のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

秋土用は実家片付けのベストシーズン

20日から秋の土用に入りました。

 

季節の変わり目、冬に向けて少し養生しましょうという時期ですね。

 

この時期、土木工事や遠出は避けた方がよいとされていますがむしろしたほうがよいとされているのが大掃除や片付けですね。

 

私は実家片付けと並行しながら認知症の母の介護に新幹線で通いヘトヘトになりました。

 

体感からお片づけに適する季節がわかりました。

 

観光シーズンと同じ春と秋なんですね。

 

まさにいま‼︎

 

しかしこのベストシーズン遊びに行きたいですよねぇ。

 

旅行に快適なのと同じ、冷暖房なしで大きな家具を動かしたり衣類整理したり写真や書類を処分するにはもってこいの環境です。

 

どこで折り合いをつけるか人それぞれですが、長い休みの取れる夏や冬はお盆やレジャー、暑すぎる寒すぎるでなかなか捗りません。

 

私の体感としても魔窟のような高齢者宅の片付けは、たいがいどこから手をつければよいか途方にくれるところからスタートなので、集中できるのはせいぜい2時間まで。

 

エアコンなしで動ける快適な季節でもそのぐらいですから、冬物を出すタイミングで衣類の点検をし、痛んでるものは思い切って処分してみてはどうでしょう。

 

高齢者は「もったいない、まだ着れるのに‼︎」と反発必至ですが、それは無限ループです。

 

私は両親が亡くなりまだ大量の衣類がありますが、母のものは施設の着替えに家具ごと引き取ってもらい、家のものも私とサイズが同じなので滞在中の着替え用にしてどんどん減らしていきます。

 

この程度で済んでいるのも一度ほとんど処分していたお陰です。

 

今の私が当時の自分に感謝しています。