のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

災害レベルの暑さでエアコンをつけない高齢者

日本はいつから亜熱帯に

連日の猛暑で最高気温が40℃超えとかもう日本は亜熱帯なんですかね。私の幼少期など30℃超えたら今日はえらく暑いな〜なんてはなしていて、それでも朝夕は涼しかったですからね、エアコンのないおうちもありましたよ。

f:id:nozosan-net:20200820083752j:image

春秋が短く夏冬の寒暖差が極端

今年は梅雨明けが遅くそんなに暑くならずに凌げるかと思っていましたが甘かった。チベット高気圧がどうこういわれてもはやサウナ。そんな状態でも高齢者は暑さも喉の渇きも感じにくく若い家族も同様だろうと思い込んでいます。

昔はエアコンなんかなかった

昭和の戦中派は我慢を強いられてきましたし今とは暑さも違いますからすぐ「もったいない」といいます。熱中症で搬送されるほうが電気代より安いというのがわからないんですね。

 

私は認知症で連日猛暑のなか徘徊を繰り返す母を介護しながら、エアコンなしの掃き溜めのような実家を片付けして何度も倒れそうになりました。

 

暑さはすぐ収まるといいエアコンを買い惜しむ親を恨みましたよ。こんなゴミ屋敷にしておいて自分の後始末もできないくせに、と。

 

高齢者の方には、あなた方の大好きなテレビでも連日適切な冷房を使い熱中症を予防しましょうといってるのだからいうことをきいてといいたいですね。