のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

己を整えるのは幸せにつながる

アランの幸福論

ご機嫌でいると幸せになれると聞いたとき「え、なんで⁇」と思いましたがアラン曰く自分の状態が他者に伝染するということです。試しになるべく上機嫌でいる工夫をしたところ私の状態に合うものごとやできごとに遭遇するようになりました。

幸福論 (岩波文庫)

幸福論 (岩波文庫)

  • 作者:アラン
  • 発売日: 1998/01/16
  • メディア: 文庫
 

不機嫌も伝染する

ちょっとしたことが思い通りにならない、些細な行き違いで苛立つなど自分本意な解釈で周囲と衝突し腹を立てていたらきりがありません。

 

すぐ舌打ちしたり怒鳴る中高年男性を見ますが日頃から満たされていない、楽しめていない、疲れているのどれかじゃないでしょうか。

 

自分の在り方次第で捉え方は変えられます。私がそうだったからわかります。

己を整える

不機嫌さんは察してさんですが誰もあなたの事情に興味などないうえ配慮してくれません。心身の不調は自分で整えるよりないですし、他人に気持ちを共有させようとするのはやめましょう。迷惑です。

 

誰もわかってくれない察してくれないなど寝言もたいがいに、自分を大事に扱い整えることで周囲からの扱われ方も変化していきます。

 

若いころの自分にも言いたいですね(笑)