のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

私不在で回り始めた庭仕事

初盆を控えて庭仕事のため帰省するにも、他の用事も山盛りのうえ連日の暑さも手伝って追いつきません。

 

これまでは父が毎日コツコツ草むしりや剪定をしていたお陰で綺麗な庭が保たれていたのでした。

 

去年までの私はとにかく室内のガラクタを出すことと母の介護、言動行動がおかしくなってきた父の通院付き添いで余裕がありませんでした。

f:id:nozosan-net:20180717202712j:image

今年は自分なりに格闘しましたが、ジャングルのように生い茂った草木は想像以上に手強く暑さにやられてぐったりです。

 

そんなに長く滞在もできませんしやれることは限られています。

 

合間に役所に手続きに行ったり税理士さんと打ち合わせしたりもうヘロヘロでした。

 

加えてストレスからのみぞおちのつかえや胃の痛みで体調も崩していました。

 

疲れているから体力つけなきゃ、食べよう‼︎でも痛くて辛くて食べられない。

 

もう何年も長距離移動しながらの介護と片付けで疲労困憊です。

 

そんななか父からのお使いのような人が突如現れたり、地元の介護仲間が名乗りを上げてくれてかなり庭がすっきりしました。有難い‼︎

 

父からの使者?と介護仲間は私不在の場でどのように仕事を進めていくか話し合いをし、見栄えよく仕上げてくれました。

 

思いもよらない展開でそれぞれから連絡をもらい、叔母からも報告を受け胸のつかえがかなり取れました。

 

なんだか不思議なことばかり起こるけれど、どうやらまたいつものシンクロのようです。