のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

夢の叶え方 1割の計画性だけでかこさとし記念館へ

幼少からだるまちゃんシリーズや玉子とにわとりの絵本など「かこさとしかがくの本」の大ファンでした。

 

2年ほど前に都内で展覧会がありましたが期間が短く行けずじまいでした。

 

からすのパン屋さんシリーズは復刻版でセット販売までされているし、なんとかまとめて見ることはできないだろうか?(書店ではなく展示の形で)

f:id:nozosan-net:20190309215118j:image

どうやらかこ先生の地元に記念館があるらしい。

 

そこまではわかりましたが果たして絵本の展示のためだけに福井まで行くのってどうなの?

 

とは思いつつやっぱり行かないと死ぬとき後悔しそうです。

 

これまでなら最小コストで最大パフォーマンスをあげようと事前に調べたり計画したりしていましたが、もうそんなことに興味も失せ成り行き任せにしてみました。

 

一割の計画性と九割の偶発性ですね。

 

福井駅前や武生駅前の案内所で親切に教えていただき、巡回バスで乗り合わせた地元民とお喋りを楽しみながら記念館に到着しました。

 

派手さはありませんがかこ先生の著作物の大半がありファン垂涎の場所です。

 

からすのパン屋さんやだるまちゃんのコスプレ衣装もあり撮影コーナーが設けられています。

 

歴史ものや元素記号をわかりやすく解説した本があることも初めて知り、スタッフさんが熱く語るので後から買うため写真を撮っておきました。

 

「これ教科書にしたいぐらいですよ」というほどの内容で勉強嫌いの大人でもすんなり入っていけそうな構成です。

 

アンケートを書くと遠くから来てくれたからと非売品のポストカードと栞をいただきました。

 

お昼は親切に越前そばの有名店まで案内していただき初めておろし山かけそばを食べました。

 

巡回バスの中はかこ先生が作詞した曲が流れていたり、越前市の成人式はかこ先生の色紙がもらえるなど地元の方に教わりました。

 

成り行き任せのわりに出会う人々に親切にしていただき、さほど調べずとも充分すぎるほど満足できた旅でした。