のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

経絡の電圧測定が当たりすぎててウケる

機能性ディスペプシアという病名で通院と鍼灸治療をしていますがどうもスッキリしません。

 

長年の遠距離介護で肩甲骨のかどの疼くような痛みとみぞおちのつかえで食べられずガリガリに痩せてしまいました。

 

鍼灸ドクターが保険のきく漢方クリニックを紹介してくれたので受診してみました。(これまでは保険のきかない漢方薬局を利用していて毎年恐ろしい金額になっていたのです)

 

総合病院の検査データやお薬手帳も持参し鍼灸ドクターも一緒に問診と舌診・切診(脈)に同席してくれて、気の通り道である経絡の電圧計測と舌の温度計測をしました。

f:id:nozosan-net:20181208201157j:image

「これでなにがわかるの?」

 

さんざんドクターショッピングをしてきてなかば投げやりな気分でした。

 

検査室のナースに遠距離介護からの立て続けの葬儀で疲労困憊で・・・と話すと「実は私も岩手の親がこうで」と共感してもらいハグされました。

 

誰も頼れず心が固くなっている私は素直に涙も出ません。残念ですね、せっかく泣けるチャンスだったのに。

 

「気」の状態を数値化するとこれまでぼんやりしていた身体の様子が浮き彫りになります。

 

五臓の心 大腸 肺が興奮気味で膀胱 脾 胃が落ち込んでいます。

 

つまり

心がざわざわして緊張状態で落ち着かない、悩みが溜まりやすく抑圧された気持ちを発散できずにいる、心配事や物思いでいっぱいになっている。

 

びっくりしやすく気を使いすぎクヨクヨする、食べることでストレス解消しようとする、取り越し苦労で疲れやすい、憂鬱。

 

この通りに症状が出るわけじゃないですよ、と説明されましたがこの通りですよ。

 

舌の温度も低くこれらを勘案して処方されたのが

 

半夏瀉心湯(消化不良、神経性胃炎、胃弱など)

甘麦大棗湯(女性の神経症)

人参栄養湯(疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血)でした。

 

私の予想を軽く裏切る処方で驚きました。

 

あ〜そういうお見立てなんだ‼︎

 

漢方薬に間違いはあっても正解はないですからね。これまで多くの国際中医師にお見立てしてもらって大きく外したことはありません。

 

一番大切なのは問診で本音を喋ることだと思っています。

 

今回も短時間で全てを話せたわけではありませんが鍼灸ドクターも同席してくれて楽に対応できたと思います。

 

悲しみとリンクする五臓の肺の昂ぶりが今の私の状態を正直に語ってくれていました。