のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

歴史散歩の〆は地元の銭湯できめる

余白をもつスケジュール

西宮で法事会食と女子会を済ませもう一泊してからゆっくり帰宅することにしました。これまでは介護や用事を済ませたら駆け足で移動していたのです。

地元人とはなすのが一番

観光地は検索すれば出てくるしガイドブックにも載ってるため既視感もありワクワクしません。宿泊したホテルのフロントマンが街歩きのおすすめを教えてくれたお陰で意図せず三田藩九鬼(くき)家住宅にたどり着きました。

候補はほかにもあった

少し離れた有名なロールケーキ屋さんなどもオススメされて最初はそちらに心が傾きましたが、天気も良く暖かかったので散策を選びました。

 

迷いながら歩いているうちにいい雰囲気のお屋敷を見つけ、うっかり入ってしまったところそこが九鬼さんのおうちでした。

https://hankita-tourism.jp/spot/536/

三田ニュータウンは神戸市の開発

親戚が暮らす三田ニュータウンはもとは雑木林。そこを開発したのが神戸市だそうでベッドタウンとして大規模団地や戸建て住宅が並んでいます。

 

だから私も人と自然の博物館などがあるエリアを三田と認識していて、九鬼一族のお屋敷がある旧市街地のことはまったく知りませんでした。

鉄道技術者

この和洋折衷住宅は鉄道技術者でもあった九鬼隆範の設計で、一階は日本家屋二階はバルコニーのある西洋建築になっています。

f:id:nozosan-net:20191126072833j:imagef:id:nozosan-net:20191126072850j:image

菩提寺新月

一族の菩提寺はお宅から歩いて10分ほどの新月院で九鬼一族だけのお墓が塀で囲ってありかなり広い敷地です。しかもこのお寺には白洲次郎夫妻のお墓があると私もはじめて知りました。

https://www.city.sanda.lg.jp/shisetsu/160.html

f:id:nozosan-net:20191126072901j:image

散策の〆は地元の銭湯

身体を伸ばして温まりたくて16時から地元の銭湯へ行きました。

f:id:nozosan-net:20191126072909j:image

まだ明るく貸し切り。深くて身体を伸ばせる浴槽でしっかり温まり(さいきん膝の冷えがあるのです)12000歩あるいた疲れと前日の法事疲れを癒せました。なんて贅沢な過ごし方‼︎