のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

気象病 天気予報より正確な身体

幼少から頭痛持ちで肝心なときに具合が悪くなりさまざまなチャンスを逃してきました(いやそれは休めのサインだからそれでよかったんだよ)

 

ここ数年は生活習慣や食生活、締め付ける衣類やヒールを避けるなど自分なりに工夫して頭痛から卒業できました。

 

しかし今年に入ってから年齢的なものか天候のせいか頭痛と吐き気がセットで襲ってくるようになりました(若い頃に比べれば少ない)

 

今回の台風も起き抜けから嫌な頭痛で終日不調なまま吐き気もして食べられずまた痩せてしまいました。

 

自分の身体を思い通りにしようというより、どんなときどんな不調になるのかあらかじめ知るのが大事ですね。

 

自分の場合は細かい気づかいが必要で面倒なやつだな、と思いますがそういう体質だから仕方ありません。

 

ざっくりあげれば疲れすぎない、低気圧が近づいているなら不調を織り込み済みの予定にする、寝不足も寝すぎもアウト、音が気になるのでテレビは見ない、1日6000歩あるくなど。

 

家でもゆったりヨガやピラティスを無理なくやっています。

 

ピラティスのローラーは使わなくなるだろうと思っていましたが、凝り固まった肩甲骨周りをほぐすのに役立っています。

 

就寝前はヨガのシルシアーサナ(ヘッドスタンド)をしています。

 

下がった内臓を引き上げ血流がよくなる効果があります。

 

定期的な鍼灸治療に通い漢方薬も飲んでなんとか日常生活が送れるよう工夫しています。