のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

趣味、気晴らし

若手演奏家の青田買い II

ベルリンフィルの日本人奏者 夏にもソロ演奏会を聴きに行ったファゴット奏者さんがベルリンフィルのメンバーに選ばれ凱旋公演の合間に母校の東京藝大で演奏会をしました。 ベルリンフィルのチケット料金を知っているだけに、奏楽堂ホールでしかも無料で聴け…

機能性ディスペプシアで食べられるもの

砂や小石が詰まった感覚 内視鏡撮影しても特に異常はありませんが、常にみぞおちに砂や小石が詰まった感覚で食べ物を飲み込むのが辛いのです。 なにも食べられない とりあえず食べやすいものを、とアドバイスされ果物ばかり食べて過ごしました。季節を問わず…

頼れる若者を応援したい

スマートなアテンドに助けられる 先日、医療ツーリズムで大連へ行きました。中国語の先生が航空券から宿泊〜案内〜送迎〜レストラン〜お買い物〜両替まですべて手配してくれました。 旅慣れしてる強み 現地の大学を卒業しそのまま就職しなんども往復していま…

狡さがとおる地方の馴れ合い

積雪は毎年のストレス 宮城県の実家は何に数回の大雪で庭が埋もれてしまいます。降雪に合わせて帰省するのも困難ですから父が元気な頃からシルバーセンターさんに雪掻きをお願いしていました。 今年から委託できなくなった シルバーセンターの課長さんから突…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり⑥

1年に2つの葬儀 2018年9月に母は亡くなり私は1年に2つの葬儀を出し喪主を務めました。そのあいだずっと体調不良のままです。 母のいた施設の引き上げや49日法要(父の一周忌といっしょにしました)を済ませたころアコファイドを飲み終わり効き目もいまいちで…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり⑤

脳幹出血 お盆時期に搬送された母は点滴で顔色も良くなりましたが、翌朝片麻痺がみられるとのことで再度搬送されました。私が父の初盆で帰省しているタイミングを知ってのことだったのでしょうか。 父の検死をしてくれたドクターが担当 父が自宅で突然死して…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり④

庭木の手入れと相続事務 2018年7月からアコファイドを飲み始め、手入れが行き届かずジャングルのような実家の草むしりと剪定と父の初盆支度が重なりました。 10ヶ月以内の申告納期限の相続事務が非常に厄介で仙台の税理士さんとの打ち合わせのために日程をや…

本家ののぞみさん 父の名代で法要に参列

満蒙開拓団で大陸へ渡った身内 戦前の国策で満洲へ渡り戦後私の実家で父と兄弟同様に育った父のいとこの法要に参列しました。場所は宮城県白石市で県北出身の私に土地勘はありません。 父から託されていた 私は本家の家督を継いだため父から親戚の冠婚葬祭お…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり②

やはりメンタルストレス 父の突然死に伴う葬儀や要介護5の母の施設入所手続きを1人でしなければならず、合間に千葉へ戻り総合病院を受診すると酷い貧血のため鉄剤と胃の痛みを緩和させるランソプラゾールを処方されました。 怒涛の事務手続き 2017年10月の葬…

機能性ディスペプシア寛解までの道のり

心身一如 ストレスで胃が痛むのは誰しもあることで東洋医学では思いわずらうと脾(消化器官)を痛めるといわれています。 脾は食べたものから気(エネルギー)を作り出す場所でここが弱いと気虚(エネルギー不足)や血虚(栄養不足)になるといわれています。痩せ型…

寝不足は寿命の前借り

寝ずになにかするなんて無理 私が幼少の頃は高度経済成長もあり寝ずに働いてくれた人々のお陰で多くの恩恵を受けられました。寝る間を惜しんで仕事をするのを美徳とする風潮は当時からの名残りでしょうか。 むかし母にきいてみた フルタイム仕事・育児・家事…

中医学の文化祭で気虚を指摘される

日本中医学院の文化祭 通学でもしなければなかなか中医学スクールの中に入る機会はありません。 文化の日、水道橋にある日本中医学院の文化祭へ行ってきました。のんびり出掛けたので予約制の公開講座はすでに満席でした。 体質診断 卒業生さんたちがチェッ…

予約席でも他人が座ってる

やっぱり和食が好き 海外だと食事で体調を崩したりします。若い頃は無自覚でしたがやはり和食が体質に合っているようです。 お手伝いしましょうか 中国のビュッフェでMay I help you?と訊ねられ(英語圏の人間に見えたのか⁇)Japanese foodsと答えると和食ゾー…

中国でSNSを使うには

どこにいてもいつもどおり 中国国内ではSNSが原則使えません(WeChatとweiboは可)日本の友人とメールもできず現地から連絡を入れたいときに困ります。 イモトのWi-Fi 千葉旅券事務所となりのお店で買い物をしたらキャンペーンチラシをもらったのでイモトさん…

罪悪感なく衣類を手放す方法

タンスの肥やし 捨てるには惜しいけど部屋着として着るにもちょっと。という微妙な、自分の中の旬を過ぎた衣類って皆さんもお持ちじゃないでしょうか。 あの時高かった 着倒してない でもこの先日の目を浴びることはなさそう しかし手放さないとシーズンごと…

病院内に日系エステサロンがある

やはり富裕層向け 大連国際医療クリニックさんの敷地には病棟、介護棟、居住区、エステサロン、カフェテリアなどあり医療特区のようなつくりになっています。 エステティックだけの建物があり会員制でスパや岩盤浴やパーティールームまでありました。 日系企…

大連で見かけなかったもの

大都市大連 旧満洲帝国当時の建物と近代的なタワーマンションなどがうまく混在しています。 地震がないせいか建物がすべて巨大です。 街を歩いて見かけなかったものは ①戸建て住宅 ②自転車に乗る人 ③ペット(犬を連れた人)及びペットショップ ④ガーデニングシ…

大連の介護居住区に住む夢

介護施設の居住区 大連国際医療クリニックは介護施設もあり居住区は分譲・賃貸しています。 住民は施設内のビュッフェ(栄養士さんがいる)やリハビリ室やプール、ヨガスタジオも利用できます。 居室は家具家電つき 日当たりのいい広いリビングにベッドルーム…

ウィグル料理はやっぱり辛い

現地ならではの食を楽しみたい 日本でウィグル料理はなかなか食べられません。中国語の先生が手配してくれてショーを見ながら食べられるレストランに連れて行ってくれました。 ダンスと手品がごっちゃ ウィグル美女のセクシーダンスとロシアンルーレットの手…

中国のキャッシュレス化は本当だった

おまかせで楽々 今回の医療ツーリズムは食事も宿泊も移動もすべて中国語の先生におまかせだったためお土産を買う場面でしか現金を使いませんでした。 市場を見学に 地元の人が食材や生活雑貨を買う市場に連れて行ってもらいました。 漢方食材でもある生の棗(…

医療ツーリズムで社員食堂へ

普通の体験じゃつまらない 医療ツーリズムということで大連市内の最新医療施設を見学させていただきました。 日本語の堪能なスタッフさんが広大な敷地内を詳しく説明してくれました。2万平米もあるので午前午後にわけての案内でした。 医療ゾーン 予防医学や…

中国の介護施設は日本方式だった

見学の機会に恵まれた 中国語の先生と現地でフリーペーパーを発行している方との繋がりで、以前から興味のあった中国の介護施設の見学へ行きました。 地域密着型 日本でいうところの小規模多機能施設、いわゆるグループホームを見せていただきました。近くに…

田舎の学問より京の昼寝 実践編III

中国の最新医療・介護施設の見学 これから発展していく国家に避けて通れないのが親の介護です。ひとりっ子政策があり急速な経済発展を遂げた中国も日本と同じような問題を抱えていくでしょう。 主軸は睡眠センターと内視鏡検査 大連市郊外の広大な敷地内にク…

田舎の学問より京の昼寝 実践編II

成田空港は下見が必要 中国語の先生との待ち合わせ場所、レンタルWi-Fiを受け取るカウンターなどフライト時刻の迫った当日に迷ってハラハラは心臓に悪いので前日から下見しておきました。 私も先生も第2ターミナルに待ち合わせのスタバが3軒あることを知らず…

田舎の学問より京の昼寝 実践編

中国語をリアルに使う環境 日本で日本語ネイティブの先生から習うだけだと喋る機会がありません。 中国語だとなんていうのかな?を意識していても頭で考えているのとリアルは違います。 医療ツーリズム 中国語の先生が生徒さんを連れて現地の医療・介護施設…

3ヶ月ごとの歯科受診がコスパ高い説

まめな歯科受診 定期検診を兼ねて3ヶ月おきに歯科受診しています。たいがい問題なくクリーニングだけでおわります。1回3000円ぐらいで年4回。 素人の歯磨きには限界があります。生え方は人それぞれで歯並びが悪ければ特に注意しないと簡単に虫歯になります。…

介護家庭の通信環境

外の世界とやりとりするために 実家は固定電話しかなく、父はゴルフをやめてから連絡がすぐつきすぐ帰宅できる場所しか出掛けなくなったため携帯を解約していました。 母もその程度の行動範囲でしたし、そもそもやりとりする相手がいませんでしたから持つ必…

太るためのアドバイスをもらう 心宽体胖

いつも追い立てられてメンタルが病む 以前も綴りましたが機能性ディスペプシア(胃腸障害)で食べられなくなり激やせして以来なかなか太れません。 10年におよぶ認知症の母の遠距離介護はいつも綱渡りで、こちらの寿命が縮むような出来事に翻弄されました。 結…

移住先は桃源郷か

都会でなんでも手に入った時代 わずか30年ほど前まで都会に暮らせばたいがいのものが手に入り願いは叶うという価値観でした。 楽しい場所も人も都会に集中し地方のよさは内輪の盛り上がりていどでムーブメントになることはほぼありません。 家で用事が済むよ…

遠近両用にはメルスプランがおすすめなわけ

近視はすすむ 40過ぎたら老眼だけが進むと思い込んでいたら近視も進むのだと知りました。 すでにワンデーコンタクトでは矯正できないほどの近視に乱視と老眼まで入り普通のハードレンズしか選択肢がありません。 買い取り方式だと割高かも 度数やレンズの種…