のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

介護家庭の通信環境

外の世界とやりとりするために

実家は固定電話しかなく、父はゴルフをやめてから連絡がすぐつきすぐ帰宅できる場所しか出掛けなくなったため携帯を解約していました。

 

母もその程度の行動範囲でしたし、そもそもやりとりする相手がいませんでしたから持つ必要がなかったのです。

東日本大震災認知症がきっかけ

東日本大震災の被災地になったことで固定電話がまったく使えないことをようやく理解し、通信手段を複数持つ必要性を理解したようです。

 

なにしろ災害伝言ダイヤルに録音しても聴き方がわからないのですから、遠くの親戚からメッセージが入っていたことを数ヶ月知らずにいた有様でした。

 

その当時すでに母は認知症と診断されていて日々家でぼんやり過ごし、デイサービスにでも通っていれば少しは症状を遅らせることができたかもしれません。

高齢者の無知にはつきあいきれない

父は電気代がかかるという理由で固定電話の電源を就寝前に切っていました。認知症の家族を抱え緊急時どうするつもりたったんでしょうか。

 

携帯なんて必要ない。用事があれば家からかければいいし大事なことは手紙を書けばいい。

 

情報は新聞やニュースから。

 

読書は知性を深める。

 

調べ物は図書館で。

 

どこかで時間が止まっているんですかね。

 

節約したつもりの電気代でなにを得ましたか?

手紙を書いているあいだに状況は変化してますよ。

新聞やニュースはすべて正しいですか?

日焼けして虫の湧いた本で知性が深まりますか?

調べ物はぐぐればヒットしますよ。

f:id:nozosan-net:20191023074146j:image

説明する気力さえない私の心はどんどん冷えていきました。

 

これで在宅介護だなんて甘すぎると呆れるばかりでした。