のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

秋の庭仕事で修行に励む

高齢になってくると若い頃は楽しみだった庭仕事も負担になります。

 

家族に介護が必要な人が出てきたり自分も足腰が弱ってきたりしますから。

 

なによりお天気次第で自分の予定と合わないことも多々あるわけです。

 

実家は落葉樹が多く紅葉を楽しんだ後始末が大変です。

f:id:nozosan-net:20181123182100j:image

春夏は雑草、秋は落ち葉との闘い。

 

父はこれを当たり前にこなしていました。

 

けれど要介護5の母を在宅でみながらではさすがに疲労困憊だったのかもしれません。

 

休む暇もないですから。

 

ずっと在宅していても大変なのを私は2拠点居住ですからね、来た時に集中してやるのでそりゃ手落ちもありますよ。

 

今は介護から卒業しましたが、まだまだ終わらない母の相続や家屋のメンテナンスその他もろもろの手続きと並行しながらですからね、進みません。

 

今のうちにやっとかないと‼︎

 

はやる気持ちを落ち着かせながら、母の事務処理で役所、金融機関、司法書士事務所まわりをします。

 

その合間に粗大ゴミの回収業者さんの対応とか来客やピアノ教室をやっているので生徒さんもやってきます。

 

しょっちゅう帰省していてもゆっくりする間もないのです。