のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

いつもついてる理由 天助我也

なんだかんだいつもタイミングがよくて周りに恵まれています。

 

直感を信じているから

 

自分の本音に嘘をつかないから

 

先祖供養をしているから

 

どれも合っている気もしますが違う気もします。

 

いつも正しいおこないをしているわけではないし、よこしまなことも普通に考えています。

 

どうすれば損しないか(得するか)

 

低コストで上手いことやれないか

 

気に入ってもらうためになにをすればいいか

 

実際はそんなことばかりです。

 

ついてる例は新幹線に乗る直前、樹木の剪定日のことで地元のシルバーセンターさんから電話がありました。低料金で丁寧にやってくれるので人気、つまりいつも混み合っています。

 

母の初盆前になんとか、と思っていましたが職人さんが揃わずお盆以降にとの連絡でした。

 

予定がわかれば私なりの対応ができるので助かります。

 

実家で朝の6時まだ夢見心地のところ、物置をガタガタ開けて工具を出している音が聞こえました。

 

通報案件か?とも思いましたが、地元のシルバー友が前倒しで草刈りをしてくれていました。

 

約束の日にちより2日も早く取りかかってくれて、ちょうど挨拶もできました。

 

棚経(お盆の読経)の日時を菩提寺に問い合わせると住職が不在で掛け直しますとの返事でした。

 

他の作業もあり疲れてお昼寝してしまい、目覚めて一階へ降りた瞬間に住職から電話がかかってきました。

 

私が起きる時間がわかったのかしら?

 

極めつけは新幹線で自宅へ戻ったあと仙台で震度5の地震がありました。

 

小さなツキに助けられ10年間母を遠距離介護することができました。

 

生前の父に「なんでいつもついてるのかな?」と冗談交じりにいうと「ママの介護を一生懸命しているから」との返事でした。

 

ホンマかいな(笑)