のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

熱帯夜に幸せの兆し⁇

自然との共生

6月に帰省したとき仏間で寝ていると屋根を叩く雨とは違う不思議な音が気になりなかなか眠れませんでした。7月帰省のさいも連日雨降りで気のせいか、それともまた害獣のしわざか気になりつつ放置していました。

熱帯夜は二階で眠る

エアコンつけっぱなしじゃないと眠れませんからもとの自分の部屋で寝ることにしました。二階はサンルームもあり、夜に洗濯物を確認しようと電気をつけると窓の内側をキキィーと言いながら素早く走るなにかがいました。

 

去年の春、ハクビシンとネズミを駆除して費用も日数もかかりましたからまたか、と思うと同時に遭遇したくないしウィルスや伝染病の有無も気になります。

駆除業者さんにみてもらう

去年もお世話になった担当さんがすぐ来てくれて「コウモリですね。たまたま入り込んだのだと思います。屋根裏に暮らしている形跡はありません」と猛暑の中汗だくで天井裏までみてくれました。

f:id:nozosan-net:20200813120210j:image

バットマンといわれたりあまりいいイメージのないコウモリですが中国ではラッキーモチーフなんですね。

 

実はこの数日ちょっとしたよい兆しがありそれを伝えにきたのかな⁇なんて勝手に考えている私はかなり能天気かもしれません(駆除依頼するとけっこうな額になるのに)