のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

意識的に余白をつくる

予定は詰め込まない

少しでも時間が空くと強引に用事を入れてしまいがちですが、これがいつもなにかに追い立てられてる原因ですかね。

 

私はこの数年は意識的に余白を埋めないようにしています。なぜなら突発的なアクシデントに対応できないうえ、ぼんやりしているときに閃く(ひらめく)チャンスを逃すからです。

せっかくだからが仇になる

わざわざ遠出すると「せっかくここまで来たんだからあれも見たいこれもしたい」となりがちですが駆け足で心に入ってくるものは少ないですね。

 

そういえばあれを見たような気がする、という感じでなにも味わえずに終わってしまうという経験ないでしょうか⁇

 

その場を存分に楽しむには流れ作業のような観光より、のんびり地元民さながら商店街を回るとか目的地まで歩いてみるなど暮らす感覚で行動してみるとよいかもしれません。加えて体験したことを自分のフィルターを通してアウトプットすると深く落とし込めると思います。

 

実は昨日立ち寄ったお蕎麦屋さんでなぜ永平寺町の蕎麦粉を使っているのか訊ねると、武生市に地元民しか来ない名店があると教えてくれました(ウェブサイトは当然なし)

f:id:nozosan-net:20200930075510j:image

気になった私はGOTOで行けないかどうかその足で旅行代理店へ行き、福井泊のツアーがキャンペーン適用することを知りました。さてこのあとどうなるか自分のアクションを楽しみにしています(笑)