のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

倒木のリスクを考えて庭木を伐採

倒木は周囲に迷惑をかける

千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号

たまたま私の暮らすエリアは無事でしたが、南部は倒木で電気がなかなか復旧せずどうにもならない自然の力を見せつけられました。

 

タイミングよく依頼していた

宮城県の実家は背の高い樹木が多く、綺麗に刈り込んでいれば見栄えもいいのですが台風で折れない保証はありません。

f:id:nozosan-net:20190921074300j:image

父の代でかなり処分しましたが電線に触れそうだったり落ち葉が雨樋や側溝を詰まらせたりなにかとストレスでした。

 

夏まえに地元のシルバーセンターさんに依頼すると「お盆過ぎますけどいいですか?」とのことでした。

手に負えない樹木たち

正直なにが何本あるかわからないほどの庭木ですし思い入れもありませんからバッサリいっても良かったのですが、まだ躊躇していました。

不在でも作業してくれる

職人さんたちは父が生前からお願いしていた人たちで私のざっくりした依頼にもきちんと応えてくれました。

 

予想以上にスッキリしてそのうえもう少し剪定したほうがいいと指摘してくれて改めて依頼することにしました。

不安の種が減った

実家はピアノ教室もやっていますから生徒さんが安心して通えるよう環境整備するのが私の仕事です。生活拠点が離れているだけに不安材料をなるべく減らしたく、今回の伐採でかなり気持ちが楽になりました。