のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

機能性ディスペプシア寛解までの道のり②

やはりメンタルストレス

父の突然死に伴う葬儀や要介護5の母の施設入所手続きを1人でしなければならず、合間に千葉へ戻り総合病院を受診すると酷い貧血のため鉄剤と胃の痛みを緩和させるランソプラゾールを処方されました。

怒涛の事務手続き

2017年10月の葬儀から介護施設の手続き〜49日法要〜喪中葉書の手配〜相続事務など時系列に書き込みしていっても途中で混乱し投げ出したくなりました。相変わらずみぞおちがつかえて食べ物が喉を通りません。

寒さと冷えは大敵

宮城県の実家はリフォームしていてもつくりが古く無駄に広いため暖房を使っても室内は寒く動きが鈍くなります。

 

そんななかで大家さんをしているピアノ教室の灯油補充を管理会社さんにお願いしたり(よりによって新人さんで任せるのが不安)灯油の配達も曜日が決まっているなどそれらに合わせて2週おきに帰省したりしていました。

母の介護は続く

施設入所が決まりチェストを搬送するのに友人のトラックを借りたり、郵便物は転送も局留めもできないことを確認するだけで無駄な時間を使ったり凍結された父の口座から引き落とされなかったものの請求書が山のようにきて仕分けで途方に暮れる毎日でした。

依存は嫌だけどどこでやめるか

胃カメラをしても特に異常は見当たりません。初めて機能性ディスペプシアという病名を知ることになります。

f:id:nozosan-net:20191109203555j:image

2週間おきの鍼灸治療に通いながらずっとランソプラゾールを飲み続けるのが嫌で、みぞおちも少し楽になった気がして年末の受診では鉄剤だけにしていただきました。

 

今おもえばここでやめてしまったのが間違いだったかもしれません。