のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

自分のツキを実感できた日

母が腰椎の圧迫骨折で救急搬送されたとき、実家はゴミだらけで担架を出せずに裏窓から搬出しました。

 

最寄りの救急病院は午前中しか受け入れしないと電話で確認していて、ぎりぎりで救急車を呼んだのに間に合わなかったらどうしよう⁉︎

 

もう泣きそうになりましたよ。あまり遠くの病院へ搬送されても付き添いや面会が辛いですから。

 

なんとか病院に到着するとレントゲン撮影のため入れ歯を外してくださいといわれましたが私は怖くてできませんでした。

 

担当ナースが母の口に手を突っ込んで器用にカクカクと入れ歯を外してくれました。

 

部分入れ歯は複雑でこの金具をどこに引っかけるのか?迷っているうちに母は苦しくて口を閉じようとします。

 

付き添いの父はオロオロするし私だって初めてのことでどうすればいいかわからないし。

 

医療関係者は緊急でも冷静に対応してくれたのが救いでした。

 

撮影室まで付き添えませんから、状況理解できず不安そうな母をお任せして外で待つだけでした。

 

画像を見ても骨折とはっきりわかる状態でもなく、言葉を話せない母は痛がるだけでおそらくヒビじゃないか?という診断でした。

 

その日は福祉用具のメーカーさんが来ていてその場でコルセットの採寸をしてすぐ作りますよ、と手配してくれました。

 

私がたまたま帰省していた。最寄りの外来に搬送された。福祉用具メーカーさんが来ている日だった。大きな骨折ではなかった。

 

いたるところにツキがありました。

 

ついてる。やっぱりいつでもどんな状況でもどうにかなる。

 

バラバラに落ちている鍵を拾うと次の扉が開く感覚。

 

そう、これなんだ‼︎

 

もう策がない、と勝手に思い込んでるのは自分だけ。

 

その後介護タクシーもすぐにつかまって帰宅できました。(メーター料金+3000円)

 

その週母はコルセットをしたまま施設の遠足で仙台の定義山へお出掛けし、お土産に名物の油揚げを買ってきてくれました。

 

母がついてるのか私がついてるのかは今のところわかりません。