがありました。 じっとしていられない認…

甘いものと距離を置くために

血糖値だインスリンだ肥満だ虫歯だと減らすに越したことはないのが甘いものですね。 次から次へ欲しくなるおいしさを我慢するぐらいなら少々身体に悪くてもいいやと思います。 私は以前ほぼ毎食後コーヒーとスゥィーツで〆るのを習慣にしていました。 外でお…

リガーデンの需要が増えている背景

今は手間のかかる樹木はあまり好まれないようで、昔の庭や外構を手入れしやすくするのが喜ばれているようです。 リフォーム・リノベーションならぬリガーデンというそうです。 実は私の実家も数年前にリガーデンして以前より楽になったはずですが、無駄に広…

いうこと聞いてなぜ治らないの?と回復を焦る

なかなか肩甲骨周りの痛みが良くならずドクターショッピングを繰り返していた私は、都度アドバイスを真摯に受け止めていました。 長いあいだの間違った身体の使い方やものの考え方、認知症の母の遠距離介護に伴うストレスは数値化できず目に見えません。 第…

iPhonに奥様の写真を貼るガイドさんに案内される

今は地方都市でもおもてなし観光ガイドさんがいて街中の歴史や面白い場所を案内してくれます。 期待せず福井市の観光ガイドさんをお願いすると、元々スーパーの常務までされ、今は農産物の直売所の立ち上げやハローワークで販売や接客を教えたりとにかく多忙…

休み方を知らないと身体がアラームを鳴らす

頭だけで疲れを判断しないほうがいいようです。 若い頃ならそれでもいいでしょう。 しかし加齢で体力気力が下り坂のタイミングに親の介護が重なると自分の限界がわからないものなのです。 もっと大変な人もいるのに。 このぐらいで弱音を吐くなんてできない…

お墓参りだけが供養じゃない

亡き人の足跡を辿る小さな旅。 たとえば暮らしていた場所、行きつけのお店、所属コミュニティへ行ってみる、お付き合いのあった人に直接会ってはなす。 これらは形式的なお墓参りや法要などよりよほど供養になると思います。 現実的には難しいですけれどね。…

親の言動がおかしくなったらセカンドオピニオンも意識して

妖怪並みの若さの父の言動がおかしくなったのは2017年4月でした。 脳神経外科でMRI撮影したところ「小さな脳梗塞が2つと帯状疱疹の跡が悪さしてる」というお見立てで血流を良くするお薬を出されました。 アルツハイマーではないとわかり安心して帰宅すると…

今の過ごし方が夏の健やかさの鍵

まだまだ寒い日もありますが暦の上ではもう春です。 陰陽五行思想で春は肝(気の運行を司る)の季節といわれています。 木や草花が芽吹き我々人間も暖かな気候に浮き足立つ時期です。 服装も薄着になり痴漢が出たりもします。 寒暖差も激しく細菌やウィルスの…

遅刻は相手の寿命を削っていることを肝に命じて

今でこそほとんど怒らない私ですが時間を守れない人に対してはちょっと冷ややかです。 その人がどれだけ素晴らしいスキルを持っていたとしても値踏みしてしまいます。というよりもう時間にルーズというだけでアウトです。 社会生活の基本を守れない、相手の…

曹操の噂をすると本当に来るらしい

あの人ってこうだよね〜、最近こうらしいよ〜 などとはなしていると突然その人が現れたり電話がかかってきたりすることありますよね。 われわれ日本人はその状況を「噂をすれば影」といいます。 同じことを中国語ではなんていうの? 说曹操 曹操就到 shuo ca…

持続可能な未来のためエマワトソンみたいに私にできることは? SDGS

SDGSってなんの略? http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/31737/ 友人が聞きなれない言葉を使っていて、どうやら国連の目標の一つの事業に参加しているというのです。 なんだか壮大なスケールで「???」となりましたが、聞けば地元宮…

忘れた頃に願いが叶う法則

15年ほど前に近くの図書館で田中角栄元首相のご子息の自叙伝を見つけて読みました。 え、息子さんがいたんだ? ご令嬢真紀子さんしか存じ上げていませんでしたから驚きました。 お母様は神楽坂の芸者さんで幼少期はご両親の苗字が違うことが不思議でならなか…

サービス利用は介護放棄じゃないよ

老老介護だと連れ合いのお世話は自分がやらなければ‼︎と思い込んでいる人が多いかと思います。 うちももれなくそうでした。 しかしちょっと待ってください。 何のための介護サービスですか? 自分ひとりでなにもかもお世話できますか?自分の薬じゃないのに…

店頭に足を運んでもらうための極意

若いころ服はお店で買うものでした。 しかし今はスマホから気軽に買って飽きればメルカリに出してみたいに社会構造が変わってきました。 しかし私のような小柄な人だとなかなかそうもいきません。 Mサイズ9号の枠におさまらないマイノリティなのでSサイズの…

害獣駆除はどこに依頼するのが正解か

冬場実家で寝ていると天井裏で足音がします。 感覚的にネズミにしては大きいな、ハクビシンかテンかイタチかしら?などと思いつつ父が買っていた嫌な周波数を出す機械を使うと物音が止みました。 ピアノ教室の生徒さんがもし遭遇したらびっくりしますし、私…

豆乳チャイの落とし穴コンデンスミルク

ゆるくコーヒー断ちしてるのでカフェでお茶するときは紅茶、ハーブティーまたはチャイを選びます。 乳製品も避けているのでなんたらラッテのときは豆乳に替えてもらいます(有料のこともあります) しかしチャイにはコンデンスミルクが入っているのを知りませ…

歴オタの極め話に引き込まれた日 三國志から世界への視点

中国メディアにお勤めだった友人が非公開の勉強会を開いてくれました。 これまでも孫子の兵法の読み方〜解説などオリジナルレジュメを作って講義してくれました。 この資料売れるんじゃね?と思うような内容で、書店で本を探しても辿り着けないような情報が…

ほしければなにか手放そう

両手がふさがったままなにかを欲しがっても持てませんよね。 ゴミだらけで魔窟のようだった実家で殆どの家具・家財を処分したらバリアフリー改修ができて室内も車椅子移動できるようになりました。 高齢親のあれもいる、これもいるを間に受けていたら足の踏…

こんな些細なことが嬉しいなんて

介護中は16時過ぎに母がデイサービスから戻ってきますから夕方に自由時間など持てませんでした。 せいぜい夕飯前にテレビを見ながらお喋りする程度です。それも母は理解できず反応がありません。 本人も手持ち無沙汰で仕方なかっただろうと思います。 先日の…

お札で支払いするようになったら要注意

認知症の初期だと細かい小銭を数えるのが面倒もしくはわからなくなるんですね。 少額の買い物でも毎回お札で支払うのでお財布の中は小銭だらけに。 小銭がたまると缶などに移したりしてまたお札で支払います。 これに早めに気づければ初期の認知症として治療…

自分のツキを実感できた日

母が腰椎の圧迫骨折で救急搬送されたとき、実家はゴミだらけで担架を出せずに裏窓から搬出しました。 最寄りの救急病院は午前中しか受け入れしないと電話で確認していて、ぎりぎりで救急車を呼んだのに間に合わなかったらどうしよう⁉︎ もう泣きそうになりま…

我が事となって初めて理解できる感情

新聞や雑誌の投書欄をみて、起きてることは知らなかった感情を体感するためにあるのかと思うことがあります。 先日は60代半ばすぎの夫が50年ぶりの同窓会に参加して以来、それまで操作方法も怪しかったスマホを手放さなくなったという記事を目にしました。 …

認知症を闘病と表現することに違和感

テレビで芸能人の方が認知症になり闘病生活を送っているなどのナレーションを耳にします。 闘病という言葉に違和感があります。 私としては闘うより受け入れる病という認識だからです。 いろんな考えがあっていいと思いますよ。 でも現時点で治らないのです…

その情報ほしい人いるのになぁ

以前よく通っていたケアラーズカフェ(介護している人が集うカフェ)で、脳出血の後遺症で寝たきりになったお母様を20年近く在宅介護している方と知り合いました。 聞けば痰の吸引や摘便まで自分でやれるようになり、自治体の看護師さんたちが見学にくるほどの…

身体のサビが認知症を引き起こすらしい

またまた芝浦工業大学さんの講座に参加しました。 今回のテーマは「身体の錆が認知症を引き起こす」というもので、アルツハイマーの母を10年介護し軽度認知症と診断された父を見送った私にとって非常に興味深いものでした。 老化の原因には諸説あって有力な…