のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

自然災害

台風の名称はこうやって決める

台風に名前がついている 記憶に新しいところでは去年甚大な被害をもたらしたハギビスでしょうか。どうやって名前が決まるか中国語の先生に教わりました。 アジア14カ国で決めている 台風委員会の各国が10個の名称を決めて2000年から運用しているそうです。も…

災害レベルの暑さでエアコンをつけない高齢者

日本はいつから亜熱帯に 連日の猛暑で最高気温が40℃超えとかもう日本は亜熱帯なんですかね。私の幼少期など30℃超えたら今日はえらく暑いな〜なんてはなしていて、それでも朝夕は涼しかったですからね、エアコンのないおうちもありましたよ。 春秋が短く夏冬…

お供えにも地震対策

留守中が心配 いつどこで地震が起きるかわかりませんから背の高い花瓶になみなみ水が入った供花は心配です。お盆やお彼岸で留守にするならなおさらですよね。 アレンジメントフラワー たまたま近くのお花屋さんが素敵なアレンジをしてくれるのを知って数年前…

コロナで飛行機が飛ばないと働く人はなにをしてるの⁇

成田空港は世界へ開く扉 キャビンアテンダントさんがマスクづくりをしたりのニュースはちらほら入ってきましたが、それ以外の業務をする人もいるわけです。じゃその人たちはなにをしてるのかな⁇ https://www.asahi.com/articles/ASN6F7GNXN6DUDCB006.html ま…

外出自粛 2拠点暮らしのリアル

千葉一宮城を毎月往復している よほどのことがなければ認知症の母の介護に毎月帰省する生活をしていました。他界しても相続事務や実家の維持管理のため同じペースで通っています。3月のお彼岸はお墓参りと車検を済ませ、さまざまな雑用と気晴らしをして帰宅…

もとどおりにはならない未来

アフターコロナの世界観 緊急事態宣言が解除されたら行きたい場所へ出掛けて、会いたい人に会って、あのお店で食事して、習い事を再開して・・・先の楽しみを想像しながら自粛生活をしている人が多数じゃないでしょうか。 思いもよらない未来 皆んなが毎日通…

マスク騒動とハンドメイドとSDGs

マスク騒動 現地駐在員さんによるとSARSの経験から台湾では健康保険カードに紐付けされた番号でマスクの購入数を管理しているのだとか。この番号は外国人にも付与されるそうです。日本はおひとり様いくつという制限でしたが店舗を渡り歩けばいくらでも買えま…

私の実家は東日本大震災の被災地です

9年前の生活 宮城県の実家はアルツハイマー型認知症で要介護2の母とその母を介護をする父の2人暮らしでした。老々介護です。 母は軽い物忘れがありましたが受け答えや意思表示はできて簡単な家事はやれていました。いつもニコニコしているためぱっと見認知症…

空き家問題は相続問題

所有者不明の土地 相続時に登記されず所有者がわからない、登記簿上所有者がいても連絡がつかない土地が九州の面積を上回る410万㌶もあるそうです。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48080320R00C19A8000000/ どういう経緯なのでしょう? 相続がややこ…

介護施設はハザードマップのなかに

そこは昔なにがあった場所 介護施設はこの20年ほどで建設されたところが多く、むかし田畑だったところや河川の近くが多いような気がします。 人が住まない理由 治水灌漑工事が今ほどされていなかったむかしは、大雨が降ればここは決壊するとか洪水になるなど…

減災は住まいを選ぶときからはじまっている

首都圏と地方の扱いの違い 台風一過で被害状況が刻々と明らかになってきています。 首都圏直撃となるとここまで警戒されるのに、地方だと残念ながらこれほどまでの呼びかけはされなかったでしょう。 やはり国の中枢機関が集まっていると重要度も違ってくるの…

台風をよけるのも防災

国家レベルの警戒態勢 今回の台風19号は前回の呼びかけや停電対応のまずさからか、かつてないほどの警戒・警告がされました。 被害が起きてからより空振りでもいいから対策するほうがいいのは承知していても毎回たいしたことがなければ危機意識は薄れていき…

倒木のリスクを考えて庭木を伐採

倒木は周囲に迷惑をかける 千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号。 たまたま私の暮らすエリアは無事でしたが、南部は倒木で電気がなかなか復旧せずどうにもならない自然の力を見せつけられました。 タイミングよく依頼していた 宮城県の実家は背の高い樹…

認知症の人は災害弱者

自然災害は地域間で差がある 千葉の台風被害がなかなか報道されず影響の少なかった地域の私は気づくのが遅れました。 SNSのタイムラインに友人たちから惨状があがってきてこれはただごとではないとあらためて知った次第です。 一部区間の運転見合わせ 嵐は9…

自然災害のたび繰り返される通勤地獄

自然には抗えない 関東直撃の台風から一夜明けて山手線は始発から運転見合わせ、再開するかと期待していたら倒木処理で動かない。 近ごろは鉄道会社さんも前日から見合わせますとアナウンスしてくれるようになってきました。 聞いてない、知らない、じゃなく…

花粉症薬が全額自己負担なら寛解方法を試そうよ

健保連の財政危機を救うため国民病とすらよばれる花粉症薬の保険適用をやめる方向で動いているのだとか。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012046141000.html 毎年辛い症状に悩む人々にとって一大事です。 昔の私もそうでした。 ある年の春先…

復興とは元どおりになることではないらしい

実家でピアノ教室をやっていて、帰省のタイミングで管理会社の新しい担当さんがご挨拶にきてくれました。 もともとは父のお友達の奥様が音楽教師で、ご主人の転勤に伴い退職して新任地へついていったもののそのスキルがもったいない。 当時習い事でブームに…

防災訓練のための帰省で認知してもらう努力

母がアルツハイマーを発症してから地域のおつきあいができなくなりました。 そうでなくても人づきあいが下手で、本音で話す、弱みを見せるなどできない人でしたから余計に孤立していきました。 地方の田舎では地域のおつきあいが重要で、なかでも回覧板の班…

屋久島の豪雨にまさかの友人が

50年に一度といわれた先日の屋久島豪雨。 実は救助された人のなかに友人がいて心配していました。 無事戻ってこれた今だから話せることもたくさんあるようで直接おはなしを聞いてきました。 出発時はさほど降っていなくて慣れたガイドさんたちに誘導され、縄…

害獣駆除の現場に立ち会うIII

前回ハクビシンとネズミのトラップを仕掛け通気口を塞ぎ逃げ道を作る施工までしたあと、1回目の確認に叔母が立ち会いしてくれました。 その日はなんの手応えもなく5日後にまた確認すると小さなネズミが一匹かかっていただけでした。 ハクビシンはトラップの…

身元ブレスレットを贈り物にどうぞ

介護していた頃にこの存在を知っていればなぁ、という便利グッズがあとからあとから出てきます。 もとからあったにせよ当時は日々のお世話に必死で調べたり検討する余裕がありませんでした。 I.D.タグに個人情報を刻印したネックレスがあるのは知ってました…

害獣駆除の現場に立ち会う

実家の天井裏の足音に気づいたのが年末あたりで、以前から父がネズミがいそうだとはいっていました。 しかしネズミにしては足音が大きくこれは放置しないほうがいいだろうと思いました。 年明けピアノ教室の照明カバーの汚れに気づきなにかがいることを確信…

いまのやり方だと来年は頼まないよ

毎年実家の雪掻きはシルバーセンターさんにお願いしています。 私が不在でもピアノ教室の生徒さんの駐車場はきちんとしておかないと不便をかけます。 しかし年末からの寒波は尋常ではなく人力での限界がありました。 ちょうど帰省していた日に、知り合いの土…

雪掻きできるかどうか死活問題

冬場の雪掻きはシルバー人材さんをお願いしていますが、今回の年末寒波はちょっと異常な積もり方でした。 日頃から人材センターの課長さんやスタッフさん、近所の叔母や友人などに雪の様子を教えてもらいながら対応しています(遠隔操作か‼︎) 元日の昼過ぎに…

出前のような速さで対応してくれるシルバー人材さん

実家がピアノ教室の大家さんをしていますが、私が不在でも管理会社さんや講師さんたちで運営してくれています。 しかし大雪時、生徒さんの駐車場の除雪は私がやらなければなりません。 離れて暮らす私は父が元気な頃からシルバーセンターさんにお願いしてい…

雪国育ちの私が憧れるのは温暖な地

雪国生まれ育ちですが雪は大の苦手です。 幼少期はスキーや雪合戦やサッカーを存分に楽しんだのですが、やはり雪は生活に支障をきたすものなのです。 都合のいいとこ取りはできませんね。 昔はよく水道管が凍結することがあったので水抜きしたり、夜のうちに…

離れて暮らす親のためにすぐやろう、減災アクション‼︎

そのうち、そのうちと日々の生活に流され準備しないまま災害はやってきます。 これまで何度か書いてますが、私の宮城県の実家は東日本大震災で被災し4日間両親の生死がわかりませんでした。 kaigo-mind.hateblo.jp 停電で電話は繋がらない。 使わないからと…

今朝、慌てて食器を処分

実家がゴミ屋敷のまま東日本大震災で被災したので、そこから片付けスイッチが入りました。 なんじゅう年も溜め込まれたモノを出すだけで疲労困憊。毎月新幹線で通い介護と並行しながら4年の歳月を費やしました。 ライフスタイルが変化したのに昭和の価値観の…

大家さん的地震発生時の対応を再確認 連絡手段を持たないのは助からないのと同じと心得よ

実家でピアノ教室をやっています。 私が滞在中であれば地震発生時も対応できますが、千葉の自宅にいるとどうにもなりません。 今朝すぐに管理会社の担当さんに連絡して、緊急時の対応方法、避難経路を貼り出す等の対策を確認し保護者さん講師さんらと情報共…

不在実家で水道管が破裂

自治会のお世話係さんから実家の水道管が破裂してると叔母経由で連絡があり、またまた遠隔操作で多くの人に動いてもらいました。 今日はちょうどピアノ教室の日で、管理会社の担当メンズが駐車場の雪掻き具合と灯油の補充、ゴミ箱の交換に来ると連絡をもらっ…