のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

iPhonに奥様の写真を貼るガイドさんに案内される

今は地方都市でもおもてなし観光ガイドさんがいて街中の歴史や面白い場所を案内してくれます。

f:id:nozosan-net:20190312075055j:image

期待せず福井市の観光ガイドさんをお願いすると、元々スーパーの常務までされ、今は農産物の直売所の立ち上げやハローワークで販売や接客を教えたりとにかく多忙な方があらわれました。

 

ご自身も旅が好きでフェリーで北海道へ上陸し車で福井まで帰ってきたり九州をゆっくり回ったり公民館のお仲間とバス旅行をしたりとにかく動いて楽しんでおられるとか。

 

お孫さんがビームスに就職内定して、軽井沢のアウトレットでジャケットを購入して着て歩いたら皆んなに褒められたと嬉しそうでした。

 

iPhoneの裏に奥様のシールを貼って「いつも連れて歩いてるんです」だって♡

 

福井城の敷地は平成元年まで地元の名士加藤家の所有だったとか、同行の方の眼鏡が壊れて鯖江メガネを買うのに付き合ったり、お市の方が自害した場所を案内されたりハプニングと学びの両方を体験できました。

 

こんなに濃密な時間を過ごせて無料だなんて感激です。

 

いくら検索しようがガイドブックで予習しようが現場でしか知り得ない情報のほうが多いのですから。

 

私がこのツアーを知ったのも越前鉄道の駅でたまたまチラシを手にしたからでした。

 

やっぱり9割の偶発性を味わえてますね。