のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

地域に根差すサークル活動

ウォーキングコースの変更

1日6000歩を日課にしていますが今年からコース変更してみました。ぼんやり知っているつもりだったのに路地裏に新しいお店を発見したり新鮮な驚きがあります。

アンテナが反応

地域コミュニティというものは自分から飛び込まなければ知ることがありません。お気に入りのお蕎麦屋さんの近くで吊るし雛の展示をしていたので立ち寄ると、ご婦人方が集まり少しずつ作品を作っているのだと話してくれました。

f:id:nozosan-net:20200303080231j:image

ひそやかな活動

毎月第2土曜に集まり作品を1つ作る。お人形は全部で48個だから4年の歳月がかかる。かなり気の長い作業です。おそらく女性同士お喋りを楽しみながら手を動かしストレス解消も兼ねているのでしょう。

f:id:nozosan-net:20200303080242j:image

一般のお宅ですからギャラリーとして開放しているわけでもなくいまだけの展示だそうです。

 

「どこかで告知とかしてるんですか⁇」と訊ねると特にしていないとのことで、偶然通りかかって可愛らしいお人形をたくさん見れてラッキーでした。

 

つい嬉しくなり道すがら小さい女の子を連れたお父さんに「そこでお雛様の展示してますよ」と教えました。振り返ると中に入っていったようです。楽しんでくれたかなぁ。