のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

失敗を自由に発信できる社会

なにをもって失敗というのかよくわかりませんが、順調じゃないとか、周囲と足並みが揃わないとか、騙されたとかそんなニュアンスでしょうか。

 

先日ある著名な方が失敗を自由に発信できる社会と発言していて、いいフレーズだなと思いました。

 

若い頃は目先の結果に一喜一憂しがちですが、中年過ぎるとどうなるか思いもよらない方向にいくのが経験値としてわかるので、あまり右往左往しなくなります。(当社比)

 

但しみんながそうではないですし、私など天命を知る歳を過ぎても未だにアタフタしてしまいますが。

 

起きる出来事はただのトピックスでしかない。もはや話のネタともいえるかもしれません。

 

だから失敗も成功もなくて、その後どんなふうに歩むかだけなのでしょうね。

 

失敗したから活かさなきゃ‼︎と気負う必要もなさそうですし、まぁそれをどう受け止めるかだけなのかなと。

 

というと随分無味乾燥な人みたいに聞こえますが、感情が老化してきているのか、最善なことしか起きないと確信してのことなのかはわかりません。