のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

1日6000歩を継続できる理由

いわれたことは一応守ります。でも義務感だけでは続かないので土砂降りや嵐の日まで無理しません。

 

1日6000歩を目安に歩いてみてと鍼灸ドクターにアドバイスされ、それなりの距離だし毎日は面倒だなと思っていました。

 

ところが2月ぐらいからやってみると意外にできていたんですね。

 

まだ寒く雪の降る日も、ちょっと離れたお店まで買い物に行くだけでそれなりの歩数になることがわかりました。

 

意識したことすらなかった歩数のアプリを見るのが楽しみになりました。

 

性格的に6000歩にならない日がストレスになるかと心配していましたが、そんな気持ちにもならず今のところ楽しく歩けています。

 

おそらく途中で季節の花を眺めたり撮影する楽しみがあるからだと思います。

 

花の命は短くて、昨日半分開いていたのに翌日の夕方はすでに盛りを過ぎているなんていうことがあります。

 

ベストタイミングに出会いたければ、自分が花に合わせるよりありません。

 

いま楽しみにしているのは近くのお宅の庭先から道にはみ出している白藤です。

f:id:nozosan-net:20180415210010j:image

花は開いていますがまだ6分咲きぐらいです。

 

そら豆の鞘のような中にぎっしり詰まった蕾が少しずつ開いていくのは本当に見応えがあります。

 

今日も花を楽しみに無理なく6000歩を目安に歩いてみます。