のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

車内誌を見て閃いたから弾丸トラベル

JR東日本の新幹線を利用する方なら誰でも知っているトランヴェールという車内誌が座席の背中に入ってます。

 

毎月新幹線で介護帰省するようになって以来、その月の特集をパラパラめくっては旅行に出掛ける心のゆとりなんかないなぁと冷めた感覚で眺めていました。

 

今年になってからなぜか東日本管轄ではない北陸が特集されていました。

 

これって新幹線で出掛けてほしいということよね?

 

介護卒業後も相続やその他の雑務で心が休まりません。

 

相変わらず肩甲骨周りの痛みとみぞおちのつかえに悩まされ通院も続けています。

 

思い切った気晴らしが必要なのではないかと判断し次の帰省前に行ってみることにしました。

 

なんとなしに直感で決めた日程が占いの暗剣殺(運気の良くない時期)の抜けた日だったのも奇遇でした。

 

あ、なんかついてる。

 

たびたび起きるシンクロです。

 

もうそれだけで間違いないなと確信し、あまり調べたりせず現地で聞いて教えてもらうことにしました(単純に疲れて面倒だったのです)

 

出発当日は朝から土砂降り。ゆっくり出掛けて身体を休め永平寺への行き方を確認し、翌日は快晴のなかのんびり参拝できました。

f:id:nozosan-net:20190314080017j:image

去年の今ごろは大雪で高速が立ち往生したのは記憶に新しいところです。

 

永平寺は多くの雲水さん(修行僧)がお務めしていて読経時間にも間に合いました。

 

その後、トランヴェールに掲載されていた門前のお蕎麦屋さんで精進料理セットをいただき有名な胡麻豆腐も越前そばも両方味わえました。

f:id:nozosan-net:20190314080037j:image

実はこういう経緯で来たんですと店主に話すと「11月頃の取材だったんですよ」ととても喜んでいました。

 

おそらく誌面を見て来る人がどれだけいるか期待していなかったのでしょう。

 

トランヴェールを見たときの閃きは間違っていなかったようで、往復は雨降り滞在中はずっと快晴でとても恵まれた日程でした。