のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

葬儀の流れおまとめ(宮城県版)III

法事会食が済めばひとまず葬儀はおわりですが、すぐ四十九日と納骨の手配に取り掛かります。 うちの場合は同日に行いましたが、わずか1年のあいだに両親が相次いで亡くなったため父の一周忌法要と母の四十九日・納骨を一緒にすることになりました。 えええっ…

葬儀の流れおまとめ(宮城県版)II

宮城県は火葬が先でそのあとが葬儀です。ここはよその地域とは異なるようです。 お通夜の翌朝8時頃に葬祭ホールを出発し火葬場で喪主挨拶と読経してから火入れします。(火葬時刻は打ち合わせのさい葬儀社さんがスマホから予約を入れてくれます) 2時間ほどの…

葬儀の流れおまとめ(宮城県版)

自宅で枕経や納棺を済ませ、お通夜前日までほとけ様と添い寝します。 毎朝お膳とお団子を新しくします(惣菜で充分です。動物性のものは避ける。お団子も冷凍のが売ってます) 葬儀社さんと葬儀のランクや香典返しの品と通夜振る舞いの料理、数、金額など打ち…

外国人に出身地を紹介する方法

薬膳カフェで中国全省お国自慢大会というイベントに参加しました。 今回は甘粛省出身の学生さんがどんな場所でなにが有名で気候はこうで・・・と日本語で解説してくれました。 そもそも場所がよくわからない、敦煌があるらしい、蘭州牛肉麺で有名ぐらいの知…

体調管理に新しいアイテムを取り入れる

若い頃から基礎体温を測っていたのである程度自分のリズムを掴めていました。 しかし更年期に入り少しずつバイオリズムが狂いはじめ、長年の遠距離介護や2年前に発症した機能性ディスペプシアというみぞおちのつかえで体調がゆらぎっぱなしです。 スクールで…

アドレスホッピング もう家やモノに囚われない

最近特定の住まいを持たず必要最低限のモノだけで生きる若者が増えているようです。 アドレスホッピングというらしいですね。 拠点はシェアオフィスなどで仕事は基本リモートワーク。毎晩寝る場所も会う人も行き先も違う。そもそも通勤という概念がない。 ま…

葬儀に準備していて助かったこと・もの

遺影 info.dual-life.site まだ両親とも元気な頃に着付けしてもらってスタジオ撮影しました。 今は終活が流行っているようですから撮影も元気なうちに済ませておくと安心できますね。 ヘアメイクや衣装なども楽しんで選べる時代です。 葬儀のとき手頃な写真…

本家、分家が理解できない都会人。お家存続って自由がないの?

いまだに地方の田舎だと本家・分家のはなしになります。 ちなみに私は本家ののんちゃんと呼ばれています。 近くに分家があり両親の兄弟・姉妹よりも親しく頻繁に行き来していて鍵も預けています。 当然おかずをタッパーでやり取りしたり、お返しにどこかのお…

インフルやノロに罹患すると自宅待機させられる高齢者

母がショートステイ(お泊り)を利用していた頃、介護施設から連絡があり「インフル発症したようなのでお迎えに来てください」と連絡がありました。 ええっと家で見れないからお願いしてるんですけど? しかも年末年始で私も偶然帰省していたから対応できまし…

気虚の人は寒がり

見るからに虚弱っぽい私なので、東洋医学の体質診断では間違いなく気虚に当てはまります。 気虚の人はエネルギー不足なので熱を作り出す力が弱く冷え性だったり寒がりだったりします。 食べることが大好きなのに消化力が弱くすぐもたれてしまいます。 胃をカ…

移住のメリットデメリット

都会暮らしに疲れたからセカンドライフは野菜を作ってのんびり暮らしたい。 政府も地方移住を促進してるしのっかってみたい。 旅行で訪れる大好きな地方があっていずれは住んでみたい。 いいと思います。 でもね、都会しか知らない人には理解できないローカ…

助かった命だから大切にするよ

先日の同窓会で幼稚園から一緒だった友人と久しぶりに話すと、40代で肺癌が見つかりとりあえず完治したということでした。 見た目は健康そうでいい感じの中年になっていました。 抗がん剤治療で髪がなくなって〜と笑っていましたがかなり辛かったはずです。 …

どんな介護スタイルにするか選ぶのは自分

親に介護が必要になったから同居してお世話をする。 またはヘルパーさんやデイサービスを上手く取り入れ月に何回か通って自分の生活をあまり変えずにお世話する。 どちらもありでしょう。 いずれを選ぶにせよ決めるのは自分であり、己との対話ができていない…

調味料は必要最小限

さしすせそ(砂糖 塩 醤油 酢 味噌)が基本といわれていますがそもそも砂糖が家にありません。 いつのまにか必要としなくなって長くなりました。 代わりに照りと甘みを味醂で代用します。 他にソースやケチャップ、マヨネーズの類もありません。ドレッシングも…

2年続けて相続事務に忙殺される

帰省から自宅に戻ってようやく母の年金停止の書類に取りかかりました。 父のときも経験しているから今回はさほど大変じゃないだろうと思っていたら、最後の最後に介護施設の署名捺印が必要だとわかりました。 昨日戻ったばかりなのに。 母が暮らしていた施設…

肉体を失ってもその人は存在している

あ、なんかスピリチュアルふうで怪しいけど(笑)これはたびたび実感することなんです。 実家の照明を全部消して出掛けたはずなのに、帰宅すると2階の私の部屋や仏間の灯りがついていたり、あれ、今だれかいるのかな?というような出来事があります。 そんな…

同級生は宝物

地方の田舎だと学校区が1つしかなくて幼稚園から高校までずっと一緒、親同士も知り合いだったり遠い親戚だったりとかく息が詰まるものです。 自意識過剰な私はそういう環境が嫌で早いうちに地元を出てしまいました。 なにしろどこへ行っても知り合いだらけ…

所有で心は満たされない

本音を語れる友達がいなかった母は、常に人前でいい人を演じるストレスを買い物で紛らわせていました。 買い物の高揚感はいっときのことで持続性はありません。 すぐにまた別の買い物で虚しい気持ちを紛らわせようとします。 欲しくて買ったわけではないガラ…

明日生きてると限らないから会いたい人には会っておこう

終戦後、満洲から我が家に引き揚げてきた親戚のおじさんと去年の夏に初めて会いましたが、昨年末亡くなっていました。 info.dual-life.site 父と兄弟同然に育ったのに父が亡くなったことを知らなかった、お墓まいりしてお線香をあげたいとわざわざ連絡をもら…

母の入所施設へご挨拶に

去年の9月に母の容態が急変して介護施設を慌ただしく退所しました。 入院先のドクターがもう施設へ戻ることはないと判断したため、簡単な書面を出して1年にも満たない施設での生活が終了しました。 母の個室のタンスや衣類などはそのまま次の方に利用しても…

雪掻きできるかどうか死活問題

冬場の雪掻きはシルバー人材さんをお願いしていますが、今回の年末寒波はちょっと異常な積もり方でした。 日頃から人材センターの課長さんやスタッフさん、近所の叔母や友人などに雪の様子を教えてもらいながら対応しています(遠隔操作か‼︎) 元日の昼過ぎに…

同窓会で36年前にタイムスリップ

地元で小中学校の同窓会に出席しました。 高校から遠くへ通いそのあと上京してあちこち転居〜遠距離介護と慌ただしく、同級生の繋がりはさほどありませんでした。 今回たまたま声をかけてもらえたので参加してみたところ、最初誰かわからずでも喋っているう…

出前のような速さで対応してくれるシルバー人材さん

実家がピアノ教室の大家さんをしていますが、私が不在でも管理会社さんや講師さんたちで運営してくれています。 しかし大雪時、生徒さんの駐車場の除雪は私がやらなければなりません。 離れて暮らす私は父が元気な頃からシルバーセンターさんにお願いしてい…

脾(ひ)が弱いからひよわ⁉︎

最近知って、ああそうなんだ‼︎と納得。 脾(ひ)は気血を作り出す場所。 飲食物から作られる後天の精を気(エネルギー)と血(栄養)に変換する場所。 気血が不足すれば元気のない栄養の偏った病気がちの弱々しい状態=ひよわになるのですね。なるほど‼︎ 健康はま…

雪国育ちの私が憧れるのは温暖な地

雪国生まれ育ちですが雪は大の苦手です。 幼少期はスキーや雪合戦やサッカーを存分に楽しんだのですが、やはり雪は生活に支障をきたすものなのです。 都合のいいとこ取りはできませんね。 昔はよく水道管が凍結することがあったので水抜きしたり、夜のうちに…

母から財布を取り上げたタイミング

買ったことを忘れてますからね、今日ボールペン10本買っても翌日また同じだけ買ってきます。 ノック式ならまだしもキャップ式のボールペンを使ってそのまま放置してたらいずれ書けなくなります。 叔母が「お湯で温めるとインクが出るようになるよ」って。 あ…

1日6000歩ほんとうに歩けてるのか?

1日6000歩の #ハッシュタグをつけて花の写真をインスタにポストしてます。 https://instagram.com/takenakanozomi?r=nametag 歩くようになっておよそ1年。ほんとうに歩けてるのか? はい、歩けてます。 花の写真を撮る楽しみがあるのでなんとか継続できてい…

自然の摂理に沿う生き方が最強ってことか

漢方スクール時代に名前は聞いても中身は理解できなかった「黄帝内経」(こうていだいけい)を漫画で読んでみました。 古代の中国に黄帝という伝説上の帝王がいて、師匠との問答を表したものです。 昔の人は100歳を超えても衰えることはないと聞いたが、なぜ今…

具合の悪い日も含めて自分を愛そう

加齢もあって毎日が絶好調‼︎なんて殆どありません。 心身ともに心地よい日など年に数えるほどです。 以前もなんどか綴っていますが、更年期の不調(肩甲骨かどの膏肓というところが7年も痛みます)に加えて遠くに暮らす認知症の母の介護で心身ともに揺らぎっぱ…

今年の10大ニュース

①母とのお別れ 10年遠距離介護していた母とついにお別れの日が。あまりにあっけなくていまだに信じられません。 ②漢方講師デビュー 急にお声がけいただき学びの途中の身でありながら教える立場に。大変でしたがアウトプットで知識が深まりました。 ③機能性デ…